でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

中に誰もいませんよ

AA中に誰もいませんよ

・マイトラップは残念ながら全てハズレでしたが。他の猟師さんからの搬入があって本日は4頭のシカをパイセンAと2人でレッツ★解体ング。
弊社ではいいところのお肉だけを人用に回し、打ち身で血が滲んでたりと今一つなお肉、そして骨や内臓は全てペットフードに利用します。そんなワケでで腹出しした後の内臓を腑分けしていたところ、4頭のうちの1頭、40キロ台のメスシカのとある内臓が目立って大きくなってました。
すなわち子宮。ただ時期的にもまだ受精卵とかそのレベルなので、内容物の触感は何もありませんでしたが。
今の会社で働き始めて1年目の冬、日々の経過とともにくっきりしていく骨や関節の感触にウブなネンネだった僕は戦慄していたものです。

・転機となったのは、パイセンBが入社してから迎えた2年目の冬のことでした。
パイセンBが、飼ってる猟犬のオヤツにするからとあっさり胎児を取り出し始めたのを見て、ガチな猟師ってこの域まで達してるんだなあ…と。当時いまだ純真だった僕は、もちろん目はしっかり逸らしていましたとも。
そして翌朝、冷凍ストッカーのフタを開けたらトレーの上に胎児さんが鎮座ましましていたのを見て悲鳴をあげた僕を一体誰が責められよーか。

それでも回数をこなしていけば慣れていくのは良いことなのか悲しいことなのか。
最初の頃はフォルムだけはシカっぽい手の平サイズの白い物体(でもちゃんと豆粒程度ながらヒヅメがあったり)だったのが徐々に大きくなっていき、体毛も生えだしてシカらしくなっていく様を観察するのは生命の神秘を目の当たりにして感慨深くはありました。

そして猟期も終って4月を過ぎ、有害鳥獣駆除期間が開始する頃は出産が始まる時期でもあります。
そんな時に取り出した胎児が「メエェ」とか鳴き出したらどーしようかと危惧するものの幸いにしてこれまでそんな事態は無く。ていうか気味悪い想像させんな(逆ギレ)、とにかく最早すっかりバンビちゃんなワケでして。
自分の獲ったメスジカからそんなのが出てくるとふと思うのですよ。
これ、報奨金って2頭分貰えたりしないのかな……と。

AA猟師ってほんとクソ

他の猟師さんを巻き込むなって?
…はい。

危うく人生終了するところだった話

・もう終わってるじゃんとかいう指摘は、もうちょっと優しくお願いします。

・昨日の朝の事。
猟期開始以降3頭目のシカをゲットしてルンルン気分な自分は、会社へ搬入すべく車を走らせていました。サイズ?言わせんな恥ずかしい。
とある交差点の信号がちょうど目の前で青に変わり、これはラッキーと思いつつインド人を右に。もとい、ハンドルを右に。

そして超・急ブレーキ!床をも貫けと言わんばかりに踏み込みましたよ。
ピラーに隠れた通行人にカケラも気付いていませんでした。ほんともうギリッギリ。接触まであと数センチは言い過ぎとしても、1メートルは絶対なかった。

・交差点における交通事故のお手本みたいな状況。どんだけ耄碌してんだよと言われると返す言葉もなんですけど。それでも言い訳させてもらえるならば、自分この交差点を歩いて渡る人がいるの見るのはこの3年余でたぶん初めてでした。
いやマジで。
頭にドがつく田舎とはいえそれなりの集落の中にある歩行者用信号も備えた交差点で、車やバイクついでに自転車はなんぼでも通ってますけど。
そんな理由で歩行者はいないと頭から思い込んでしまってて、完っ全に無警戒でした。

はい、言い訳になってませんね。アホがうわ言をほざいてると思って下さい。
とにかく猛省。かもしれない運転、これ大事。

・ちなみに轢かれかけた歩行者の人はどうだったのかというと、全くのノーリアクションでした。
スマホによるお喋りに夢中で。ええー…
急ブレーキ後しばらく、サイドミラーも使って10秒くらいは見送りましたが後を振り返ることなく去っていきました。

うーむ。
まあ、気付いていたら絶対に怒られるか文句言われるかしていましたし。
ビックリして転んでケガしたりとかだったら大変で済まない問題になってましたから、助かったと言えば助かったのでしょーか。
或いは僕のブレーキが間に合ってなかったとしても、何も気づかず楽に逝けていたのかもしれず。ならばオッケーと言ってしまっても構わないかもしれません。いや構うか。
僕が言うのもなんですけど、気を付けて下さいね本当に。僕が言うのもなんですけど。

H県K市の有害鳥獣捕獲実践研修に参加した話

・昨日11月16日(土)、会社の業務の一環として、H県のあいなんとか里山公園で行われたK市主催の有害鳥獣捕獲実践研修に参加してきました。研修生ではなくて講師として。
「どのツラ下げて?」とかそーゆう事は言わない。
正確には、講師は社長が務めて自分は助手です。クリスティーナとかゴン太くんとか、そんな感じで。

・会場設営完了の図。

P_20191116_113231

会場といいつつ、最初と最後の挨拶に使っただけで研修の9割9分は外で行われました。天気が良くてよかった。日頃の行いがモノを言います。

・受講生の方々。およそ20人強、老若男女さまざまです。

P_20191116_132300

参加者は、今年に狩猟免許を取得し、K市内の猟友会に加入してかつ今期の狩猟者登録をした人達。今回を含めて全5回の有害鳥獣捕獲実践研修に参加すれば、狩猟免許や銃砲所持許可を取得するために係った諸経費の半分、2~4万円程度が補助されるそうです。僕が住んでた自治体ではそんなん無かった。ぐぬぬ。

・この日の研修内容は、獣道や足跡の探し方と、くくりワナの設置の仕方。
だったのですが、昨晩にこちらの施設内の檻にイノシシが掛かったために一部予定変更アリ。
檻に入ったイノシシの捕殺の現場の見学が差し込まれました。

なかなかデカい檻の中に、今年生まれ、20kg程度のイノシシが3頭。

P_20191116_132518

こんだけ広いと、止め刺しするのって大分難儀するんですけど。
そういえば僕も、弊社の関係者以外の人による捕殺の現場を生で見るのは初めてでしたよ。
興味津々に見守ります。

P_20191116_132959

檻の入口にネットをセットし、扉の上に滑車を取り付けて扉を引き上げます。逆ギロチン。

P_20191116_133004

うおおおおお!?
速攻で突っ込んでくるイノシシ。扉を落としてあっさり捕縛。
ネットの半ばに結わえたロープを引き絞って、更に動きを封じます。

P_20191116_133425

ガウガウいってるイノシシを踏みつけて押さえ付けます。
この辺、ちょっと見てて危なっかしかったんですけど、ネットごと噛まれたりしないのかな。まあここまで動きを制限出来ていたら滅多なことはないんでしょーか。相手もプロですしね。ていうかクソ雑魚ナメクジ猟師に言われたくはなかろう。
とにかく押さえ付けたイノシシを、電殺棒を使って止め刺し。
食用にするなら血抜きをしないといけないのですが、この檻は完全に殺処分目的に設置された檻とのことで、安全確保のためにこのまま1分間電気を流し続けて絶命させます。

瞳孔が開ききって完全に絶命したことを確認したら、檻とネットを繋ぐカラビナを外してイノシシを中から運び出し、また元通りに再セット。
同じ手順を繰り返して、3頭のイノシシの捕殺が手際よく完了しました。

いいじゃないですか、このネット。めちゃ便利でスピーディー。
ウチも買いましょうよ、社長!

「あるよ?」

あるのかよ!なら使わせろや!
と思ったんですけど、そうか、扉がスムーズに開け閉めできないといけないんですね。
そういえば弊社の関係者の猟師さんたちの檻って、どれも建て付けが大概アレでした。ぬう。

・どの受講生さんよりも熱心に見入ってしまった感はありますけどそれはさておき。
本来の予定に戻って、場所を移動し獣の痕跡の探し方について講義スタート。

P_20191116_135720

P_20191116_140015

はー、紅葉がきれい(仕事しろ)。

・受講生の皆さんの向こうで、社長がぬかるみについた足跡の説明中。

P_20191116_141754

さてここで、受講生の人の間に見えるものに着目して頂きたい。

P_20191116_141800

!?
別角度から

P_20191116_141928

本日用意してきた教材のひとつ、シカとイノシシの生足。
写真には1本ずつしか写ってませんが、実際には1組2本ずつ持ってきてます。
どんな風に足跡が付くのか、シカのイノシシの見分け方のひとつである蹴爪の違いなど、この生教材を使って説明するのですが、インパクトも相まって毎年好評を頂いています。

・道具の説明。
本来はくくりワナとワナの設営道具だけでしたが、イノシシが檻に入った事は明方のうちに連絡があったため、急遽持って来ました止め刺し道具(くくりワナ用)も併せて陳列ー。

P_20191116_142454

・くくりワナについて、いけしゃあしゃあと講義するどこぞのクソ雑魚ナメクジ猟師。

5261

シカやイノシシは獲れる……!獲れるが……
今回まだその時と場所の指定まではしていない そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい つまり…その気になれば獲物が掛かるのは10年20年後ということも可能だろう…ということ……!(死刑)

・この後山の中に入って、実際にくくりワナを設置してもらったりして研修完了。
およそ4時間弱、皆さまお疲れ様でした。
今回の講義を参考にして頂いて、頑張って狩猟に励んでください。ていうかまず僕が頑張らないといけないんですけども。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney! フルーツメール