でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

広島で行われた鳥獣解体研修に参加してきました

・いつ行ったのかって?今日ですけど。
この記事は何処で書いているのかって?自宅ですけど。
つまりは午前9時から12時まで行われる実習(2日間開催の研修の2日目)に参加するために、パイセン2人と一緒に会社を午前5時前に出発して3時間半ほど車を走らせて実習を受けてまた3時間半かけて帰ってきました。
はいストップ、言ってはいけない。僕らも同じ気持ちですけど、労働者サイドに何が出来ようか。

・道中、どうやら定刻までに到着出来るのが確実となったので休憩すべく立ち寄ったSAにて、幻のホットスナックの自動販売機を見付けてテンションアゲアゲです。
P_20200910_073252
と思ったけど幻なのは違うんでしたっけ。何かの食品の自動販売機が製造終了したというネットニュースを読んだ記憶があるんですけど、うどんかおそばかだった様な気もします。正直興味とか無いのでまあ別にどうでも。

パイセンの片方がチキン&ポテトを購入してました。若いなー。
P_20200910_073848
P_20200910_073911
お味の方は「チキンは美味しかった」とのこと。あっ(察し)。まあ冷凍フードをレンジでチンしたものですからねー。冬の寒い朝とかだったらまた違うんでしょーけども。

・ゆっくりし過ぎて遅刻したとかもなく無事到着。
P_20200910_083702
一応所在地などぼかしてみました。その辺の配慮が要るのかどうか分かりませんけど。
P_20200910_083721
ちょっと判り難いですけど教材のイノシシ。合掌。

他にも色々と写真や動画を撮影しましたけど流石に掲載はアレ過ぎるので省略。
実に有意義な内容でしたよ。湯剥きのあれこれとか腹出しのそれこれとか。我が社の手法にも反映できる所は反映していこうかと。

・予定通り12時頃に終了し、行きより多少はのんびりしつつも午後4時頃に帰社。スマホに記録した動画等をPCに移すなど雑務を少し片づけて、うちら3人は早上がりさせて頂きました。
それで今日の仕事は終わりかと言うとそうにもいかず、自分は大急ぎで自宅近辺に戻ってワナの解錠をして回りました。
今朝見回りが出来ないのは事前に分かっていましたので、昨日水曜日の朝の見回りで鍵を掛けておいた次第。ちなみに今週末の土日は休みですので金曜の朝(つまりは明朝)にはまた鍵を掛けないといけないんですけれどもね?
たった一晩だけなのにいじましいとか言ってはいけない。生真面目と言いなさい。

せやろがい。

【閲覧注意】山の中で干し魚の匂いがしたら用心せい

※干し魚が好きな方はそっ閉じ推奨。
警告はしましたので僕は無罪です。

前回、せっかく見つけたポイントを止む無く放棄した後も足跡探しを続行してあちらこちらをふらふらと。
とある茂みに足を踏み入れようとした瞬間に干し魚の匂いを感じ、やべっと思いその場を離脱しようとしたのですが時すでに遅し。うっかり見つけてしまいました。


閲覧注意。





1599269666422_copy_768x1365

1599269685954_copy_768x1365
シカの下アゴの骨。割れているのではなく、元から先端がくっ付いていないのです。
そこからほんの数歩先には足の骨。
1599269757363_copy_768x1365
まだ皮とヒヅメの残った足先。ひいっ
1599269710219_copy_768x1365
足の骨とアバラ骨が数本。
1599269811614_copy_768x1365
最後に頭蓋骨。サイズから見てバンビちゃんですね。推定体重15kg前後。
1599269958748_copy_768x432

足の骨が一本だけとかならタヌキとかが何処ぞの山奥から咥えてきて落として行ったんでしょうが、ここまでパーツのあれこれが纏まっているところを見るに、恐らくは目の前の茂みの中で亡くなったのではないかと。まだ見ぬ胴体部分とかもあるんでしょーけど探しはしませんが。
それにしても、
1599269879157_copy_768x432
国道から一本入った市道のすぐ横、1m半ほどの高台の上でこんなんなってるんだから恐るべし。

・干し魚の匂いがしたというのは何の隠喩だと疑問されるかもしれませんけど、別に喩えとかではなくすっぱりストレートにそのままの意味で、ミイラ化した動物の死骸の匂いが干し魚のそれと同じなのです。ずっと昔に畑のネットに絡まったカラスの成れの果てを見付けたことがあるんですけど、やっぱりこんな匂いでしたよ。どれも同じく動物性たんぱく質の乾燥したものと思えば匂いが似通うのも道理といえば道理かと。ひょっとして旨味成分が凝縮されているかもしれませんけど誰が齧ってみたりするものか。

ワナに掛かって生きているシカを止め刺しした場合、大体30分で会社に搬入、更に30分程度で剝皮と腹出ししてお肉と骨だけの枝肉にして冷蔵庫へ。残ったアレコレを纏めて処分するんですけど特に何か匂いがするということもないです。真夏のこの時期でも。
これが夜のうちに何らかの不具合で死んでしまった場合だと話が変わります。恐らくは胃の内容物とかが腐敗し始めているのではないかと思うのですが、何とも言えない独特の異臭がしまして。朝の見回りでワナのある方向に歩いている時にこの臭いを感じて「あっ(察し)」ってなったことが何度か。

自分のワナについては毎日見回りしていますのでそこから先の状態に陥ったことはないのですが。農閑期である冬の、しかも山中の防獣ネットに引っ掛かったお陰で誰にも気づかれてこなかった元・シカに出くわしたことが一度だけ。昔のカラスも勘定に入れるとこの日で都合三度目です。出来れば一生無縁でいたかったものですけど。しかし足先1本を除いて他は骨だけになってるのにこんなに干物の匂いがプンプンなあたり、まだお肉の残った胴体が茂みの中にある可能性は高いです。だからどーしたという話ですけど。
いずれにせよ、こんな所にワナを仕掛けてもタヌキかキツネくらいしか掛かりそうにないので離脱ー。

正常性バイアスの回避。或いは石橋を叩いて渡るの巻

・今日もいつもの足跡探し。なんとひと月近くもボウズが続いておりまして、これまでは暑さでシカが山から下りてこないと己に言い訳してきましたが、同様に不猟だった他の猟師さん達からボチボチ捕獲の連絡が再び入り始めてこのままではいけないと焦り始めた今日この頃。別にこの1ヶ月サボっていたワケではありませんが、より一層気合いを入れて取り掛かりました。

その甲斐あってか第一足跡発見。昨夕結構な雨が降って洗い流された後のアスファルト上に真新しい泥の足跡がついてましたよ。
P_20200905_100406_copy_816x612
実はこのポイント、数年前からケモノの通行を認識だけはしていましたがワナを仕掛けた事はありませんでした。
なぜかというと上の写真、中央から少し右の所に銀色の弁当箱すなわちオリモの踏み板、その右上にピンクの測量テープが巻かれた木が小さく写っているのがお分かりでしょうか。分からなかったら写真がクソなだけですのでお気になさらず。とにかく仕掛けるとしたらオリモが置いてある場所で、ワナをくくるのに適当な木がテープを巻いたこの一本だけなのですが、この木が実はすっかり枯れてて押せばぐらんぐらん揺れるほど。例えバンビちゃんでも容易くへし折って逃げてしまうこと疑いありません。
(ちなみにこの右は結構な急斜面の小山ですので、その途中に設置して上手く掛かったとしても吊り下がって死ぬかボロボロになります。斜面を登り切ったら鬱蒼と生い茂る雑木と草に足跡が紛れて追いきれず、そもそも毎朝そこまで這い上がる根性ありませんし)

そんな理由でこれまで足跡を見るたびぐぬぬしてたんですが。どうして今まで気づかなかったのか今日突然、テープ巻いた木のすぐ隣のほっそい雑木数本が根元でくっ付いて(というか分岐してただけ)いるのを発見しました。ここにワナをくくったらイケるじゃーん?
ただそうすると次の問題は、いささか道に近すぎること。ワナに掛かった獲物が人や車が通行する道にはみ出してはいけない旨、狩猟読本にきっちり明記されています。けど写真の状態でワイヤーの長さは既にいっぱいいっぱいでこれ以上道路側には出て来ませんし、掛かったら木にぐるんぐるん絡まってもっと短くなるはず。ついでに言えば、この道って人も車も通ることがありません。
もうちょっと引いて撮影した図。
P_20200905_100423_copy_816x612
もっと引けばよかった。ここは山裾を切り開いて作られた工業団地の未分譲スペースでして、写真の左はだだっ広い草原状態の空き区画になってます。で、この道は各区画同士の間および山との間に敷かれた道というかアスファルトで舗装された区切りスペースというか。そして左へカーブしているように見せかけて只のどんつき。突き当りです。
つまりは他の車なんて来るはずもなく。そして人里から1キロは離れた工業団地の片隅ゆえ通行人もなく。よって道のすぐそばでシカがワナに掛かってたところで誰に迷惑をかけることもありません。なのでイケるで工藤!

と・思ってたら。
雑木の根元にワイヤー巻き付けたあたりで不意に「こんにちわー」と声をかけられたものですから割と本気でビクゥッ!としつつ振り返ったら、なんだかハイカーっぽい恰好をしたハイカーみたいな二人連れがハイカーみたいに挨拶して下さりながらハイカーっぽく歩き去っていきました。あたかもハイカーのように。
ええー…マジか。ここを人が通ることなんてあったんだぁ…
2枚目の写真、電柱の左の木の左でちょこっと草がヘコんでる箇所があるでしょう。実はその先は丸太を横に並べて土留めして階段になってる感じな遊歩道になってます。正確には遊歩道「跡」。どうやらこの工業団地が造成されたときに周囲を巡るウォーキングコースが併設されたそうで、それを示す案内板やら丸太の土留めやら手すりやらが朽ちかけつつも所々で見かけます。それを辿ってらっしゃる様子。マジかー。

・人通りがあるのなら、ここにワナを仕掛けるのは控えるべきか…?
シカならともかくイノシシが掛かって、しかも足なりワイヤーなりを切って通行人に襲い掛かったら大変です。ていうかシカが掛かってても普通の人はドン引きですし。もしくは犬の散歩とかさせてて犬が誤ってワナに掛かってケガとかしても一大事。たとえ何事も無くても、鑑札フダを見られて道の傍にワナが仕掛けてあると通報されるだけでヘタをすると有害駆除の資格取り消し、或いは狩猟免許の剥奪までいくかも知れない、かも?

なーんて、いやまあ流石に考えすぎかと。
獲物が掛かった時に偶々ハイカーなり散歩の人なりが通りかかるなんてまずないですし。ワナを稼働させてるときは毎朝見回って、掛かったら8時過ぎには(色々)片付けますから見られる可能性はさらに減。鑑札フダも葉っぱの陰に入れるとかしてぱっと見で判り難くしとけばいいかなって。オッケオッケ。
そんな感じに判断を下して踏み板を埋める穴を掘り始めたところで、ハタと気付いて手を止めました。ああこれが、こないだ某まとめサイトで知ったばかりの「正常性バイアス」ってやつかあ…と。

正常性バイアス。心理学用語のひとつ。めっちゃざっくり乱暴にかいつまんでまとめていうと、
「見え見えの危険や失敗に気付くことが出来ないこと」
ではなく。
「危険や失敗を予見しながら「自分は大丈夫」と根拠なく信じて地獄を見ること」。
痛痛痛痛痛痛。
我が人生に心当たりがありすぎて耳が痛いことこの上ないです。あたかも耳にバナナが突き刺さったかのような。
実際には心理的安定や精神的健康のために必要な心の作用とのことですが、だからといって自分を甘やかしてはいけない。大体こーゆう時に限ってマズい結果になるんです。いわゆるマーフィーの法則ですね。事態は常に最悪の結果を迎える。
いっとき流行りましたねー、マーフィーの法則。確か僕が中高生の時分でしたから、7,8年くらい前でしたでしょーか。ちょっとググってみましたら90…年代…?くっ、目にゴミが。

とにかくそーいった次第でせっかく見つけたポイントですけどやむなく撤退。ぐぬぬ。あと10分早くここに来てたらハイカーさん達に出会わず仕事を終えて移動していたのにとか不埒なことは考えてます。いや間違えた考えてません。きっとこれで良かったんや(血涙)。

スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney! フルーツメール