でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

久しぶりの例の林道にて

・思うように足跡が見つからず不猟気味な今日この頃。
昨年のちょうど今頃、初めて足を踏み入れた林道でざくざくシカが獲れてたことをふと思い出して行ってみました。
ふと思い出してとか言っときながら、今期の有害開始直後にしばらく仕掛けてから撤退した後もちょくちょく月に一度は様子見に行っていたんですけどね。春以降は見事にぷっつり気配が絶えていたのですが、なんとびっくり先月と打って変わってあちらこちらに足跡多数。一年前を彷彿とさせる賑わいっぷりですよコレ。
この時期はいつもこうなるのかどうかはデータ不足ゆえ来年再来年も様子を見ないと判りませんけどその辺り今はどーでもよくて。あちこちの現場から引き揚げてきたワナを差し当たって6基設置したのが先週の日曜日のこと。

明けて今週の月曜日。
P_20201012_060622
オスシカ65kg。とんで木曜日。
P_20201015_062125
オスシカ58kg。そして翌日すなわち本日の金曜日。
P_20201016_060548
メスシカ37kg。ひゃっほーいマジっすかコレ!

・もー。獲れると確信して仕掛けたワナにきっちり獲物が掛かるという当たり前の流れを達成したのが、一体いつ以来でしょうかね。何でもないようなことが幸せだったと思う今日この頃。
そういえば一年前のこの地はバンビちゃんしか獲れない謎の呪いに侵されていたものでしたが、それも今年はすっかり無縁みたいで有り難いことです。ハレルヤ。
とはいえ一週間すら待たずして6基中3基を消費してしまってどーしたものか。
昨年仕掛けたポイントがまだまだ残っているのでそれらに仕掛けようかと思ったんですが、その過半数が草に埋もれて踏み込めないんですけど。アイエエエ!?ナンデ!?昨年はこんな有様では無かったような。ていうかキッパリと無かったからこそワナをあちこち設置できたわけで。教授!これは一体!?

日誌を読み返してみたら、昨年この現場に来たのは10月27日のことでした。およそ2週間後ですね。へー……?確かに日に日に朝晩気温が下がってきてる今日この頃ではありますが、たった2週間程度でこれらの草木が枯れ伏すんでしょうか。あるいは単に、去年と今年で気候が違っているだけかも知れませんけど。一旦また他所の現場に移動するのも手なんですけどそれはそれで面倒くさいし。今期の有害鳥獣駆除期間が終わるまでの残りひと月はここに居座るつもりでいましたので、できれば今日明日くらいでパタンと倒れてくれればありがたいんですが。そうはいかんか。
とか何とか云ってたら、なんか予報によると明日は師走レベルに冷え込むそうで。雑草全滅とはいかずともそれなりに勢いは落ちてくれそげで。あらやだ。そんなつもりじゃなかったんだけどなー!まるで天に愛されてるみたいで面映ゆいじゃないですか。困っちゃうなー!

蹴ったり蹴ったり

・近頃の朝の見回りで見かけた光景。
P_20200922_125851_copy_816x612
P_20201004_133855_copy_816x612
P_20201004_140534_copy_816x612
1602019830914_copy_960x540
ぐああああああ。

ワナが踏まれず蹴っ飛ばされているわけですが、別に珍しいことではないです。空弾きよりは少ないけど偶によくある。
ならなんでダメージ受けてるのかといいますと、直近に仕掛けたこれら4基の全部が全部とも、仕掛けた翌朝に蹴っ飛ばされてたんです。4連発。こんなことある!?いやない。でもあったんですksg。

・原因ないし敗因はシンプルな話で、単にワナの埋め方が足りなかっただけだと思います。山中の地面なんてちょっと掘ったらというか表面削ったら木の根がはびこっている有様なので穴を掘るのが大変で、なので設置のために深く掘る必要がない跳ね上げ式が便利で楽なので愛用しているんですけど浅くていいとは言ってない。はいその通りですコンチクショウ。

敢えて良かったこと探しをするならば、ワナを再装填しないといけない空弾きと違って位置を戻すだけで済んだので楽で良かったなあ、と。だから何という話ですが。ていうか良かったこと探しをする意義が無いんですが。
そういえば最後の写真のワナですが、これまで何度か紹介したことのある笠松式の踏板を使用しています。オリモ式より簡単に動作してしまうのでかつて誤動作を防ぐための改造を施したことのあるワナなのですが、それが弾かれることなく蹴り飛ばされています。これ即ち改造が上手くいったことの証左と言えるワケで良かったかな、と。だから良かったもへったくれも無いんですよksg。

オレサマオマエマルカジリ

・ここ半月で一気に涼しくなってきましたね。今日なんてにわか雨が降って止んだら午後2時過ぎなのに冷やっこいくらいです。
そんな感じで生活が快適になって諸々捗るのが秋。うんたらの秋といえば読書・スポーツ・芸術・行楽などなど色々ありますけれどいの一番に挙げるとすれば食欲の秋以外にあるでしょうかいや無い。

と・いうワケで、ちょちょいと遠出してドムドムバーガーの丸ごとカニバーガーを食べに行って来ました。

>昨年の10月に販売された丸ごと!!カニバーガー。高級食材であるソフトシェルクラブが
>丸ごと挟まった驚きのビジュアルと、柔らかいカニのうまみたっぷりな美味しさで
>大人気商品となりました!
>テレビなど各メディアにも紹介していただき売切れ続出となったカニバーガーが、
>再販売希望の多くの声にこたえ期間限定で復活いたします!

>ソフトシェルクラブとは…??
>脱皮したての殻の柔らかいカニです。キトサンやカルシウムをたっぷり含んでいる殻を
>美味しく召し上がっていただけます!
>カニの身、みそ、殻のうま味を丸ごと味わってくださいね

みたいな。
日本初のバーガーチェーン店でありながら今では店舗を見かけることすら稀な、かと思いきやポツポツ新規出店したりかつての丸ごとカマンベールバーガーだったり今回だったり強気な期間限定商品売り出したりとタフな底力を魅せてくれます。

P_20200926_092749_copy_816x612
P_20200926_092815_copy_816x612
中の人に旗を持たせるセンスがなかなか猟奇的です。あるいは猟師的というべきか。商品開発部に僕のご同輩とかいるでしょこれ。

一口食べてみたらこんな感じ。丸ごとゆえに身やカニミソが一杯です。
P_20200926_093017_copy_816x1088
ぶっちゃけソースに隠れてカニの風味とかよく判りませんけどそのソースがいい具合にちょいピリ辛で、カニはカリッカリに揚がってて美味しかったです。そういえばとあるジビエ系マンガで外骨格系はだいたい揚げれば何でもイケるとかなんとか言ってたよーな。

・せっかく遠出したついでですので気になってた別のお店にも行ってきました。
松屋フーズのとんかつ系ブランド「松のや」のたっぷりタルタルメガチキンかつ定食
揚げ物ばっかりやんけ!とか言われそうですけどそれがどうかしましたかよ。
腹の具合は大丈夫なのかと問われたら、カニバーガーを食したのが開店して間もない朝9時過ぎで松のや来たのが夜8時頃、その間は特に何も食べてませんでしたのでむしろペコペコでした。それはそれでどうなのかと自問しなくもないですけどまあ秋ですし。

そういうワケで実食ー。
P_20200926_201803_copy_816x612
商品写真よりひと切れ分くらい小っちゃい気もしますけど、この程度のパネマジならまあ良くある事ですし。逆パネマジを平気でやらかすコメダ珈琲が特異なのです。
お味の方はと言いますと、揚げたてのお肉にタルタルソースで不味くなる筈もなく。いやさそれどころかメッチャ美味しい。熱々のカリカリでジューシで食べ応えが最高です。1800kcalは伊達ではないかと。これもっと食べたいです。他のメニューも食べたい。なのに一番の最寄り店でも車で1時間以上かかるのが悲しい。福知山市に出店するなら松屋じゃなくて松のやでも良いですよ?

スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney! フルーツメール