でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

丹波ワインハウスで昼食会

・昨日。
会社の忘年会およびクリスマスパーティーを兼ねた昼食会が、いつぞや紹介いたしました丹波ワインハウス様にて開かれました。


お店の佇まい。ワイン工場の中に建てられたワインショップ。
P_20191224_142203-816x612
入ってすぐが直売コーナーになってます。
P_20191224_141924-816x612
レストランの窓からの眺め。葉がすっかり落ちてしまって寂しい光景ではあります。
P_20191224_131651-816x612

お品書きー。
P_20191224_123336-612x816
今回出てくるお肉は全て弊社から納めた商品です。こういうのも自家消費って言うんでしょーか。

食前酒ならぬ食前ジュース。仕事中ですので。
P_20191224_123955-612x816

林檎ジュースか何かに見せかけつつ、しっかりブドウジュースです。
こちらのワイナリーでは自社農園で収穫したブドウは全てワインに使用しているそうで、長野から仕入れたブドウで製造されたジュースとのこと。
甘いけどスッキリした飲み口で美味しいです。

前菜。
P_20191224_124110-816x612
左がシカのモモ肉の、言ってしまえばチャーシューみたいに調理した料理。右がイノシシの背ロース。
ちなみにこのイノシシ肉ですが、この程度の脂だと出荷先から苦情がくるレベルの薄さとのことで弊社の冷凍庫にて数カ月眠っていた品。
いやいやトロッと甘くて濃厚で十二分に美味しいです。こーゆうのでいいんだよこーゆうので。

パン。おかわり自由でしたがほどほどに。
P_20191224_125233-816x612

シカ骨で出汁を取った、京野菜入りスープ。
P_20191224_125657-816x612
ジョッキでいきたかったです。

そしてメイン・ディーッシュ!
シカの骨付きモモ肉のグリル。
P_20191224_131148-816x612
流石に一人分ではないですが。
お肉の下にはグリルした京野菜が敷かれています。
黒くて丸いのはムカゴ。シカの落し物だとか一瞬でも思った人は、うちのパイセンと同レベルだと知りなさい。

シェフ自ら目の前で切り分けて下さるサービス付き。テンション上がりまくります。
P_20191224_131305-816x612
P_20191224_131445-816x612
P_20191224_131933-816x612

外モモ、内モモ、シンタマ、ランプ、ハバキにスネ肉。
シカの後ろ足のいろんな部位が食べ放題です。
1回目。
P_20191224_132303-816x612
2回目ー。
P_20191224_132940-816x612
この辺でそろそろお腹はち切れ気味になってきましたが、最後にもう一切れだけ頂きました。
パイセン方は4回くらいおかわり行ってて半端ねえ。

デザート。
P_20191224_135647-816x612
濃い目のベイクドチーズケーキは大好きです。生まれて初めてニューヨークチーズケーキを食べた時には、この世にこんなに美味しい食べ物が有るのかと感動したものです。
でもこの日のデザートは、塩のかかったアイスが新鮮な味わいでした。

・こんな感じで、御馳走様でしたー。
シカの背ロースが無かったのは残念ですが、最近ホテル○ークラさま(伏字)始め各所から注文入りまくりで在庫ゼロ、自家消費の余地が無かったからしゃーない。また来年に期待です。

一夜明けた後の様子を一日遅れで報告の巻

・昨夕はPCの前でうっかり寝落ちしちゃいましたテヘペロー(古典ヘブライ語)。
23時頃に目が覚めて、これはまずいとキチンと寝直しました。風邪はひかずに済んだみたいです。

・昨日、月曜日の朝。
見回りをほぼ終えて、いよいよ例の依頼ポイントへ。

P_20191223_065243-816x612

この土手の向こう側。農道を静かに忍び歩きで進み、そっと覗き込みます。
「おはようございまーす……(小声)」
いえ意味は無いんですけど、つい何となく。

P_20191223_065308-816x612

静かですね…木の傍に誰もいませんよ?
あるいはもう静かになってしまったのかとも危惧しましたが、単に掛かってなかっただけでした。
セーーフ!
いやアウトだよ。でも心情的にはセーフなんですよね困ったことに。

・毎日のように獣が通る獣道、と一口に言っても、「ように」と付いてるとおり本当に毎日通ってるワケではない様ですこれまでの乏しいながらもそれなりの経験を踏まえてみますと。
前夜に刻まれたと思しき真新しい足跡も見た感じありませんでしたし。
ただそれが単にここを通らなかっただけなのか、もしくは不審を得られて回れ右されたかは不明ですが。いずれにせよ昨日の今日ですので、まだあわてるような時間じゃない。今週中に掛かれば御の字、くらいのつもりでいます。短期は損気。
ちなみに、この日の翌日すなわち今日は会社都合で搬入を極力減らす必要があるため、ワナに鍵を掛けておきました。そして今朝の見回りにて解錠しましたので勝負再開は明朝水曜日から。

ところで思ったのですが。
このポイントに来た時間は朝の6時50分くらい。ここから放棄田を挟んだ向うの土手上の農区長さん宅から聞こえてくるTVだかラジオだかの音が結構響くんですけどどーしたものか。
ワナに掛かった場合の獣を刺激しない配慮なんてクソどうでもいい気が一日で湧いてきたんですけれども。ちなみに今朝(火)も同様の事態でぐぬぬ。

・この日はここを含め、前日の日曜日に配置したワナはいずれもハズレだったのですが、既存のワナで猟果が上がりました。

P_20191223_075520-816x612

掛かるまで長かったー…
通らなかったのではなく、その逆。
11月17日に設置して以来およそひと月、なんと6回も空弾きを喰らってました。
その度に位置を微調整したり、枝や石を置いて足の踏み場を誘導したりとあれやこれや。
やり過ぎて痕跡を残して不審を抱かれて来なくなるかと危惧してみたら翌朝また空弾きで舐めとんのかー、みたいな。

これはもうワナ自体になんか問題があるんだろうと、実はこの日月曜以降なんとか時間を見つけて例のOリングばね搭載式のワナに置き換えるつもりでした。そう思っていた矢先に掛かるのは何といったらいいのか。
写真を忘れてしまいましたが、ワイヤーは蹴爪より上のいい位置で掛かってました。なので物理的な不具合はなかった様子。ということは仕掛けていた位置が悪かったことになるんですが、でもここって何度かシカを獲って来た常連ポイントなんですよねー。今回に限って一体なにが悪かったのか。運か、日ごろの行いか、もしくはその両方か。

・しかしこのシカ、小っちゃいなー。メスシカ、搬入時体重19kg。
この春に生まれたバンビちゃんですけれど、この時期で20kg無いのは珍しい気がします。
単なる個体差なのか、エサに恵まれなかったのか。
もしかして、まだ乳飲み子だった幼少時に母シカが失踪したことによる発育不良とか。
でも母シカが突然いなくなる理由なんて皆目さっぱり欠片も見当が付きませんが。
いずれにせよ、こんなナリで冬を越せるものなのでしょうかね…
まあ越せなくしたんですが。

農区長さんからの依頼/鎌田スプリングのОリングばね導入

ザボエラ

・昨日のこと。
時折ワナを設置させてもらってる地域の農区長さんから、「近頃シカが毎晩のように通ってる場所があるのでワナを仕掛けて捕まえて欲しい」との連絡を頂きました。
ここ一週間ほど空振り続き、いい狩場も見つからない状況でしたので渡りに船とはこのこと。喜び勇んで行って参りました。
が。

line_1576975285804

うーーぅぅん……
確かに交通量は半端ない。もっと近くに寄って見れば、真新しい足跡で埋め尽くされているかのよーな獣道です。間違いなく捕獲は可能なのですが。
問題は、ワナを据え付けられる箇所が写真の真ん中に写ってる木だけ。ここで捕まえても右側の水路(深さおよそ1.5m、木の根元のパイプの辺りで更に落ち込んでて2m弱)に落ちて吊り下がりますほぼ確実に。そうなってしまうと経過時間にもよりますが大概は死んでしまいますし、よしんば生きていてもモモや背ロースにダメージが入ってジビエとして使い物になりません。
捕殺が目的ならこーゆう所でも問題ないんですけれどぐぬぬ。

土手の向こう側は農道に降りて行っててその先は足跡が付いておらず追えません。
写真手前の方向は、耕作放棄田の中を突っ切って土手を上がり、もう一枚の放棄田を通って里山の斜面へ続いています。
そこを精査すればもっと適切な仕掛け場所が見付かるはずなのですが。
区長さん曰く、その辺には別の猟師さんがイノシシ狙いの檻を設置しているのであまり近付かないで欲しいとのこと(意訳:「ここで獲れ」)。

ジビエ猟師としては避けるべき場所ではありますが。
獣害に悩む地域の方々の一助となるのも猟師の務め。
そもそも地域の顔役でもある農区長さんの依頼をお断りするという選択肢は有り得ませんし、仕掛けるからには捕獲しないと沽券にかかわる。気合入れて取り掛かるしかありますまい。

・水路に落ちても吊り下がらないようワイヤーを長く取るという手もありますが。それだと上へ這い上がろうと足掻いて暴れて怪我したり、あるいは落ちずとも上で暴れて木に絡みついてワイヤーが短くなった挙句にやっぱり落ちて吊り下がる、となる可能性が高いですので却下。
これはもう、木から最短距離にワナを設置してワイヤーをぎりっぎりに短くして可動域を最小にして、後は落ちないことを祈るしかないですなもはや。

見回りの際は、もし掛かっていたら驚かせないよう刺激しないよう注意しないといけません。
懐中電灯は使えませんな。すっかり明るくなってから、車は遠くに停めて忍び寄ってなるべく遠くからこっそり確認、と。
まあそんな感じで。面倒くせえ。

・明けて今朝、上記の通りにワナを設置。あと他の現場でも幾つかワナを動かしたりあれやこれやで午前一杯を費やし、午後からは破損したワナの修理作業をしました。

P_20191222_120941-816x612

掛かったシカなどが暴れて木に絡みついてワイヤーがほぐれたりクセが付いて折れ曲がったり、或いは固定ネジが錆びて緩められなくなったりしたワナが手持ち15本中5本。3分の1が戦力外という体たらく。最近ワナの必要数が減っていたのでついサボって溜め込んでしまいました。

で。これらの修理がてら、鎌田スプリングの「Оリングばね」なる代物を新規投入してみた次第。

まずはモノの紹介。上のリンク先を参照して頂くのが手っ取り早くはありますが。
現物。2セット購入しました。
P_20191222_120953-816x612
サービス品は、ワイヤーをかしめる金具であるワイヤースリーブです。

Оリングばねを付けていないワナ。
P_20191222_131304-816x612
付けたワナ。
P_20191222_131357-816x612_1
もうちょっと同じ状態で撮影すればよかったですね。右の方、本来ならワイヤー同士が接触する部分に取り付けられていて、接触面積が小さくなっています。なっているんです。

・ワナ猟には「空弾き」という状況があります。要は、ワナが動作したにも関わらず獲物を捕まえられなかった状態のこと。
原因は色々あります。ざっと思い付くのは
1 獲物が踏板の中心ではなく外辺を踏んだ
2 獲物が駆け足で通り過ぎたり違和感を感じて足を引っ込めたりして掛からなかった
3 踏板やワイヤーが錆びたりクセが付いていたりして作動が遅かった
等々。

1については猟師のウデなり運なりの問題なので置いとくとして、2と3の場合、ワイヤーを素早く締め上げられれば回避できる可能性があります。

そこでОリングばね。
ワイヤー同士よりも接触面積が小さくなる
 → 摩擦が小さくなる
 → 締め付けスピードが速くなる
という塩梅。
そんな上手く行くのかよ、と疑問されるかも知れませんが、ひと足先に実戦投入している社長は絶賛していました。今年度の有害鳥獣駆除期間の間、このOリングばねを付けたワナでは空弾きが一回も起きなかったそうです。

とりあえず本日修理したワナ5本すべてにОリングばねを取り付けました。残りのワナについては追々に、ですね。壊れてもいないのにワイヤーぶっちんするのは気が引けます。
自分が違いを体感できるのはしばらく先ですねー。今週末から年末休みに入るので、今日のワナを設置するのは早くても年明け以降。
実績を積んで、レポートできるのは有害鳥獣駆除が始まる4月前後でしょーか。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney! フルーツメール