でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

帰ってきたシュクメルリ定食

・松屋にて、先月いくつかの店舗限定で販売されていた東欧はジョージアの料理・シュクメルリ鍋定食。
偶然にも食べる機会がありまして、大変美味しゅうございました。
そのシュクメルリ鍋定食が大変な反響を受け、先週より一部店舗を除く全国の松屋にて販売がスタートしたとの事。

むう、まさか当ブログにそこまでの社会的影響力があったとは。
そうじゃないかなーという予感は薄々していましたが、これほどの威力を秘めていたとはさすがに予想外でした。時代の先導者の名に恥じない記事を今後も書いていこうと思いますブヒョヒョヒョヒョ。

・閑話休題。
最寄りの松屋でも自宅から1時間は掛かるため、平日はとても食べに行くことが出来ず。
休みである本日によーやっと再食することが叶いました。

P_20200118_182101-816x612

チーズのかかった鶏肉美味し。サツマイモはもっと美味し。
でも一番美味しいのは、残ったスープにご飯を投入したチーズリゾットもどきと思うのが個人的感想。
前回はご飯を普通サイズで注文してちょっと物足りなかったため、今回はちゃんと大盛り(無料サービス)でお願いしました。その甲斐あってスープを一滴たりとも余さず完食できましたよ。
はー美味しかった。また来週の休みにも行こう。

福知山市内にも一店舗くらいあってもいいと思うんですが。
メジャーなファーストフードは一通り揃っているのに松屋だけが歯抜け状態。
狭い市街地に2店舗も構えてるマクドとすき家のどちらか若しくは双方がどーにかなって松屋に代わるなんて事態が起こらないものか。

日本語は正しく美しく

・このタイトル、以前に使ったことがあるような気がしなくもないですが、まあ大事なことなので何度でも。

・昨日、昼過ぎのこと。
その日のシカの搬入作業を終えてよーやっとご飯という頃に、ワナを仕掛けさせてもらってる近所の農家さんから電話がありました。
「ウチの畑の中でシカが座り込んでるんだけど、ワナとか掛けてる?」と。

現在は畑周辺の土手とか山に入った辺りで幾つか設置してはいますが、畑の中にはありません。
てゆーか畑の中にどーやってくくりワナを設置しろと言うのか。
地面に杭を打ち込んでワナを固定するというやり方がありますし(本当はよくない)、今は猟期中ですので何処ぞの見知らぬ猟師さんが仕掛けたワナという可能性もありますけど、いやそれでも土が柔らかい畑で採れる方法ではない筈で、そもそも流石に無許可で畑の中にワナを設置するアホはおりますまいて。いないよね?
ならばケガか病気のシカなのか、あるいは網掛かりしているのかも。いずれにせよ、現場を見ないことには始まりません。
すっきり掃除まで完了していた作業場ですが再び受け入れ態勢を整えて、速攻でお昼ご飯を詰め込んでレッツラゴー。
その結果。

P_20200108_140854-816x612

畑ちゃうじゃろがい。

土手やないかーい。
ここからカメラを右に振ると広がる光景。
畑っちゅうのはこーゆうもんじゃろがい。
P_20200109_065654-816x612
電話で場所を聞いた時にはこの中のことだと信じて疑いませんでしたよ。

でもいや待て、そういえば1、2年くらい前までこの辺りトタンで囲われていたよーな。
よーなと言うか、上の写真の左に写ってるのがその残骸。
あーそうか、持ち主の農家さんにしてみれば今なお畑という認識なのか。
ちなみに上の写真の奥に立ってるおっちゃんがその方。ふーんなるほどなるほど。

いやそれでもせめて元・畑って言え。

それなら話は早かった。きっぱり僕が仕掛けてたワナでしたとも。
弁解しておきますが、この日の朝もきちんと見回りしましたよ。ざんざん降りの雨の中。
ワナに被せた草が少し流されてるのを直したりして、即ちその時は何も掛かってませんでした。
日が昇ってからわりとすぐ、8時過ぎには雨は止みましたので、それから動き出したシカが掛かったのだと思われます。

掛かってからさほど時間は経ってないのに、速攻でワナをブチ壊してくれました。
P_20200109_065624-816x612
ワイヤーがよじれてしまって緩みません。

先日紹介しましたOリングばね搭載式のワナでした。ちょっと見えてるのが判って頂けるでしょうか。
P_20200109_065643-816x612
つまりは直したばかりのワナがもう駄目になりましたよファッキン。
あーでも確かに、空弾きせずに一発で仕留めましたな。むう。
まあ結論を出すのはまだ早い。性能評価は今しばらく続けます。

・ところで。
シカって夜行性じゃないんかい、と疑問される方がいらっしゃるかもしれません。
シカはその生態について分類上は薄明薄暮性にあたりまして、要は明け方や夕暮れ時に活発に行動する性質がある、とされています。
が、実際のところは朝晩とわず四六時中動き回ってます。
人間の様にガッツリまとめて睡眠をとるのではなく。シカはおおよそ3時間周期で活動と休眠を繰り返していて、人間が動いている日中はどちらかと言えば山の上や森の中などで過ごし、夜になったら人里に降りてくる、みたいな感じです。

少なくとも、そう聞いてたんですが。
こんな真昼間に、こんな民家のすぐ裏を歩き回ったりするものなんですなー…。
雨だからと見回りをサボった場合にもし掛かっていたら近所の方々に迷惑だろうと思い、ワナが稼働中の場合は雨にも負けず風にも負けず毎朝の見回りを心がけていたんですが。
こんな時間差攻撃を喰らったら、どうにも回避しようがないですなあ。ぬう。

仕事始めの前倒し

・会社は明日から仕事始め。夜まで実家でゴロゴロして、夕飯食べてから帰るつもりでしたが。
そういえば来週末からしばらくペットのイベントへの出展が続くし、人用のシカ肉だって注文に追い付いていない状況でした。
なので少しでもシカの捕獲頭数を増やすべく、朝から福知山に戻ってワナ猟を再開することにしました。あらやだアタイって健気。

そういうワケで、撮り貯めたネコ写真の残り。何がそういうワケなのか。
P_20200105_050538-612x816
朝イチだけめっちゃ喉をゴロゴロ鳴らしつつすり寄って来るの図。
ほんと朝イチだけ。家人みんな寝てるからヒマなんですかね。寂しがるとかそーいうタマではない。

足、出てますよの図。
P_20200103_211244-816x612
足、出てますよの図2。
P_20200104_181703-816x612

なんか冗談抜きで、今回お土産を入れてた箱が本気でお気に召した様子。
猫ベッドよりもキャットタワーよりも食器棚の上よりも何処よりも、この箱の中で寝てる時間が長かったです。
P_20200104_181444-816x612
推測するに、狭さと高さがベストフィットしたのでしょうかね。まあ気に入って頂けたのなら何よりです。

肉、余ってますよの図。
P_20200103_191612-816x612
肉、余ってますよの図の別角度。
P_20200103_191548-816x612

鼻、潰れますよの図。
P_20200103_124032-816x612
鼻、潰れますよの図2。
P_20200104_195228-816x612

変な姿勢2。
P_20200104_173648-612x816
変な姿勢3。
P_20200104_203859-612x816
はー可愛い。

・朝食だけ頂いて、2時間強のドライブを経て福知山に帰還。
P_20200105_110509-816x612
天気予報曰く今日の日本海側はよろしくないとの事でしたが、どっこい晴れてます。ううむ日頃の行い。

1週間ぶりの現場。法面に刻まれた獣道。
P_20200105_102646-816x612
うむ、変わらず獣は通っている様子。
と、思うんですけど。
実はぱったり通行が途絶えていたとして、なんせ冬ですから草や苔がすぐに獣道を覆い尽くすワケでもないでしょうしどーなんでしょうねこれ。割とくっきりした足跡があったので多分大丈夫とは思うんですが。

別の獣道。土手を降りてきたシカのヒヅメに付いた土がアスファルトに残ってます。が。
P_20200105_102735-816x612
こっちはちょっと薄いかなー、と。この1週間に何度か雨が降って洗われて、その後に新しい足跡が付いてない様子。ぬう。

そんな時には、映像チェーック!
P_20200105_102958-816x612
実はこっそり導入していたトレイルカメラ。
要は監視カメラです。センサーで何かが通ったら設定した時間だけ録画してくれます。

高い奴だとSIMカード挿して、何か映るとメールで通知したりリアルタイムで遠隔監視できたりするそうですが、そこまでする必要はないと思い録画するだけの安価タイプ。そもそも電波通じない場所が大半なんだよksg。
泥や土が露出して足跡が見やすい獣道ならともかく、草むらを踏み分けてたり落ち葉が厚く降り積もった獣道だと通ったのが何日前なのか判別し辛くなります。少なくとも僕は。節穴ですからなんや文句あるんかゴルァ。
閑話休題。
そういう所での実態把握のために数カ月前に1台購入して、以来ちょくちょく利用してました。
今回の休み前にはここに設置しておいた次第。
そしてカメラチェックした結果。
新規動画:ゼロ。
この1週間、イノシカどころか何も通ってすらいませんでしたよファッキン。
そんなワケで、はーい撤収ー。

・まあこんな感じで、休み前に施錠していたワナを解錠するついでにその周辺を探索し、気配に応じてワナを増設あるいは撤去して回りました。新たな別の現場にワナを設置して見回り時間を伸ばすのはまだ控えます。

俗に「冬至10日はバカでもわかる」と申しますが、冬至から2週間が過ぎた今朝でもまだ日の出が早くなった感はありません。
別にバカ以下だと自己アピールしているワケではなく。
冬至はあくまで「太陽が出ている時間が一番短い日」だというだけで、「日の出が遅くて日の入りが早い日」ではありません。
日の入りが一番遅いのは概ね12月1日前後から12月10日前後まで、
そして日の出が一番遅いのは概ね1月4日前後から1月10日過ぎまで、との事で、その中で一番日照時間が短い日がその年の冬至になるのです。
皆さん御存知でしたでしょうか?僕は割と最近まで知りませんでした。はーい、バッカでーす。

まあとにかくそーゆうワケで。現場を増やすのは2月に入ってからでしょうか。

・結局1基撤去の2基追加で作業完了。
ちなみに例の、農区長さんに依頼されたワナはどーかというと。

P_20200105_112007-816x612

がっつり踏まれてました。
えー、あんな程度の偽装で誤魔化されるなよksg。
ついに来るか…今年最初の獲物がいきなり死んでたりしたらヤだなあ。頼むでホンマ。
もう少しマシな位置はないかと1週間ぶりに現場を新鮮な目線で確認しても、やはりここが最適な設置位置なんですよね我ながら。
まあ木が1本しかないから他に解なんて存在しようがないんですけど。ぬうう。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney! フルーツメール