でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

どうという事もない普段の休日

・世間一般的には2週連続の3連休ですが、自分昨日は出勤日だったので休みは今日から2連休。
台風の影響がどれくらい出るのか不明だったのでノープランでしたが、偶に小雨がパラつく程度でしたので、これ幸いとワナの設置場所探しに出る事にしました。

数日前に猟果を挙げた際にその現場からはワナを引き揚げて、朝の見回り時間に多少の余裕は出来たのですけど新たな候補地を探して回れるほどのものでもなく。未だ獲物が掛からぬ残りの現場を精査するのみでしたが、今朝からようやく探索開始です。ちなみに既設のワナは連休ゆえ昨日にカギを掛けてます。

そんなわけで最初の下見現場。
P_20190922_105358-816x612

いきなりキターーーーー!
使用中感満載の現役の獣道。近付いて見れば、フチが崩れずクッキリしたヒヅメの跡。間違いなく昨晩もしくは今朝方にシカが最低2頭は通ってます。大小2種類あったので。

それみたことか自分。
ほんの少し足を延ばすだけでより気配濃厚な現場がなんぼでもあったというのに。
貧弱な狩場に希望を託して毎朝時間を無駄にしてました感がビシバシ刺さってファッキン。

とはいえこの獣道、よくよく精査してみると少々困ったちゃん。
結構な急斜面に刻まれていて、自身の角度もまたキツくて幅が狭めの獣道。ここで獲物が獲れたとしても宙ぶらりんになって死ぬか、そうでなくても止め刺しが大変です。
それらをクリアできる設置ポイントは見付けましたが、少々奥まで入っていかねばならず見回り&回収がなかなかヘビー。ほんのり命がけ風味みたいな。
で。この獣道から途中で分岐して、ゆるやかな傾斜を通っていて道路からも近い獣道もまた見付けたのですが、脇道だけあって気配が本道ほど濃くない感じです。

交通量は多いけど、見回り&回収が大変な本道。
逆に見回り&回収は容易であるものの交通量が少なめな脇道。
果たしてどちらにワナを設置したものか。
ぬうう、悩ましい。


両方いこうぜ
クソコラ感ハンパない。

はい、両方に仕掛ければいいと気が付きました。
予想に反して先に脇道で掛かれば楽なんだからそれでよし。
やっぱり本道で先に掛かったら、まあ頑張りますということで。
悩むほどの事でも無かった!どうも現場一ヵ所辺りのワナの個数を節約する無意味なクセが付いてしまったみたいでこれはいけません。
狩場は少なめ、ワナは多めに。ピンポイントに絨毯爆撃。忘れてはいけない(戒め)。

・その後も探索を続けた結果、もう2箇所ほどいい感じな候補地が見付かりました。ワナの移設や目の薄い狩場の撤退はまた明日ということで。ちょっと雨が強くなってきたので外回りは終了ー。
休みですけど会社いって道具借りて、こないだシカを捕獲した際に壊れたワナの修繕をしました。
今日やっとかないと、明日に仕掛けるワナが足りねえ。

とくにどーという事も無く慣れた作業。キンクした(折れグセが付いた)ワイヤーを交換して完了です。
P_20190922_152619-816x612

取り外したワイヤーはキンク部分でぶった切って、使える部分は再利用します。
P_20190922_153048-816x612
例えばくくりワナを木にくくり付けようとして、木が太すぎてワイヤーの長さが足りない時に延長したりとか。
或いは山を囲むように敷設された防獣柵の向こう(山)側でワナを設置する際に、出入り口の扉が針金等でギチギチに固定されてたりしたら、このワイヤー+カラビナでチェーンロックとして代用して、ワナを設置している間だけ出入を容易にさせてもらったりとか(農区長さん等の許可は必須)。
そんな具合で色々と。
ワナが壊れるたびにビシバシ増えていくので、ボチボチ邪魔ではあるのですが。

作業完了後、会社は休みで中に誰もいませんよ状態ですので、しっかり戸締りして帰ります。
P_20190922_154634-816x612
門扉を閉めて、しっかり閂(かんぬき)を掛けます。

しかしかんぬきって、漢字で閂って書くとかんぬき感の説得力がハンパないですな。お前以外にかんぬきを背負って立つ漢字は無い!みたいな。
これに匹敵するのは、ごまんとある漢字の中でも漢数字の一二三くらいではないでしょーか。


AAどうでもいい

・そんなワケで、今日も一日いい仕事をしました。休日ですけど。
仕事の後は宴じゃあああああ!
先日お小遣いゲットしたばかりですので遠慮はしない。一か月間、毎日食費を千円プラスしても罰が当たらない幸せよ。
P_20190922_173248-816x612
最近ご無沙汰していた台湾料理店にて酢豚定食。

このお店、美味しいし量は多いしで料理に文句は無いんですけどただ食器がちょっと。
横から見た図。
P_20190922_173427-816x612
お茶碗が、極端な言い方すれば洗面器みたいに底面が広くて持ちにくいのです。濃い目の味付けのおかずを白ご飯に一旦ダイブしてから食するのが普通なんですけどこれが中々。
無駄にでかい僕の手でこのザマですのに他の人はどーしているのか。

あとお箸の先が太くて、口に含むたびになんだか違和感。どれくらい太いのかと言うと、どっちが先でどっちが尻なのかよく分からないくらい。
正月の祝い箸に似ていると言えるかもしれませんけど、あれは両端とも細くなってるからなー。
ここのお箸は、これまた極端な言い方すれば円柱状というか。

自分、台湾本国はおろか台湾料理店すらここしか行った事ないんですけど。
台湾の食器ってこんな感じ?
それともこのお店のオリジナル色なんでしょうか。ううむ。

【閲覧注意】びっくりシカなあもう【超死刑】

・三連休のあいだ施錠していたワナを再セットしていた昨朝のこと。
幾つかのワナの至近に足跡が刻まれていたり、中にはガッツリ踏み込んだワナもあったりしてぐぬぬ。
休み中もワナを稼働状態にしていれば幾つか掛かっていたんでしょうけどそーいうワケにもいきませんし。これらのワナに今度近付いてくれるのは何日後のことなのか。

・なんて悲観的になってたんですが明けて今朝になってみるとうおおおおおおおお
P_20190918_060955

自分のワナで捕まえるシカはおよそ2ヵ月ぶりです。
推定25キロほど、活きのいい一本角の若ジカ。会社搬入時の測定では27キロでした。
活きがいいのは結構ですが、元気よすぎて不安になります。また足千切って逃げたりするまいな、と。脳裏をよぎるトラウマ。
出来ればちゃっちゃと止め刺ししてしまいたいんですが、見回りはまだまだ残ってるので次の現場へと向かいます。

・その後いくつか空振りの後、とある現場にて。
見慣れた景色になんだか違和感。木々の間に何やら白いものが見えます。
まさかの二連撃か!
喜び勇んで近付いていきますが、なんだかおかしい。動いてる様子が全くありません。これはもしや…
以下、もしかしてショッキングかも知れない画像ですので閲覧注意。















P_20190918_062737
Oh…

・くくりワナでシカを捕まえた際に偶にあるのですが。
斜面で吊り下がったり草木に絡まって転んで起き上がれなくなったりして身動きがとれなくなり、それでも何とか起き上がろうと足掻いてもがいて頑張ってしかし適わず、たった一晩どころか数時間でも衰弱死してしまうことがあります。
このシカの場合、頭を下に転んで下半身が斜面の下方向にバターンと倒れ込んで、そのまま頭が胴体から抜けず起き上がれなくなってしまったようです(首の骨が折れてるとかではなく)。

こんな事にならないように、普段からワナを設置する場所には気を配ってたのですが。
ていうか実際、ワナの様子はこんな感じ。
P_20190918_070331
ワナを固定している木から、シカの足先のくくり部分までおよそ2メートル弱。
押しバネを使用しているためある程度の長さが必要とはいえ、結構ギリギリの長さに抑えているつもりです。
あまり急な斜面でもないですし、自分の見立てではワナを固定した木か周辺の木に巻き付いて可動範囲が狭まって、斜面か獣道に座り込んで大人しくなってる予定だったんですがぐぬぬ。
こうして改めて確認すると、もはやここ以外にないという絶妙なポジショニングで死んでやがりますなコイツ。

・やらかしてしまったモノはしゃーない。反省と改善は今後の課題として取り敢えず残りの見回りを完了させて、結局この2頭が本日の猟果でした。
生きてる方を出来れば先に片付けたいものなのですが。死骸を数時間とはいえ後回しにして、腐敗したり(日中の暑さはまだ油断できない)カラスとかの食害くらったりしたら色々な意味で大変なことになります。なので死んでる方の後始末から。

現場に舞い戻ってきたのは30分ほどしてからでしょうか。当然ながら様子は変わらず、カラスその他の接近した様子もなく。後の予定が詰まってるので手早く済ませないといけませんのでレッツ・ビギン。
ワナを付けたまま引き綱代わりにしようと思ったのですが、御覧の通りワイヤーがピンと張り詰めてて解くことが出来ず。
なので獲物を引っ張り上げてワイヤーを緩めようと足を掴んだその瞬間。

バチコーンと手を払われて痛ってええええええ!?
突然、めっちゃ足をバタバタと暴れ始めました。生きとったんかワレェ!

・ぇえー…? いえ不満とかではないんですけど。
腐敗臭はおろかハエとかがたかる様子もなく、朝晩だいぶ涼しくなったとはいえ意外には思ってましたが、まさか生存していたとは予想外。
どんだけ節穴やねんとか言われてしまうと返す言葉もないんですが。
でもこれは仕方ないと自己弁護させていただきます。だって本気でまったく身じろぎ一つしなかったんですよ?屠体に触れこそしませんでしたが至近から矯めつ眇めつ観察しましたし、そういえば最初の検分の際には上をまたいで通ったりしたとゆーのに。ちょっとぐらい反応してくれてもええやん?

ていうか、そんな感じに僕が写真とったりアレコレしてる間、コイツはこの姿勢のままでじっとこちらを観察してたんか。

怖。考えてみたら怖。

・蹴られた手は一瞬痺れましたが、その後すぐに復調して何事もなかったのは幸いでした。
言わずもがなの事ですが、シカの脚力でまともに蹴られたらタダでは済まないので注意しなければなりません。
当たり所によっては骨折やヒビが入るくらいは容易に起こり得ますし、止め刺ししようと近付いたらナイフを蹴り飛ばされて紛失してしまったという話もあります。
紛失したならまだマシで、周囲の仲間に当たってケガをさせたとか、しっかり握り締めていたナイフがそのまま自分に刺さったりする事例も無きにしも非ずだそうで。スティーブン・セガールみたいな事をやるシカが居るものなんですねえ。

・閑話休題。
キックの切れ味から見るにすこぶる元気そうではあるのですが、風前の灯火的な最後の余力を振り絞ってる可能性も否定できず。
なので車に止め刺しセットを取りに戻って、このまま先にこちらを会社へ搬入することに予定変更。
その後はトラブルなく搬入完了、1頭目の若ジカも逃げてたりすることなく捕獲完了しました。
即ち1日で3万円のお小遣いゲットですよ。メシウマ!

しかし危ないところではありました。
何かの間違いでワナがすんなり木から解けてたら、突然復活したシカにかつて無い程におもいくそ目の前で逃げられていたのか…
きっと泣いていたと思います。ガチ泣き。

・ところで。
こんなストレスかかりまくった状態で捕獲したシカの肉質は大丈夫なのか?と疑問されるかもしれません。
それに対する回答としましては、さあ、とか言えないんですけれども。
だってこんなワケ判らん姿勢にならなくても、くくりワナなり檻なりに捕まってる時点でストレスマッハでしょうし。大暴れしてない分だけいっそマシかも知れません。

この辺りは銃猟師さんとワナ猟師さんが論戦を交わしてるポイントです。
すなわち銃猟師さん曰く、長時間ストレスに晒されて暴れまわってとかした獲物の肉が美味いわけがない。
ワナ猟師さん曰く、撃ち殺して心臓が止まってから血抜きがちゃんと出来るワケがない、或いは腹ぶち抜いて糞便で汚れた肉なんて食いたくない。
そーいった感じの事を、キノコタケノコ論争以上に熱く語ってたり。

実際の処はどーなんでしょうね。
捕獲の方法と肉質の関係について、大学や研究機関、あるいは有志の猟師さんが研究している話は存じていますけど。
ワナ猟師のくせに言ってしまいますけど、確かにストレスとかの観点から銃猟の方が良いお肉は獲れるのかもしれません。
具体的には、犬を使ったり大人数で追い出したりするのではなく。
のんびり青草など食んでいるシカを遥か遠くからライフルで気付かれずヘッドショットでワンキルしたら、ストレス皆無で良質のお肉が獲れそうです。理想を追求したら。

ただ理想は理想。それを現実的にやろうとしたら課題は山積みです。
そんな狩猟を出来る猟師さんが何人いるのか。
一日当たり何頭獲れるのか。
獲れたとして、基準を満たした衛生的な処理施設へ時間内に搬入できるのか。
その辺を鑑みて販売価格はどーなるのか。云々。

さしあたり僕が言えるのは、うちの会社のお肉は美味しいってことぐらいで。
細かいことはいいんだよ!

P_20190827_124740-816x612

隙あらばネコ成分補給

・軍資金は残念ながら得られなかったので。
実家で大人しくネコ成分の摂取に努めます。
P_20190914_093243-816x612

お盆からおよそひと月振り。
しばらく見ない内に遥かな高み、食器棚の上まで飛び上がる技を会得していました。成長している…!
P_20190914_170139-612x816
P_20190914_170126-612x816
天井にくっついた小さな蜘蛛に興味津々な様子。

日中はどんだけ構ってもらおうとしても相手してくれないのに、夜に就寝しようとしたらニャアニャア言いながら寄ってくる不思議。
だがそれがいい。
P_20190914_220023-612x816

抜け毛がパない。
P_20190914_220242-612x816

ずーっとゴロゴロゴロゴロ喉鳴らしてるのに、突然スイッチ切り替えたが如く離れて行ってしまいます。
P_20190914_220913-816x612
もういいっすか。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney! フルーツメール