でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

改修作業二十八日目:床板調整、隙間対策

昨日の記事にて、ついにやらかしてしまったタイトル誤字。 (正:改修 誤:回収)
今の今まで気づきませんでしたorz

明け方に少し足先が冷たいかなー、というくらいで一応は大丈夫でした。
それでも今晩はテントをちゃんと出しますが。
ちなみに寝起き状態はこんな感じ。
20160202_01寝起き
千円程度の安物の寝袋を2重にしてるだけですが、この季節でも屋内なら割となんとかなるものです。
まあその分思いっ切り厚着してますが。
靴下2重、
パンツ+股引+カーゴパンツ、
Tシャツ+カッター+トレーナー+フリース+ウインドブレーカー。
あと軍手とリストバンドとネックウォーマーと帽子をつけて寝ています。
起きてもいます。
要は24時間同じ格好で過ごしてます。


それはさておき作業開始。
柱と壁との段差によるこんな感じの隙間が、四方の壁とネオ床板との間に出来ているので埋めていきます。
20160202_02壁と柱の段差による隙間
使用するのはこちらの廃材の山。最初の頃に撤去した元・ベンチです。
20160202_03廃材の山

試行錯誤しながら埋めていきます。きっちりでなくても、後は敷物で誤魔化すつもりです。
20160202_04隙間埋め

南端の2枚分が完了ー。
20160202_05南側完了

断熱材が微妙に大きいため、木材がぴったり合っていないの図。
20160202_06断熱材修正
本来なら木材同士は木ネジで固定してあるので、少々大きくても押し込んでしまえるんですが。
仕方がないので慎重に削って調整します。

そんなこんなを繰り返し、昼過ぎまでかかって床板の微調整と隙間埋めが完了。
残っていた断熱材の端材は、全部床下に投入してしまいます。
20160202_07断熱材端材突っ込み
壁と床との隙間の補填に使うつもりでしたが、廃材だけで間に合ったので。
こんな適当に置いてるだけで効果があるかは判りませんが、まあやらないよりはマシでしょう。
写真はありませんが、北端の端材で埋めた部分にも投入してます。こちらは端材同士の隙間を塞ぐ形で。

ドア裏については、サイズがしっくり合わなかったため、新しく断熱材を一枚買ってくることにしました。

で。予定ならばクッションフロアの買い出しに行きたかったのですが、朝から雨やらみぞれやらが降ったり止んだりの空模様なため、このまま屋内作業を続行します。
内容は、昨晩身をもって体感した隙間風対策。
先日購入しておいた、こちらの道具を使用します。
20160202_08隙間対策

まずは窓の隙間。
先日窓一枚分だけ実施しましたが、上げ下げ窓と壁との隙間をテープで塞ぎます。
20160128_06上げ下げ窓の隙間
こんな具合の隙間がありまして、顔を近付けると結構風を感じます。

20160202_09テープ貼った後
こんな感じでテープを貼ってみます。
そして窓を下してみた結果。
20160202_10隙間あり
大体は塞ぐことが出来てますが、木材がたわんでるので中央の辺りに若干の隙間が残ってしまいますねえ。
また別の方法を考えてみます。

次。こんな具合の木材同士の隙間を、コーキング材で埋めていきます。
20160202_11材の隙間

こんな感じで。最初は要領を得ませんでしたが、慣れれば大分マシになったと思います。
20160202_12コーキング後
ずっと気になっていた小さい隙間を全て埋めた所で、丁度コーキング材を使い果たしたので作業終了。

・・・ええ、「小さい」隙間は埋まりました。「大きい」隙間については、また後日。

夕飯の支度の前に、テントを再設営。
20160202_13テント設営中
これは設営中、フライシートをかけてないインナーだけの状態。
メッシュなので、夏でも蚊帳代わりに使えそうですねえ。

20160202_14テント完成
そして完成。
なんて頼もしい姿・・・!矢でも鉄砲でも降ってこいってオーラを感じます。嘘ですが。

明日は天気はマシなようなので、朝から買い出しに行ってきます。
なるべく早めに済ませて戻ってきて、「大きい」隙間対策を済ませてから床作業。なんとか一日で終えたいものですがどうなることやら。


改修作業二十七日目:床板設置まで一応完了

昨日の記事のコメント欄にて、湿気対策として床下に換気扇を設置してはどうか、というアイデアを頂きました。
その発想は無かった、という訳で色々と調べた結果、「DIY」「床下換気」でググってこんなページを見付けました。

我が家の現在の床下換気口はこんな感じ。
東口
20160201_01床下換気口東
南口
20160201_02床下換気口南
西口
20160201_03床下換気口西
そして北口
20160201_04床下換気口北
北口は一見開いていませんが、井戸埋め作業の時に這いつくばって覗いてみると少ーし光が見えてました。どうも埋まってしまっているみたいです。

ここを掘りぬいて、上記の床下換気装置を取り付けてるのも一手なんですが。
なるべくお金をかけずに済むなら済ませたいところ。
なので色々と考えてみたんです。

昨日申し上げたとおり、ネオ床板は木材も合板も未加工で済まそうとしています。
しかしそれで旧・床面をぴったり覆えるはずもなく、若干の隙間が出来る見込みです。
昨日は一番スペースが開いていた北西から床板設置を開始したため、このまま進めれば南壁および東壁との間に隙間が生じることになるのですが。
これを南西から床板を設置するように変更すれば、北壁との間に隙間を確保出来ます。

で、北壁といえば昨日の写真なんですが。
20160131_08材追加

この壁際に隙間が出来るなら、それ即ち床下と通じる穴が出来るわけで。
そして北壁には台所兼トイレ用の換気扇を設置する予定なので、これを日中稼働させておけば床下換気が出来るんじゃないかな、と思う次第です。

駄目なら改めて床下換気装置を取り付ければ良い話ですから、取り敢えず半年ほど様子を見てみようと思います。

という訳で。
今日は昨日組み上げた北西のネオ床板に断熱材をはめ込む作業から始めるつもりでしたが、前述のとおり南西からネオ床板を組んでいくことにします。
これらの荷物を全部どけてスペースを作って!
20160201_05南西の荷物

・・・。
えぇー・・・・・・。

20160201_06南西場所明け
まあ頑張りました。
テントは邪魔過ぎるので、この後分解して一旦片付けてます。作業後に再設営する予定。

木枠を組み上げました。南西角と、西中央部のネオ床板になります。
20160201_07南西枠組み

そして西中央部と北西角との隙間がこんな感じ。この隙間が北壁際に移動するわけで、まあいい感じなんじゃないでしょうか。
20160201_08北西との隙間

途中の写真を撮り忘れてしまいましたが、断熱材を入れたのち合板を載せて一応完成。
合板を動かしたことで、元・バーベキュー炉が御開帳。
20160201_09南西完了
こちらの基礎は全く沈んでいません。まあ当たり前なんですけど。

中央部のネオ床板を組んでいる様子。
20160201_10炉木枠
狙ったわけじゃないんですが、角が穴の上に来ることもなく、うまい具合に材を据え付けることが出来ます・・・

いや違った。予定通りですよ?計算通りですよーう?
こうなるであろうことをこの私はあらかじめ予測していました。

ネオ床板が組みあがったらそこに荷物を載せて、空いたスペースにまたネオ床板を組んでいきます。
20160201_11南東木枠
ちょっと違うかもしれませんけど、昔こんなパズルゲームがありましたねえ。

そしてまあ問題発覚。
合板が910mm × 1820mmだったり2x4材6フィートが1820mmだったりと商品表示してますが。
実際には5ミリなり1センチなり、若干長くなってます。
なので同じ長さだと信じてたらこんな具合に隙間が出来てましたorz
20160201_12合板の隙間
クッションフロアを敷いたら問題ないんでしょうかね。あまり過信しない方がいい気はします。

まあどうするかは後で考えることにして、作業続行。
20160201_13北側木枠
ようやっと、昨日の仮組み分を動かす所まできました。

出来た隙間=床下換気口はこんな感じ。
20160201_14北壁際
真ん中の口が縦4cm、横20cmくらいです。それより小さい口があと2つ。
これが適当なサイズなのかは判断つきかねますが。まあ様子見。
虫とか入ってこないように、網戸の網とか使って蓋を作るつもりです。

例によって例のごとく。
大量に発生した端材を使って、残りを埋めます。
20160201_15端材で断熱
20160201_16北側断熱完了
一応完了。合板を載せてひとまず床板設置作業は完了です。

20160201_17端材まだ大量
まだまだ大量に残っている断熱材の端材。
全部床下に突っ込むつもりでしたが、ふと思う所があって一旦置いておきます。

明日は、合板同士の隙間と、あと実は柱と壁との段差と床板の間の隙間がありまして、それらを塞ぐ手段を講じます。それらが片付いたらクッションフロアの買い出し。設置まで出来るかは不明。


そんなこんなで、今日は随分と遅くまで残業することになりました。
日が沈みきるまでに急いでテントを再設営しようと思ったんです。が。

「テント、もう要らなくね?」

という悪魔の囁きが聞こえてしまいました。

実際にはあちらこちらの隙間風対策を放置したままなのでまだキツイはずなんですけど。
今晩はそんなに冷えない予報ですし、明日も床面作業なのでまたテントを片付けなければならないし。

なので、お試しということで一晩だけテント無しで寝てみます。
ヤバそうならテントにくるまるなりカプセルホテルへ逃げるなりすればいいでしょうし。

などとブログに書いてる20時過ぎ現在ですが滅茶苦茶寒いわ!(マッハ逆ギレ)
やめとけばよかった。
この時期、煖房器具なしだと一般家屋でも普通に寒いと判っていたはずなのに。
明日からは作業の進捗に関わらずテントを出すことにします。
まあ今晩は寝袋に潜り込んでおけば大丈夫そうな程度の冷え方なので。


改修作業二十六日目:壁断熱完了、床板設置開始

しばらく雨の日が続くという予報だったはずですが、朝から晴天でいい気持ちです。
削り屑の出方が半端ないんで、これ幸いと庭で断熱材をカットします。
20160131_01断熱材カット外で

傷付けたり割ったりしないよう、慎重にはめ込んでいきます。
20160131_02角欠け
はい、早速やらかしましたよ?
まあ気にしなければどうということはないです。

いちいち荷物を動かしながらで手間でしたが、北壁以外が完了。
20160131_03南半分完了

その北壁はこんな感じ。
20160131_04北壁
断熱材が違うのは、その時ホームセンターで入手できるうち一番分厚いのがこのスタイロフォームだったから。
色違いなのは仕方ないですが、せめて印字面は反対にしておくべきでしたねえ。

まあこの北面はトイレや台所を配置するので大体隠れるはずです。
そういう訳ですので、北壁の断熱材は他の三面で山と生まれた端材をやりくりして貼り付けます。
20160131_05端材の山
端材の山。計算上は足りるはず・・・

20160131_06ドア裏
・・・ドア裏のことをすっかり忘れてましたorz
ええい、住めれば(ry
また後で考えます。

断熱材を貼る前に、床板設置の準備をしておきます。
昨日置き直した合板をまた剥がして
20160131_07床板はがし
端材や廃材を追加設置して、高さを旧来の床板に合わせておきます。
20160131_08材追加

それから断熱材を切り貼りして完了。
ビニルテープで補強してましたが、途中で無くなってしまいました。
それだけ買い出しに行くのも面倒なので、後日に回します。
20160131_09北壁完了

そしてよーやっと床板設置に取り掛かります。
今まで脳内シミュレーションは何度もやってきましたが、果たしてどうなるやら。

先ずは仮組みしてみます。
2x4材を縦置き。長い材は未加工のまま。短い材はホームセンターでカットして貰いました。
20160131_10木枠設置
本来ならシンプソン金具で固定して、断熱材をカット・組み込むのですが今は省略。
その上に合板を載せます。合板も未加工のまま。
20160131_11合板設置
これで完了。仕上げにはクッションフロアを敷くつもりです。

要は、2x4工法の床パネルと同じ要領です。
旧来の床板があるのだから、2x4材を縦置きにして強度を出す必要はなく、断熱材の厚みと同じ太さの木材で構わないのかもしれませんが。
正直、旧来の床板がいつまで持つかは判りません。
現状は、何処を踏んでも軋みひとつあげない強固な作りになっていますが、それはもしかしたら今まで風通しwが良かった御陰で湿気と無縁だったからであり、こうして断熱材と二枚目の床板を載せることで劣化が起きる可能性を否定できません。

旧来の床板を剥がしてしまうのが一番なのかもしれませんが、それはまたえらい手間ですし。
なので、とりあえずは旧来の床板の上に新たな床板を据え付ける。
そして旧来の床板が駄目になったら、そのまま材を流用できるようにこうして2x4材を使用することにしました。

北側の材を全部並べてみました。
20160131_12北側仮置き
右端は、少し広いですが玄関のたたき部分。土足用のクッションフロアを敷けばいいかなー、と考えています。

合板を据え付けるとこうなります。
20160131_13北側合板仮置き
合板は、据え付けるといっても固定せず、ナス農家さんに倣って木枠の上に置いておくだけにして、メンテナンス性を確保します。
合板が微妙にたわんでいるので端を踏んだら反対側が持ち上がってガタガタしますが、クッションフロアを敷いて家財やら荷物をおけば大丈夫だろうと思います。

で。
仮組み状態で踏んだり歩いたり寝っ転がったりラジオ体操してみたりしたんですが。
積み木の如く立ててるだけの木枠なのに、ズレたり倒れたりする気配がありません。隣同士で支えあっているんでしょうか。
これで中に断熱材を入れて、更に中央部や南側の材まで設置すれば、木枠も固定せずともしっかり床板を支えてくれそうな気がしてきました。
という訳でシンプソン金具の購入は取り止め。もしも駄目だったらその時に改めて設置すれば良いのです。住めれば(ry


そんなこんなで、なんとかイケそうな感じです。
明日は断熱材を切ってはめ込んで仕上がったネオ床板に荷物を載せて、空いた旧・床板の上にまたネオ床板を組み上げて荷物を載せて・・・を繰り返して。
二日もあれば床全面を組むことが出来そうです。
壁との間に生じる隙間は、計測した上で適当な材で穴埋め。
それからクッションフロアを敷いて、トイレと流し台を据え付けて、電気コードを買って付けて換気扇と電灯を取り付けて、あちこちの隙間をコーキング材で埋めて・・・

なんか仕事の総量が見えてきた気がしますよ?
今週中にはひとまず完成といけそうな予感・・・!(フラグ
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney! フルーツメール