・朝の見回りしてる時から背中が痛くて寝違えたかなと思ってたんですが。
昼頃から首とか他の関節もおかしな感じになってきて、夕方には喉も痛くなってきてコレはやっちまったな、と。

・一年前のあんな生活でもビクともしませんでしたというのに。
でもそれ以前の実家でぬくぬく暮らしていた頃にはたまに風邪に罹っていましたから、単に極限状態で体の防衛機能が高まっていただけかもしれません。

いや待て、それだと今の我が家がぬくぬくした状況だという理屈になってしまうではありませんか。
宇宙の 法則が 乱れる!

・自分の風邪の対処法は、薬も食事も摂らず、スポーツ飲料だけ確保して厚着して布団に入ってひたすら寝るというもの。
アレな状況の我が家でも、寝袋に入ってしまえばまあ暖かいのでそれでイケると思うんですが。

懸念される問題として、胃腸がやられて上や下からアレやコレやがこんにちわしてきた場合、我が家のトイレ事情的に死ぬしかないということ。
コンポストトイレの致命的な弱点ですな。

催すたびに近所のコンビニに走るのも、色々な意味で危ないので。
ほぼ一年ぶりに、市街地のカプセルホテルへ避難することにしました。

風邪をひいた体で人のいる処へ出るのはテロ行為そのものなんですが、節々の痛みと悪寒だけで咳やくしゃみでウイルスまき散らしてない(はず)なので勘弁して下さい。

・暖房の効いた館内に入ってもゾクゾクが収まらず、かなりヤバい容態になってきてました。
ブースというのかカプセルというのか、兎に角ベッドへ速攻で向かったんですけれども。
予約したのが遅かったため、ブースが二段あるうちの上の段。
何回も利用した一年前はずっと下の段で、上を使うのは今回が初めてです。
トイレへ急ぐ場合に不便だなあと思いつつ梯子のステップに足をかけると。

なんだここは 滑るぞ!!

木製のステップで、靴下をはいたままなので。
これは降りる際には注意しないと、マジで大惨事です。いろんな意味で。というか最悪な意味で。

・結果的には、アレやコレやがこんにちわしてくることも無く。
10時間以上寝倒して、起きたときにはほぼ全快してました。

その日一日はなるべく無理しないようにしていようと思ってたんですが、そんな時に限ってなぜイノシシなぞ掛かりおる。病み上がりに50キロクラスを100メートル近く引っ張るのは軽く拷問なんですけれども。

という事で、仕事始めから一週間も経ってしまいましたが、今年最初の自分のワナでの猟果はイノシシでした。
ていうかmyワナでイノシシ獲ったのも初めてですね。
猟期中のイノシシは報奨金でないから嬉しくないとか言いません。



スポンサードリンク