・土曜日の朝、玄関ドアを開けると既にしんしんと雪が降り積もってました。
20170114_081329
我が愛車の様子。
20170114_081333
フロントガラスの雪だけ落としてますので、雪の厚みが判りやすいでしょうか。

灯油の備蓄は十分、食料もまだ数日分あります。
なので、普通はこんな天気だと家に籠ってゆっくりするのが吉でしょう。

そう、普通ならね?

灯油ストーブを焚いていても、直近で背中を炙ってないと手足がじんわり冷えてくるような隙間だらけの我が家で二日間過ごすのはもはや何らかの修行の一環です。
風邪の治りも今一つすっきりしていませんし、ここは一年前よろしく避寒の旅へGOですよ。

・普段は山中を走る府道や県道でショートカットしながら京阪神へ向かうのですが、今日はなるべく除雪された道を通るべく国道を利用。
遠回りだし信号は多いしですが安全第一です。

と思ってたんですけれども、意外と雪が残ったままで油断できません。
四駆でスタッドレスも履いてはいますが、制限速度ギリか下ぐらいのスピードを維持。
煽られたって気にしません。とゆーか、他の車も割と同じ走り方をしてましたので、車間距離の維持に努めていれば何とか大丈夫でした。
それでも横をかっ飛ばしていく車も偶に居たりしてよくやるものです。

そんなこんなでゆっくりじりじりと走り続けていたんですけれども。
ある交差点で信号待ちしてるとき、気が付けばバックミラーに映った後ろの車の運転手のおっさんがめっちゃ熱唱してて草。
こんな気の滅入る悪路&悪天候の中、そこまで魂を震わせる曲が一体なんなのか。
わたし、気になります!
まあなんにせよ、信号待ちなんだからせめて目は開けてろおっさん。

・なかなか状況が変わらないままだったんですが、ある峠を越えたとたんに空からも道からも雪が消えてびっくり。
そんなに高い峠でもなかった筈なんですが凄いものです。

道路事情が改善し、ようやっと気楽にドライブできるようになりました。
そのまま更に一時間ほど走って、某ショッピングモールに到着。
20170114_101414
広い広い駐車場の中、雪を積んだ車なんて自分だけで草。
「あらやだ、雪まみれ。
どこのカッペかしら。ちょっと、警備員さーん!」
周りのそんな声が、心の耳に聞こえてきましたよ。都会って怖いなあ。

・適当にふらふらブラブラと遊んで、明けて日曜日。
さてどーしたものか。
天気予報によれば、今日も一日あちらこちらで雪が降るようで、あまり早く帰宅しても修行時間が長くなるだけです。
しかし遅くに帰るとすると、恐らくは雪が残ったままの道を暗い中走るのも正直勘弁なので。
とりあえずは様子を見ながら北上していきます。

泊まったのは伊丹市内のネットカフェで、店を出たら歩道がうっすら白くなってました。
走り出してすぐ、北から来る車のほとんどが昨日の自分の如くどっさりと雪を積み上げた状態。
10分もしたら、街全体が真っ白な有様でした。

雪が普段は降らない地域だからでしょうか。
うっすら積もってるだけの道で立ち往生していたり。
キレーにガードレールへ突き刺さってたり。
なんかバンパーだけ落ちてたり。
そんな感じの車のシャレにならない数にひいいとビビりつつノロノロと北上。

普段は2時間ぐらいの道のりを3時間以上かけて、フラフラになりながら帰宅しました。
20170115_142105
積もりまくって草も生えない。
判りにくいかもしれませんが、駐車スペースが車のタイヤが隠れるくらいの深さの雪で埋まってます。

ここに車を突っ込んでいいんでしょうか。
熱で溶ける?溶けずにスタックしたり、あるいは溶けた水がエンジンとかに入り込んだり変な具合になったらやだなあ。
ていうか、このとき午後2時ぐらいですが雪は降ったり止んだりを繰り返していて。
このまま家に居たら、明朝は外に出られなくなるかもしれません。割とガチで。

・というわけで、今日も外泊。数日前の風邪の折にお世話に(勝手に)なった福知山市街のカプセルホテルなう。
2千円足らずの出費で一晩の安寧を得られるならば浪費を惜しみません。
こうやって人は堕落していくんですよねきっと。
06
寒さ対策に真冬用の寝袋など購入してたんですが。
デビュー&レビューはまた後日。



スポンサードリンク