天気予報のとおり、生ぬるい朝です。
生ぬるい、というとマイナスな表現に聞こえますが、寒くもなく暑くもなく快適で有り難いです。
しかしストーブを着ける気になれないので焼芋は今朝はおあずけ。

むしろ、本日は食べ歩きツアーへ出ることにしたので好都合。無論お一人様ですがそれが何か。

雨がポツポツ降ったり止んだりする中、軽トラを国道9号線沿いに西へ北へと走らせます。
井戸埋めで重機を借りたレンタル会社も通り過ぎ、ついに未踏の地へ突入したらいきなりまいどおおきに食堂がありましたよ。
運転中なので写真は撮りませんでしたが。
福知山へ来る前は時々利用してました。ここまで車で30分くらい、ちょーっと遠いので頻繁にとはいきませんが、偶には来ようと思います。

それから更に10分ほど走って、本日最初の目的地。
日本一たい焼・福知山野花店。
20160213_01日本一たい焼外観
西日本を中心に28店舗ほど出店してるそうで、他所で見かけたことはありましたが利用するのは今日が初めてです。

ちなみに店名の由来は、商品の入った袋に書いてありました。
20160213_02店名由来
こーいうノリは正直好きです。

たい焼の中身は黒餡・白餡・カスタード。店によっては八女茶餡入りもあるそうです。
また、たい焼以外にもソフトクリームや餡蜜、わらびもちなどが売ってました。

イートインのスペースはありましたが正直手狭で、しかも他のお客がどんどん入ってくるので車内で食べました。無論三種類ともですがそれが何か。
20160213_03尻尾まで餡子
ちゃんと尻尾の先まで餡が詰まっててベネ。生地は薄皮でパリパリしてました。

ていうか焼きたてで不味いはずがありませんよね。どれも美味しく頂きましたが、やはりスタンダードに黒餡が一番でしたでしょうか。八女茶餡のも食べてみたかったです。
お値段は一匹165円。
我が故郷・姫路には同じ粉もんスイーツの御座候の直売店がありまして、一個80円だったりするので軍配はこちらに揚がるんですが。遠くの親戚より近くの他人。ここも時々は利用したいと思います。

少しだけ戻って今度は国道175号線を北上。
40分ほど走った所にある道の駅・舞鶴港とれとれセンターへ到着。
20160213_04舞鶴とれとれセンター

ここは・・・いけませんよ。
お財布によくない。胃袋にもよくありません。視覚的にも嗅覚的にも。歩いてるだけで御飯3杯はいけそうでしたよ。
20160213_05うにイクラ丼
20160213_06つぶ貝と牡蠣
他にもイカ焼きとか鯖の一本焼きとかも食べたかったんですけど自重。
ここもまた来なければなりません。

雨もだいぶ降ってきたし、観光に興味はないので帰宅の途へ。わずか2軒で満腹とは我ながら衰えたものです。
たい焼屋に寄る関係上、Cの字を描く形の行程になったので往路は一時間半近くかかりましたが、綾部市をつっきる形でまっすぐ南へ下るルートを辿り復路は一時間足らずで到着しました。

途中図書館に寄りました。移住直後以来なので、借りるシステムの使い方をすっかり忘れてました。
20160213_07図書館で本

更にちょっとだけ買い物をして帰宅。
本日も少しだけトイレを手直しです。

便座シートを貼り付ける時に気付いた隙間。
20160213_08トイレの隙間
蓋と便座、便座と本体に少ーし隙間がありまして。
人間からすれば僅かな隙間ですが、小バエとかからだと楽々通過できると思うんですよね。
あたかもゴールデンゲートブリッジの如く。黄金だけに(死刑)

せっかく貼った便座シートが無駄になりますが。
便座カバーですっぽり覆ってみることにします。
20160213_09便座カバー

その結果。
思った以上にいい感じで隙間を塞ぐことが出来ました。蓋側も本体側も。
20160213_10残りの隙間
後の方がまだ若干開いてますが、これくらいなら隙間テープで問題ないかと。
ていうかこれくらいメーカー側でなんとかしてくれないものでしょうかね。

食いだめも借りだめも出来たので、明日は一日家でゴロゴロしてようと思います。
むしろ、敢えて挑戦します。考えてみたらこちらへ来てから一度も無かったので。一歩も家から出ず、生産的なことを何もしない。目指せプロニート。



スポンサードリンク