またもや猪肉を頂いてしまいました。
20160311_01猪メシ
「写真、使い回しじゃね?」みたいな失礼なツッコミは却下。
だってちゃんと新しい写真ですから!具材が毎回同じなので同じに見えるだけです。

先日の日曜日は、雨やら風やらで延び延びになってた廃材の焼却をようやっと行いました。
20160313_01庭の廃材
以前はロケストで遊びながらチマチマと焼いてきましたが、これだとキリがないので焚火で一気に焼き払うことにしました。
ただし、近頃は一般に野焼きを禁じる自治体が増えていますので、福知山市の事情はどうなのかグーグル先生に問い合わせてみました。その結果

野焼きの注意
焼却「野焼き」の禁止
定められた構造の焼却炉を使用して、定められた方法で焼却する場合や、農業者による稲わらの焼却、宗教行事での焼却、軽微なたき火等公益上または社会習慣上やむを得ない焼却行為等の場合を除き、廃棄物(草・木・ごみ)を焼却することはできません。


>軽微なたき火等
よし、軽微だ(すっとぼけ)。
後はまあ、とっ散らかった庭先が片付いたらご近所さんもすっきりするだろうから公益になるとか言い訳してみます。

という訳で開始。午後から風が強くなるパターンがこれまで多かったので、思い切って朝の6時過ぎから始めてみました。
20160313_02着火準備
丸めたティッシュを種火に、段ボールで火勢をキープしつつ細い材から太い材へと火を移していきます。
20160313_03着火
何事もなく炎上中。
こちらに来るまで一人で焚火などした事も無く、ロケストで火を安定させるまで30分ほどもモタモタしていたものですが我ながら随分と慣れたものです。

20160313_04ロケストと焚火
御役御免のロケストと焚火の図。
御役御免といいつつも、今後も不要な紙類とか溜まればちょちょいと燃やすかもしれませんし。
いずれは設置するであろう薪ストーブの防火壁に流用する予定です。

いやしかし、焚火って暖かいものですねえ。ロケストだと耐火レンガの断熱性能が高すぎて、凍えながら火を燃やし続けるという訳の分からない状況でしたよ。
そしてこれだけの熱量を鉄なり鋳物なりの本体に蓄熱して放射するわけですから、薪ストーブが暑いくらいに暖かいというのも理解できます。

処で。
こうやって焚火なんかしていると隣近所から苦情がくるだろうと思われる方も多いでしょう。実際自分もそれを危惧しまして、何か言われるまでに少しでも多くの廃材を片付けるべく早朝から始めたりと小細工を弄してみたりしたんですが。
20160313_05ご近所さんも
むしろご近所さんが積極的に燃やしに来るスタイルでした。

火力が安定してしまえば、湿っていようと太かろうとどんな木材でも速攻で燃え始めます。
20160313_06生木も
たとえ生木でも。
枝が絡まるほどに込み入った庭木を容赦なく間引きしては焚火へ投入しました。

空いたスペースには、適宜果樹とか植えていきたいです。
切り株は残っているためこのままだとひこばえとか生えてくるので、それをまず何とかしないといけませんが。
薬など使わず枯らす方法とか調べてみます。

そんなこんなで夕方まで10時間近くも焚火を続けた結果。
20160313_07すっきり01
20160313_08すっきり02
20160313_09すっきり03
すっきりしましたよー!
室内に残してた端材も、用途が決まっているもの以外は思い切って燃やしてしまいました。
段ボールの山も一掃して、ただでさえ持て余していたスペースが更に広がりました!・・・おや?



スポンサードリンク