でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

2018年08月

ロゴス(LOGOS) ストライプ あぐらチェア購入

・自宅の座椅子として、しばらくの間、コールマン製グランドチェアを使ってきました。
20180826_114308


座り心地は、まあそれなりに。腰の負担軽減が目的だったんで十分だったんですけど。
しかし夜になってもひたすら続くこの連日の暑さの中だと、座ってると尻の下が熱くなって汗まみれになって堪りません。動いたりズラしたりして凌いできましたが、いい加減に座椅子そのものを変更することにしました。

・要は床に尻が接しない程度のローチェアなら、下を風が通って涼しいはず。
ダイレクト床上からハンモックに変えたら快適快眠になったのと同様ですね。

最初は少し前に脈絡なく購入を検討したことのある、エーライトのメイフライチェアとかヘイノックスのグランドチェアとかを買おうかと思ってました。


特に理由なく意味なく必然なく買おうと思ってた半年ほど前は、何故だか判りませんがやたらと値段が高騰してて2万円オーバーとかでした。
流石に気分だけで購入するレベルではないので当時は見送りましたが、今調べたら大分沈静化してて1万円チョイ。それでも結構なお値段ではありますが、この程度ならシカ一頭の命で十分贖えるわグハハハハハ。
いえ値段はともかくとして。
キャンプ用チェアとして携帯性・収納性と快適性を双方兼ね揃えたこれらの商品なんですが。
ずっと使ってると、ポールが折れたり樹脂部分が破損したりするみたいなんですね。
全部が全部というわけではないでしょうし、キャンプで偶に使用するとかなら長持ちするんでしょうけど。
日常的に使ってると、どうも1、2年くらいで壊れるとかそんな雰囲気が、あちこちの購入サイトやらブログやらのレビューからひしひしと。

・1年に1回買い換えるくらい、年一頭のシカの命で済むなら安いものだわグハハハハハ。
いやでもやっぱり勿体無いじゃないですか。
命大事に。コスパも大事に。
そもそも壊れることを前提にするのもメーカーさんとかに失礼なのかもしれませんけども。
自分の体重とか座り方の悪さとか通販のヒキの悪さとかを侮るわけにはいきません。

※某モンベルにてヘリノックスのグランドチェアを試・・・試・・・試乗・・・試座?
とにかく試しに座ってみたことがありますがいい感じでした。
メイフライチェアは、ウェブ上の評価では座り心地についてヘリノックス以上だそうですよ?などとさり気無くフォローしてみます。大人の気遣い。

兎にも角にも、もうちょっとお値段お安く評価は高い品を、あちこちのレビューサイトで調べた結果、こちらを購入しました。

現物はこちら。色はオレンジ。
20180826_114650
折り畳んでるとこんな感じ。クシャッ、て感じでワンアクションで畳んでしまえます。
20180826_114621
袋に入れるとこんな具合で。左はコールマンのグランドチェアです。
20180826_114529
コールマンの折り畳んだ状態はこんな。機構とかロゴスと同じでした。
20180826_114329
背もたれにポケットが付いてます。収納袋をここに入れとけば紛失の恐れが無いですね。
20180826_114936
コールマンのグランドチェアもやっぱり背もたれにポケットがありましたので、同様に収納袋を入れてました。これどっちかパクッてるんじゃあるまいな。
コールマンさんはこの後リサイクルショップへドナドナ。
身請け額は、心の健康のために忘れることにしました。新品同様だった筈なのにF●CK。おっと健康健康。

・10数センチほど座面が高くなるので、テーブルとの差異がしばらく不慣れな感じになりますがまあ我慢我慢。ちなみにパソコンデスクについてはこんな品を使ってます。

なので。こんな感じだったのが
20180826_114723
こんな風に高さ調整出来ますので、こちらに関しては問題なし。
20180826_114752
それにしても今まで気にしてませんでしたが、こうして見ると勝手に走り出しそうなデザインですねコレ。どうでもいいですけど。

・かくして残暑対策は出来る限りのことをしたとゆー事で、後は今回の買い物が無駄であったと思えるように一日でも早く涼しくなってもらいたいモノなんですがどーなることやら。
いっとき朝晩寒いくらいになってたのに、また日中38度とかゆーとりますやん。


クマった事態(死刑)

・立秋を過ぎた途端に、朝晩あからさまに涼しくなってなんか草。
夜中にくしゃみで目が覚めてしまいましたよ。
けど突然の気温の変化にも大丈夫。そう、コイツがあれば!
20171230_着る寝袋
ここまで完璧に着込まなくても、下半身突っ込んでるだけで大分違います。

しかし日中はまだまだ暑いですねえ。数日前に比べればずいぶん楽ですけれども。
日中というか、明け方からワナの見回りしてるだけで汗ばんでしまいますが。
早く秋が来てほしいものですけれど、ここ数年は残暑が酷くて秋なんてない状態ですが果たして今年はどうなる事やら。

・で、その見回りを今日も今日とて行なってたんですけれども。
とある山道の奥に仕掛けたワナへ向かって歩いていたら、なんか昨日までと様子が違うし。

20180808_061508
めっちゃ草が倒れてました。
どうやらイノシシが寝っ転がったかなんかした様子。でもこんな道のど真ん中とは珍しいですねえ。
そしてそのすぐ先で
20180808_061445
そのまたすぐ先でも
20180808_061431
なぁにコレェ・・・

・イノシシが10数メートルくらいローリングしながら通り過ぎたんでしょうか。
それとも群れでまとまってひと眠りしたらこうなるんでしょーか。
この時点で、なんかでっかい生き物が通ったりしたんじゃあるまいな、などと嫌な予感がしてました。

で、そのまたすぐ先で。
20180808_061408
木がめっちゃバキバキに踏み砕かれてるし。

えー、もうマジですかよ。
一応当地はツキノワグマが出なくもない地域ではあります。
偶に町内放送でクマの目撃情報とか流されてたりしますし、他の猟師さん達からも、箱ワナにクマが入ってたーとか、くくりワナに掛かったシカを半分食われたーとか、そんな話を聞いたりしてますけれども。実際に生クマを目撃したことはまだないですが。

えー、やだもー。
護身用のアイテムなんて有りませんよ。ワナの見回り中にナイフや鉈の類なんて持ち歩きませんし。
精々の気休めとして、穴掘り用の山菜ナイフを握りしめつつ更に先へ。

この辺りで、ふと冷静になったりもしましたよ。
そもそもツキノワグマって、そんなにデカくない。
ジャンプ育ちのアラフォーなもので、某クマ犬マンガのせいでクマ=バスとか4tトラックくらいのサイズがありそうに思い込んでるんですけれども。
ツキノワグマなんて精々が人間大。里山に住む動物ー、みたいなタイトルで展示された剥製を見たことがありますが、ヘタすりゃ隣りに並んでたイノシシの方がデカいくらいでした。

そんな事を考えながらカーブを曲がったその先に。
20180808_061020
はい、くっきりとした轍デスネー。

軽トラとかジムニーとかが通っただけのようでした。

・というワケで、以上はぜんぶ冗談です。
そんなまさか、動物と車との痕跡を見間違うとか、そんな事がある訳ないじゃないですか。
知ってるよわざとだよついだよ。猟師なのよ、あたし?はい解散。


スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ