でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

2020年08月

鼻毛よさらば

・丸刈り、それは最強のヘアスタイル。
洗うのが簡単、速攻で乾く、寝ぐせに無縁、セットやお手入れに要する時間がゼロ、清潔感はプライスレス。薄毛が気になる男性諸氏にとっては格好のカモフラージュともなります僕には関係ないですけど。そしてどこの理容店や美容院だろうと等しく同じ髪型になるので店を選ぶ必要がない等、もはやメリットしかあり得ない理想の極み、アルファにしてオメガなヘアスタイル。人類みんな丸刈りにしてしまえばいいのに。
…なんだかかつて同じことを言った気がしなくもないですけど、どうでもいい内容ですのでどうでもいいです。

・三連休の中日である今日。こんなご時世なのに適当にフラフラと出歩いているさなかにちょっと髪が伸びてきている気が突然してきました。来週末はお盆でこんなご時世なのに帰省する予定でしたので、身を清めるつもりでちょうど目に付いた理容店に入ってみました。
理容プラージュ。
割とあちこちで見かけるチェーン店です。年商日本一の最大手だとは今日知りましたが。
対応して頂いたのは結構な御歳の男性店員の方で、流石ベテランというべき手際で刈り上げてくれました。
丸刈りなんて何処でやって貰っても同じという言葉をさっそく前言撤回してみせますが。某1000円カット(最近は1200円カット)で若い店員さんに刈ってもらった際、めっちゃ時間が掛かったことがあります。端的に説明すれば、貴方そこもう2回くらいバリカン当てたよな?みたいな。

閑話休題。
10分かそこいらでカットが終わって顔剃りステージに移行してすぐにその店員さんから、
「鼻毛がすごく伸びてますけどキレイにしますか?」と単刀直入に過ぎる営業を受けました。ひょっとしたら怒るべきだったかもしれませんけど丁寧な人だったし何だか気圧された感じで了承しました。で、てっきりハサミか鼻毛カッターかで切るのかと思ってたら、顔剃りの途中で「ちょっと熱いですから気を付けてくださいねー」という言葉とともにマジ熱い何かが鼻の孔におもむろに挿入されたんですけど一体どう気を付けろというのか。

とにかくこれはアレか。話に聞いたことはあるアレなのか。仰向けだし顔剃り中だしで鏡を見ることは出来なかったのですけど鼻の両方の孔から割と長い棒切れが飛び出してるのは感覚で判りました。まごうこと無きマヌケ面。その後しばらくして「それじゃガマンしてくださいねー」という声掛けとともに、バリッと勢いよく引っこ抜かれて思った以上に痛ってえええええ!?

・そんなわけで。いわゆるブラジリアンワックスと同様の手法による脱毛サービスでした。ノーズクリーンという名前で3,4年前からやってるみたいです。自分これまでプラージュ自体を利用したことは何回かあるハズなんですけど、このサービスの申し出を受けたのは初めてでした。よっぽど伸びてたんですかね。ううむ。
後で鏡で確認すると見事につるっつるでした。幼少の頃を思い出しますナニをとは申しませんけど。このスッキリ感はなかなかですよ。定期的に受けるのもアリかもしれません。会計の際にスタンプカードを頂きまして、10回分溜まれば1回無料になるとのこと。月イチペースで繰り返せば毛量が減って痛みも軽減していくそうです。
ちなみにスタンプカードの裏面がこんなん。誓約書になってました。
P_20200809_174914_copy_816x612
意訳すれば、「膿んだりとか炎症起きたりとか異常が生じてもケツは自分で拭くと誓え」。
何だか前にもこんなんあったよーな。まあ誓約書自体が得てしてそんなものですけれども。
ていうか自分まだ記入してないんですけど良かったんでしょうか。いや絶対良くないはずなんですが、まあ店員さんおじいだったししゃーない。

ちなみに1回あたりの手数料は300円。結構しますね。市販の脱毛キットを使えばずっと安くて済みます。

けど自分でやるとなると定期的にキチンとするか自信ないですし結構痛くてビビるしそもそもワックス融かすための電子レンジ無いし湯煎はメンドいし。お店でやって頂く方がいいやというのが個人的意見です。
問題点は、近所にプラージュが無いこと。これだから田舎は。髪の毛切りたいときに偶々見かけたら行ってみる、という感じになりますのでスタンプカードを失くさないよう注意しませんと。

【閲覧注意】親知らずを抜いてきました

P_20200801_081634_copy_816x612

・親知らず。正式名称は第三大臼歯。それは人類の進化のバロメーター。
哺乳類としては歯の数は44本が基本で、おサルから類人猿へと進化していく過程で減少の一途をたどり原猿目38本、広鼻猿36本、狭鼻猿から類人猿を経てホモサピエンス即ち現行人類までが32本。
さらに食生活の変化で硬いものを食べなくなった事でアゴが小さくなり、現代人では親知らずが生えない人も増えてきていていずれは28本が普通になるかもとの事ですが、特に現代病というワケでもなくて弥生時代の人骨でも親知らずの埋伏や欠損は別段めずらしくもないとか何とか。いずれにせよ、親知らずが生えていたら「おっくれてるぅー」とかトレンディな煽りを受ける時代も遠くはないかもしれません。
僕ですか?4本全部生えてきましたけどそれが何か。

・とはいえ生育は順調とは言えず。
下2本はそれぞれが真横と斜めに生えてしまってダメな親知らずの見本そのものでした。案の定というか虫歯になってしまって抜歯して早幾年。
上の2本は普通にまっすぐ生えてきましたので問題は無かったはずなのですが、どーゆうワケだか左上だけ親知らずと手前の奥歯との間に食べ物が挟まりやすくて難儀してました。冬に鍋物を食すとネギとかハクサイとかが百発百中。コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実なものですから糸ようじでケアするのが当たり前になってました。

それでも虫歯になってしまうものなんですねー… 歯医者で告知されたときには中々にショッキングでした。正確にはその時点では成りかけてるという程度で様子を観ましょうということになりまして、4カ月に1回の定期メンテナンスでは割と長い間進行無しでスルーされて来ていたのですが。いい加減となりの奥歯に影響しないうちに抜いてしまおうということになりました。そうか、あかんか。

・そんな事情で本日抜歯してきました。
下の親知らずの時は、下アゴに神経とか太い血管が通っているため(ついでにダメな生え方してるので)難しい手術になるからと遠くの総合病院を紹介されて、実際どギツい麻酔を処してからノミとトンカチを使って(所感)ガッツンガッツンものごっつい勢いでぶっこ抜かれました。左右2回ともそんな感じ。2本を抜くのに1,2年ほど間隔はあった筈ですけど割とトラウマになりましたよ。麻酔と痛み止めで口内マヒして舌とかほっぺた噛みまくったのも良くない思い出。

今日も正直戦々恐々としてたのですが、打って変わってめっさアッサリ完了しました。麻酔が効くまで待ってる時間の方が長かったんじゃないかっていうくらい。キコキコってやってスポッみたいな感じ。
かつて僕らがやっていた、シカの前歯を抜くより手際よかった印象でしたよ。流石は本職。いやこちらだって本職でしたけど。

何のことかいちおう説明しますと、1、2年ほど前まではシカの捕獲証明として、前歯2本を抜いて提出しないといけなかったのですね。日本全国同様だったかは判りませんけど、少なくとも福知山市と近隣の市町村はそうでした。京都府下で統一されていたのかも知れません。
それが今では日本全国共通仕様となりまして、シッポを切断して提出することになったのです。場合によっては血抜き中でまだ生きてるシカから歯を抜くのとシッポを切るのとどちらがより猟奇的なのかは、最早それを判断する感性が摩耗しているので審議拒否。
少なくとも採取後の管理は前歯の時代の方が楽でしたよー。ハイター薄めた水に浸けておけば血も肉も溶けて綺麗さっぱり前歯だけが残って腐りませんし嵩張りませんし。
シカ以外の獲物(イノシシとかタヌキとか)については昔も今もシッポでしたので変わらないと言えば変わらないのですけど。でもひと月あたり獲る数が違いますからねー。シカの場合もシッポになってから冷凍庫の容量を圧迫しまくっててめんどい。

閑話休題。
歯医者さんに許可とって撮影させてもらった道具類が冒頭の写真。そして抜いた親知らずがこちらー。一応閲覧注意。



P_20200801_081641_copy_816x612
割とがっつり虫歯やんけ。隣の歯は綺麗ですよーと先生は仰っていましたけどそれ本当ぉ…?
持って帰ります?とも言われましたけどそれは丁重に辞退しました。軒下に投げたところでまた生えてくるワケでもありませんし。

P_20200801_082227_copy_816x612

会計時に頂いた注意事項。要は血のめぐりを良くするな、ということでしょうか。
現在抜歯後2時間強が経過。舌を噛んでみたらしっかり痛みを感じますので麻酔はもう抜けているかと思うのですが、それだと抜歯した跡がさっぱりなんともないんですけど。かつて下の親知らずを抜歯した時とは段違いです。或いはこれから”始まる”のか……?

※追記
8時間ほど経過なう。
なんか軽ーく、抜いた跡を押されているような違和感が無くもないような。
これが鈍痛とか疼痛とかってやつなんでしょうかよく判りませんけど。昼寝するにも支障がない程度なんで問題ないかと。やれ一安心。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ