・安眠生活を手に入れたと思っていたこの数日、次第に朝晩が涼しくなってきたのはいいのですがお陰で寒くて夜中に目が覚めてしまいます。上に何か適当にかぶって凌いでいますが体を冷やしていいことなど何もなく。今朝なんかはピルクル1本飲んだらお腹が痛くなってしまいました。

500mlのパックとかではなく普通にヤクルトサイズのあれ。なんて貧弱貧弱ぅ!なマイ・ストマック。こーいう時にはトイレが外にある構造の家は不便です。トイレだけに。
まして我が家に至っては不便どころか致命傷になりかねません社会的な意味で。

けどそんな生活を5年も過ごしていれば危機感知も鋭くなるというもので、「来た」じゃなくて「来そう」な段階でそそくさとトイレへゴー。到着と同時にいい具合なビッグウェーブに乗れる辺りは我ながら大したものです。
が。ノーマルタイプがこんにちはしただけで波は遠ざかってしまいました。あれー。完全に去ったわkではなさげでモヤモヤした感じが残っててすっきりしません。
我が家のトイレすなわち近所のコンビニは個室が3つもある稀有な店舗で、お陰で割と気兼ねなく長期戦に臨むことが出来るのですが調子にのるのは宜しくない。当面は第二波の気配がないので一旦退出してお買い物ー。いつもは鶴瓶師匠の冷たい600ml麦茶とおやつに菓子パンなんですがさすがに今朝はそんな気になれず。温かいお茶と、おやつ代わりにホットのBOSS缶を購入。車に戻ってからBOSSをグビー。

・したら、なんだかお腹のモヤモヤが治まってしまいました。その後は普通に飲食しましたけど12時間以上経過した今でも普通な状態。
これはつまり。ホットのBOSSには腹痛を癒す効果があったんだよ!
 (; ・`д・´) な、なんだってー!?(`・д´・ (`・д´・ ;)

んなわけないじゃん。
食べすぎとか食中毒とかではなくて、単に体が冷えたところに冷たいもの飲んで腸がびっくりしただけだから温かいものを飲んだら落ち着いて、なので出すもの出さなくてもそのまま治まったのではないかと。
なのでトイレに走らずともお白湯とか沸かして飲んだらそれで済んでたのかも知れませんが、けど腹中に液体タイプが発生してるか否かは前兆段階では分かりませんし。のんきに過ごしてて社会的に手遅れになったら嫌ですし(嫌で済みませんし)。やはり今の対応マニュアルが正しいかと。
トイレすなわちコンビニに駆け込んでからホットドリンク買いに向かうなどは間違ってもやってはいけない。

・そんな次第でBOSSは腹痛の特効薬には残念ながらなりませんが。
「午後の紅茶・ミルクティーがすい臓がんの早期発見に役立つ」ことが判明したそうですね。
何言ってんだこいつって思った方はこちらを参照。
超音波検査の際に胃をミルクティーで満たしておけば、適度に超音波が通過してすい臓がクリアに映るそうです。ミルクティーの中でも午後ティーが一番優秀で、恐らくは乳脂肪分の比率が最良だとかなんとか。
偶然の発見じゃなくておよそ10年に渡る研究の成果だそうですが。
ミルクティーの段階で済まさず午後ティーと断定するにまで至るのは正に「研いで」「究める」科学者の鑑というべき姿勢ですけど、普通にじわじわキますね。
医学における大発見で、実際に多くのすい臓がんを早期発見し人命を救ってるのにイグ・ノーベル賞っぽい印象を受けるのはどーしたものか。

ところで午後ティーといえば、初めて午後ティーを飲んだ時にはこんな美味しい飲み物がこの世にあるのかと感動したものです。
それで確か最初の頃の午後ティーのペットボトルって、注ぎ口が妙に大口径じゃなかったですか?2リットルくらいのやつ。親に隠れてこっそりラッパしようとして鼻から午後ティーとか、誰もが通ってきた道だと思うんですけど如何でしょうか。

・特にオチなくまとまりなく終わり。


《ただしミルクティー味》、みたいなっ!