DSC_0175_copy_750x1000

・そんなわけで、前々から一度は挑戦してみたかった、富士山に登頂してきましたよー。
前の仕事してる間は休み数日をまとめて取るなんてほぼ不可能なので諦め切ってましたが。ちょい前に富士山山開き近しのニュースを見てかつての情熱を思い出し、今ならイケるやんと思い立った次第。ビバ自由業。

富士山の登山道は4つのルートがあって、そのうち初心者向けでかつ関西方面からアクセスし易いという富士宮ルートを選択。山開き当日の7月10日に入山しました。2週間も前の話やんけ!ですって?はいすみません。
言い訳じゃないんですけど。ツイッターで随時あれこれ発信するようになりますと(今回の富士山登頂もリアルタイムで呟いてたんですが)、改めてブログにまとめるのが迂遠な表現を用いればクッソめんどくなるんですよね。言い訳じゃないです。
とまれ、小生の新鮮な近況が知りたいという奇特な方はTwitterにて「‎@degarashi88」のフォロー宜しくお願い申し上げます。

・閑話休題。
DSC_0158_copy_750x1000
改めまして、その富士宮ルートの登り口。
と見せかけて、階段を上がるとまだ駐車場とか舗装スペースが続いてて肩透かし。その先が本チャンの入口でした。
DSC_0161_copy_750x1000

富士山。言わずと知れた日本の最高峰。ただしほとんど観光ルート化してて登山登山した装備は必要でなく、防寒具と雨具さえ準備しておけば服装とかクツとか普段使いの装いで大丈夫だそうです。
お金をかけないで済むのは有難く、しかし念の為ストックとゲイター(スパッツ)だけレンタルしました。1泊2日で3千円弱。
DSC_0157_copy_750x1000
結論から申し上げますと、どちらも借りておいて正解でした。特にストック。石だらけの下り道をストックなしだとヘタレでどんくさい僕の場合、手すりロープにすがっておっかなびっくり一歩一歩にじり下りる必要があったでしょーから5倍は時間を要した可能性が。

DSC_0159_copy_750x1000
スタートの五合目の時点で既に雲が眼下に。

DSC_0164_copy_750x1000
DSC_0165_copy_612x816
DSC_0169_copy_750x1000
DSC_0166_copy_750x1000
9.5合目で自販機の売値が400円とか450円とか。まあその辺はしゃーないかと。
ちな道中1本も買いませんでしたけどー。500mlの水3本を持参したんですが、それで事足りましたよ。登りで1本、山小屋泊の間に1本、下りで1本で丁度な感じでした。あと塩タブレットを道中バリボリと。

DSC_0168_copy_1000x750
下界の景色

DSC_0167_copy_750x1000


DSC_0170_copy_1000x750
十合目の鳥居

DSC_0173_copy_1000x750
DSC_0175_copy_750x1000
そして神々の山嶺へ。

・五合目からテッペンまで休憩込みで4時間半くらい、無しだと一合あたり40分くらいの所要時間でしたでしょーか。思ったのが、自分てけっこう体力あるな、という事。鼻から吸って口から吐くの深呼吸と定期的な水分&塩分補給を心掛けた甲斐もあってか、高山病ないし疲労困憊で動けなくなるみたいな事態もなく一定のペースで動き続けることが出来ました。途中軽い頭痛を覚えましたが、高山病なのか冷たい空気を鼻から吸ったせいなのか判然としないまま、歩いてるうちに解消してましたし。まだまだイケますわ自分。ふふん。

DSC_0176_copy_1000x750
火口

20220710_152450_copy_540x960
何故か虫。結構冷えてるのにブンブン言ってましたよ。草も生えてないのに何を食べてるんでしょーか。

20220710_182758_copy_960x540
・この日は山小屋泊。新七合目・御来光山荘でお世話になりました。
写真は夕飯のカレーライス。あったけぇ……あったけぇ……プラス料金でハンバーグとか付けられるそうです。
DSC_0183_copy_750x1000
寝床。山小屋泊だと雑魚寝がデフォだと聞いてましたがこちらの宿は個別スペースが用意されてました。充電用コンセントまで完備。
DSC_0184_copy_750x1000
寝具は布団でなく寝袋。モンベル製の、まず間違いなくマイスイートホームの品より高級品。

・このとおり宿自体には大満足でしたが、いかんせん七合目と下すぎました。僕の無知蒙昧っぷりと体力面への過小評価が全ての原因なのですが。

予定では昼過ぎから登山開始、道半ばに所在するこちらの山小屋へ夕方に到着して仮眠、深夜に再開して頂上にてご来光を迎えるという脳内スケジュールを組んでいたんですけれど。
実際には午前10時過ぎに登山口へ到着とのっけからズレ発生。歩き始めたら前述のようにサクサク登れてしまい昼頃には山小屋へ着いてました。

いやウソ。本当は八合目。早すぎたーって愕然としつつも山小屋の名前が違くね?と違和感を覚え、予約メール確認したら一時間近く前に通過した、もっと下の七合目が目標地点でした。愕然Take2。
それでまあ、戻ったところで時間早過ぎですし。もういいやとそのまま登山続行、15時頃に頂上に到着。しばらくまったり過ごしてから下山して、18時頃にお宿へ到着と相成った次第。

そこから仮眠を摂って夜中に再登頂?出来るかよksg。
体力はともかく流石に足が死んでましたし、それより先刻まで上り下りしたあの道を、ヘッドライトを頼りにもっかい登るのはちょっと怖いし。結局そのまま普通に寝て、ご来光は頂上ではなく宿近くで迎えました。写真?調整ミスッて光で真っ白と真っ暗なのとどちらが宜しいですかよksg。
それから宿に戻ってもう一休みしてから下山、9時頃には登頂口へ到着しました。

・と、ゆーわけで。
百点満点とはいかないファーストアタックでしたが、まあファーストだったからしゃあない。
頂上からのご来光と火口周辺を一周するお鉢巡りはまた次回ということにします。
早まることなく昼過ぎに出立して山小屋は頂上付近でお世話になれば大丈夫なはず。お盆過ぎには人出が減るそうなので、今年行くならまたその頃に。

DSC_0185_copy_750x1000
・帰りに、静岡県内でしか営業していない伝説のハンバーグレストラン・さわやかへ行ってきました。
店舗によっては待ち時間が8時間オーバーになるらしい意味不明なまでの人気店ですが、県下34店舗の全てが流石にそこまでではなく、帰り道からさほど外れずかつ比較的空いてるらしいさわやか藤枝築地店さんへお邪魔しました。
少し早めの11時30分頃だったんですがそれでも既に4組ぐらい並んでて、15分ほどの待ち時間がありました。平日なのに。待ってる内にもぞこぞこお客さんが続いて、僕が案内される頃には40分待ちと言われて帰っていく人たちもいましたよ。さわやか恐るべし。
DSC_0187_copy_1000x750
そしてこの日、たまたま毎月第2週だけ提供されるお得セット「げんこつ倶楽部」とやらの提供期間だったのでそちらをオーダー。持ってるな自分。
DSC_0188_copy_750x1000
鉄板のレリーフのモーモーさんに見つめられながら実食。
いい意味でハンバーグらしくない、しっかりした噛み応えでめっちゃ肉肉しい。疲弊した足腰に肉分が染み渡ります。一切つなぎを使ってない100パーセント中の100パーセントフルビーフな逸品だそうでさもありなん。ミンチなのにレアで提供できるのは徹底的な衛生管理の下の自社加工によるもので、それ故に遠くの県外には出店できないとか何とか。ほえー。

そんな感じで、ぶっちゃけハンバーグ自体にそこまで情熱持ってないのであちこち食べ歩いてるとかしてないんで他所との比較は出来ませんが、すっげー美味しかったです(小並感)。8時間待つほどの甲斐があるか否かについては……他人の価値観を尊重するのが民主主義。
いやそれよりも。こちらのお店のウェイトレスのおb…おb…お姐さんが、そんな超多忙な飲食店の従業員とは思えない程にめっちゃにこやかに丁寧にお愛想よく接客して頂いて、そーゆう所が人気の秘訣のひとつなのかも知れません。他の店舗を存じないので正確なところは判りませんが、だとすればさわやか恐るべし。

・こんな感じの富士山登頂への旅でした。
かくして僕は、日本一の(高い所に行った)男になったんですよふふん。
ちなみに今の仕事中に三重県の津駅を利用したことがありまして、すなわち日本一の(名前が短い駅を利用した)男でもあります。二冠目ですね。ここまで来たら三冠王のタイトル獲得を視野に、今度は何を目指したものか。