・自分の勤める会社は、人用・わんこ用のシカ肉やイノシシ肉の生産販売の他、田舎暮らし向けの不動産販売もしています。
そういえば、日本一のジビエ加工処理施設と名高い京丹波自然工房さんも、ジビエと不動産業を営んでいるそうですよ。奇遇デスネー。
ちなみに以下がそれぞれのHPへのリンクです。
不動産
鹿肉&猪肉
ドッグフード
以上。さあ買え(ここまで挨拶)。

・とある一日、当社の扱う物件について問い合わせの電話がありました。
お声の感じからして結構な年輩の女性の方のようです。
色々とやり取りをしてるうち、こんな質問が飛んできました。
「総合病院から10kmって、何里(り)くらいかしら?」
「・・・里?」
「里。」

何もかもが目まぐるしく移り変わっていく昨今ですけれども。
さすがに度量衡くらいは即応していかないと生きづらくないですか。
そう問うてみたかったんですが、
折り返しの連絡先を伺ったところ携帯電話の番号が返ってきたりしてこれもうわかんねぇな。


・結局具体的な年齢はお聞きしなかったんですが、しかし幾つになろうと新天地を求める姿勢が尊いと感じました。
最近どこかで読んだ、こんな感じの話がありました。

(質問者)
「これまでの人生で一番後悔していることはなんですか?」
(回答者/90歳女性)
「60歳の頃にバイオリンを弾いてみたくなったんですが、もう遅いと思って諦めたこと。
もし始めていれば、30年もバイオリンを演奏できたのに。」

深い。考えさせられます。
また別の話。
福井県の猟師さんが66歳からプログラミングの勉強を始め、赤外線センサーで自動的かつ効率的に動作する箱罠システムを自作して、最初の一年で90頭のイノシシ、市全体の36%を捕獲したとか。

何かを始めるのに年齢は関係ない、ということでしょうか。
hariday

人生いつでも前向き・前のめりで行きたいものです。
そんな自分の将来の夢は、ニートwith不労所得ですけど。ぬうう。



スポンサードリンク