・立秋を過ぎた途端に、朝晩あからさまに涼しくなってなんか草。
夜中にくしゃみで目が覚めてしまいましたよ。
けど突然の気温の変化にも大丈夫。そう、コイツがあれば!
20171230_着る寝袋
ここまで完璧に着込まなくても、下半身突っ込んでるだけで大分違います。

しかし日中はまだまだ暑いですねえ。数日前に比べればずいぶん楽ですけれども。
日中というか、明け方からワナの見回りしてるだけで汗ばんでしまいますが。
早く秋が来てほしいものですけれど、ここ数年は残暑が酷くて秋なんてない状態ですが果たして今年はどうなる事やら。

・で、その見回りを今日も今日とて行なってたんですけれども。
とある山道の奥に仕掛けたワナへ向かって歩いていたら、なんか昨日までと様子が違うし。

20180808_061508
めっちゃ草が倒れてました。
どうやらイノシシが寝っ転がったかなんかした様子。でもこんな道のど真ん中とは珍しいですねえ。
そしてそのすぐ先で
20180808_061445
そのまたすぐ先でも
20180808_061431
なぁにコレェ・・・

・イノシシが10数メートルくらいローリングしながら通り過ぎたんでしょうか。
それとも群れでまとまってひと眠りしたらこうなるんでしょーか。
この時点で、なんかでっかい生き物が通ったりしたんじゃあるまいな、などと嫌な予感がしてました。

で、そのまたすぐ先で。
20180808_061408
木がめっちゃバキバキに踏み砕かれてるし。

えー、もうマジですかよ。
一応当地はツキノワグマが出なくもない地域ではあります。
偶に町内放送でクマの目撃情報とか流されてたりしますし、他の猟師さん達からも、箱ワナにクマが入ってたーとか、くくりワナに掛かったシカを半分食われたーとか、そんな話を聞いたりしてますけれども。実際に生クマを目撃したことはまだないですが。

えー、やだもー。
護身用のアイテムなんて有りませんよ。ワナの見回り中にナイフや鉈の類なんて持ち歩きませんし。
精々の気休めとして、穴掘り用の山菜ナイフを握りしめつつ更に先へ。

この辺りで、ふと冷静になったりもしましたよ。
そもそもツキノワグマって、そんなにデカくない。
ジャンプ育ちのアラフォーなもので、某クマ犬マンガのせいでクマ=バスとか4tトラックくらいのサイズがありそうに思い込んでるんですけれども。
ツキノワグマなんて精々が人間大。里山に住む動物ー、みたいなタイトルで展示された剥製を見たことがありますが、ヘタすりゃ隣りに並んでたイノシシの方がデカいくらいでした。

そんな事を考えながらカーブを曲がったその先に。
20180808_061020
はい、くっきりとした轍デスネー。

軽トラとかジムニーとかが通っただけのようでした。

・というワケで、以上はぜんぶ冗談です。
そんなまさか、動物と車との痕跡を見間違うとか、そんな事がある訳ないじゃないですか。
知ってるよわざとだよついだよ。猟師なのよ、あたし?はい解散。





スポンサードリンク