・以前、電気シェーバーはフィリップスの品を使ってました。
型番とか忘れてしまいましたけど、見た目こんな感じだったような。



剃り心地とか何も不満のないまま5年以上は使っていましたが、だんだんと電池の持ちが悪くなってきました。持ちが悪いというか、充電が出来ないというか。充電ケーブルを挿したままにしておかないと超弱々しくて全く剃れない。

調べてみたら、中のバッテリー(というか充電池)を交換出来ないこともないようでしたが。
精密ドライバーとか持ってないしメーカー非推奨ですしそもそもキッパリ面倒くさい。
本体もゴツくてもーちょい小さくて携帯しやすい機種が欲しいと思っていましたので、見切りをつけて新しいシェーバーを購入したのが去年の正月。

・それがこちら。



実物はこんな感じ。
20181008_160213

※こちらの機種もかなり気になったんですが。乾電池式ということで、エネループとか充電器とかモノを増やしたくなかったので断念しました。


・で、購入したこちらの商品はUSB充電式、プラグは本体下部に収納されてめっちゃコンパクト。携帯用巾着も付属されて持ち歩くのにも便利です。同じような機種は幾つかあったんですが、レビューを読んでるとどれも一長一短な感じで。お値段はどれも2千円足らずでしたから、物は試しにということでフィーリングで選んでみました。
当時、Amazonで取り扱いを初めて間もないということでレビューがゼロ件でしたがまあ似たようなものでしょうし。軽い気持ちでポチっとな。

それが間違いだったんですけれどもね?


・使い始めて2カ月程度で、外刃の網が破れました。
いくらなんでも早過ぎるだろ、と思いましたが、グイグイ肌に押し付け過ぎてた?とも反省し、取り敢えず破れた部分にはテープを貼って応急処置しておいて(別売りの替刃がないorz)、気持ち優し目に取り扱ってきましたが更に半年後にまた外刃が破れて試合終了。

こんな感じに養生テープを貼ってましたが反対側にも穴が。
20181008_160235
これを同様にテープで隠すと、剃れる範囲が半分程度になってしまうので流石にこれ以上の使用はむーりぃー。

ちなみにテープを剥がしたらこのとーり。こんなに酷くはなかった筈。どーやら半年の間にガリガリと勢力を拡大してたようで。
20181008_160311

・あとは毎日の掃除も大変でした。外刃のカバーを外したときに、一緒に内刃が外れてしまうときがあって、駆動軸との繋ぎ目にあるちっちゃいバネがゴミ箱に没シュートのスーパーひとしくん状態になってゴミ箱ひっくり返して救出する羽目になることも偶によくある事でした。

20181104_200222

こんなん。普段はかっちり固定されていたんですが。外れる原因やパターンがついぞ掴めないままでした。

シェーバーとしての機能自体には不満はありませんでした。
往復式シェーバーのメリットとして深剃り出来るという点がありますがその通りで。
ただ、一枚刃だったせいか自分の剃り方が悪かったせいかは判りませんが、アゴの下とかに剃り残しが時々生じて、数日気付かず数ミリに伸びてしまうと何回当てても剃れなくなってしまい、そんな時には仕方がないのでT字カミソリ使ってキレイにしてました。

・そんなこんなで一年保たなかった品に代わり、新たに購入したのがこちら。



先々代と同じ回転式。フィリップスに比べてお値段お優し過ぎでむしろ不安になってきますが、レビューは評価高くて実際に使った感じも文句なしです。
往復式に比べて振動が小さいので手にも耳にも優しく。円を描くように動かして剃るので時間は掛かるし深剃りも出来ませんが、広くゆっくり動かすおかげか剃り残しも出ないです。
実物は以下のとおり。

20181008_160355

20181008_160614

20181104_204123

ネジ式の外刃を外すと、中は内刃パーツのみ。お手入れもめっちゃ楽です。
充電はコンセントプラグ。先代はUSBでしたが、ほとんどの充電は家で変換アダプタ使ってコンセントでやってたので意味なかった。
サイズは先代に比べると嵩張りますけど十分に許容範囲内ということで。
使い始めてひと月ほど経過しましたが、これは良い!
あとは少しでも長持ちしてくれることを祈るばかりです。まあ値段が値段ですから高望みはしないんですけれども。





スポンサードリンク