・自分の住んでる集落では春と秋の年2回、皆で集まって一斉草刈会を実施してます。昨日行われた、春の部の草刈会の様子を一部紹介。

まずは予め、草刈機で使用する混合油を用意しておきます。
P_20190603_064549
10リットルの携行缶×2。通常の草刈機のタンクの容量は大体500ミリリットル程度ですので、これで都合40台分。

エンジンオイルを投入ー。1缶当たり400ミリリットルで、混合比率は25:1となります。
P_20190603_064702
草刈機の機種によって混合比率は50:1だったり25:1だったり混在しています。混合油だけに。そんな時には、或いは比率を忘れてしまった時にはエンジンオイルの多い25:1にしておけば間違いないです(推奨量より少ないとエンジンが焼き付く)。

ちなみに。
普通はこんな感じの混合容器を使って、草刈機へ給油のたびに作成するものなのですが。
一斉に大量に使用しますし、何よりめんどくさいという声が大きいのでこうして作り置きしてます。


エンジンオイルを入れた携行缶を持ってガソリンスタンドへゴー。
P_20190603_192648
セルフであろうと、携行缶への給油は店員さんにお願いしないといけません。車へのセルフ給油はよくて携行缶はダメな理由をちょちょいと調べてみますと、「規則だから」でしかないとの事でううむ。ついでに知ったのですが、セルフ給油の店だと店員さんによる給油さえも断られる場合も店によってはあるそうで。自分の利用する店舗はそうでなくて良かった。

・草刈会当日の様子。
P_20190609_114305
いつぞや書きましたが、当集落は別荘分譲地。在住者は僕自身を含めて7世帯しかいませんが、草刈会や総会の時にはこうして他の所有者の方々も来てくださいます。
高齢化の影響で年々参加者が減少しつつあるのが悩みどころ。

そして肝心の掃除してる様子を撮影するのをド忘れするのはいつもの事です。
自分は毎年毎回、集落に入ってくる道の側溝掃除が担当。熊手やらレーキやらを使って積もり積もった落ち葉やドロを掻き出します。
普段やり慣れない作業のお陰で手の皮がズル剥けるの図。
P_20190609_114314
手袋はしているのになんたるイリュージョンか。

2時間程度の草刈が終わった後は恒例のお食事会。
P_20190609_115344
飯!食わずにいられない!
メニューは不動のカレーとサラダ。

今年は適度に曇ってて気温も湿度も低めで、絶好の草刈り日和でありがたい事でした。毎年こーだといいんですが。
次回、秋の部は10月後半開催予定。涼しくなっていて然るべきなんですが、例年残暑が厳しくて大変なのでどーなることか。



スポンサードリンク