いらすとやシカ親子

・数日ぶりにシカゲット。したはいいんですが、今日は水曜日ですなあ。
P_20190710_052526
今シーズンの有害鳥獣駆除開始以来、偶然ですが毎週火曜日にゲットしてきてて週1ペースを維持していたんですが。
いやさ、先週木曜日の惨劇。あんなものは年に1回起こるかどうかの不幸な事故。捕獲はならずとも片腕もいだんだから実質こちらの勝利。すなわち週1頭以上のスコアをキープしていると言っても過言ではないかと。
ならばよし

・ワナの掛かり具合。
P_20190710_073518
あーぶーなーいー。
爪先にギリギリ引っ掛かってる状態。これこそよく千切られなかったものです。
ここに設置しているワナの踏板は、普段はもーちょい上の方までワイヤーを跳ね上げてくれるんですけど。設置位置が悪かったのかな。反省。

それにしても、めっちゃ木に絡みついてくれましたなあ。発見時にめちゃめちゃ暴れ倒してくれてたから嫌な予感はしてましたが。
頑張ってほどいた結果がこちら。

P_20190710_073708

ぐはあ。
ここまでクッチャンクッチャンにされるのも珍しい。ていうか最近珍しい事例のオンパレードやんけ。もっと普通に大人しくお縄に付けと言いたい。

・そう、珍しい事例すなわち先週の惨劇。アレと比較すると、何故に今回無事だったのか。
<獲物のサイズ>
 でっかい。すなわちパワフル
<地勢>
 前回に比べれば、まあ傾斜地
<ワナでくくった位置>
 爪先。前回は手首(正確には違いますけど)
<ワナの損耗>
 前回無傷で今回全損。それだけ負荷が掛かりまくった証拠

ぬう。今回逃げられてた方がまだ納得できる話です。いやできませんけど。
ていうか、前回で駄目ならシカという種族をくくりワナで捕獲すること自体が不可能、てなるくらいにイージーな状況でしたというのに。
何ー故ーだー。
マジで年1回の不幸なノルマなのか。呪いか。のろいのノルマ、略してのろマってか。草も生えん。

・気になる点を挙げるなら、ワナでくくった足が前回は後ろ足で今回は前足、という事でしょーか。
イマジン。
前足がくくられてる状態で走って逃げようとしたら、つんのめってひっくり返って、衝撃はシカの全身や地面に分散されます。
一方、後ろ足がくくられてる状態で走って逃げると、くくられている箇所一点にドカーンと衝撃が集中します。
そう考えると、後ろ足をくくった前回の方が足が千切れる可能性は高かったと言えますが、
けど今まで獲物を後ろ足でくくった事なんてなんぼでもあるっちゅーねんというワケで、疑問は解けることなくふりだしに戻る。

あんた、足を千切って逃げるほどのパワーは無いじゃろがい、と。
必死こいて逃亡に成功したシカからすると余計なお世話でしょうけど。気になるものは気になる。

・そんな感じでグチグチ疑問を口にしてたら。パイセンから一言。
「まだ体が出来て無くて、骨格が弱かったんじゃないの」と。

・・・おお。
その発想はありませんでした。
なるほど、パワーは無くとも体が脆いせいで、ちょっと気合入れて頑張ってたらうっかり千切れちゃったー、みたいな。真偽は分かりませんが、そーゆう理屈なら納得できるかもしれません。

それではそれはそれとして。
質問:今後、先週のような悲劇を回避するにはどうすればよいか?
回答:後ろ足ではなく前足がワナに掛かるように頑張る

分かっとるわぃンな事。
より商品価値の高い後ろ足(モモ肉とか)を守るために、前足でワナを踏むよう日々精進してるんですけどねー。もういいや。年1ののろマで。



スポンサードリンク