・今日の帰り道、法定速度を遵守してらっしゃるトラックの後ろを適当に車間距離をとって走ってましたら、ふと気付くとマイラブカーの超真後ろに白い乗用車がピッタリ貼り付いてきてました。
えい厄年め。関係ないか。稀によくある事です。

・普段こうゆう手合いに絡まれたら、
「ああ、ウンーコ漏れそうなのね大変ね」と見なして同情目線でサッサと道を譲ってしまうんですが。
今日の場合だとすぐに前のトラックに追い付いて挟み込む形になって、それもなんだか気持ちが悪い。てかそーゆうこと見て判らんのかコイツ。
どーしたものかと考えつつ少し走って後ろを確認すると、いつの間にやら見えなくなってました。

ああ何処かで曲がったのか、でもだったらそんなに飛ばさんでもと思いつつスッキリ気分でいたんですが。さらにしばらく走ってひらけた地点に出ると、はるか後方にその白い車が走ってるのが見えました。その後ろには3,4台の車が数珠なり。
自分と前のトラックは変わらず60kmキープ。なんでまた一転してあんな遅くなっているのかと時々後方を確認してたら、とあるカーブで思いっきり対向車線にはみ出たり、逆にガードレールすれすれになってたり。そこまで見てようやく察しました。居眠り運転してやがる。

・うっわどうしよ何処かに退避するべきか。でも退避してきた処に突っ込んできたらヤだなあ。
そんな余計な心配してたら赤信号に引っ掛かりました。迫る白い車。ドキドキしましたけど普通に停車しました。セーフ。
ところがぎっちょん、その先の右カーブで左に大きく膨らんで縁石ギリギリ。かわしてセンターラインオーバー。全然あかんやんけ!そして続く長い下り坂。グングン迫りくる白。

厄年ィ!?

わりと真剣に叫びましたよ。

・もうマジ無理ィ。Y字路にて脇道に退避。幸いに後をついてはきませんでした。
ちなみに本道はその先カーブなんですが、別れてすぐにクラクションが鳴り響きまして。
「やったか!?」と思ったんですけど、しばらく先の合流箇所にてトラックの後ろを走っていく白い車が見えました。ちっ。

自分はその後またすぐ曲がってお風呂に行ったので、その車がどーなったかは存じません。
しかし堪りませんなあーゆうの。途中何度かは覚醒していた筈。わりとあちこちに休憩できる、むしろ休憩用に設けられた路側帯だってあるのに何故利用しないのか。

いやこの場合、ヤバそうと思ってるのにさっさと逃げなかった僕がアホでした。これで何かあったらホント目も当てられない話でしたよ。ブログのネタになるとか思ってはいない。



スポンサードリンク