P_20190906_055103-1305x979

・言ってるそばからっしゃあああああああああああああ!!

おっとあんまりハシャがない。こうなるであろうことを、この私はあらかじめ予測していましたのでねフフン。
でもまた随分と小っちゃい猪です。アナグラムしたらちゃっちい猪。あまり変わりませんなあ。日本語の妙。
それはともかく、出来れば報奨金的にも会社の都合的にもおっきい鹿の方がよかった…いや何でもない。
贅沢は言いません。
例の件の前、最後に獲物を仕留めてからおよそ2ヵ月振りの一人での狩猟。
復習の意味でも復讐の意味でも、むしろ丁度良い相手と言えるのではありますまいか…!
むう、何だか上手いこと言いましたよ自分。冴えわたってます。

とにかく15キロも無いであろう、ウリ坊に毛が生えた程度の子猪。
牙が生え揃ってるワケでもなく、これなら万一不覚を取ったとしても大ケガで済みそうです。

power

・そんなワケで、いつぞやの新兵器をようやっと投入です。
P_20190906_074548-816x612

望遠レンズはどーしたと疑問されるかもしれませんが、今回は使用しませんでした。
見晴らしの良い現場のために遠目でもしっかりワナが掛かっていることを確認できましたし、先の記事で申し上げた通りそこまでアレコレやってる時間的余裕が無いのです。なのでまた今度。

それを言うならこの鼻くくりだって使う程の相手でもないんですけど。
必要な場面になってから初使用するのも生命健康的にアレなので、今のうちに試しておきます。

組み上げた状態。
P_20190906_075150-816x612

むう、シンプルにして機能的。まるで塩ビパイプの先にくくりワナが据え付けられているかのような。
上の黒いのは運搬用のソリ。止め刺しの際には盾として前方にかざしておきます。
例の件の時にもちゃんと構えておけば、もうちょっとマシで済んだかもしれませんでしたが今更言ってもやむなし。



パイセンの体験談によると、鼻をくくった瞬間に明後日の方向へダッシュされて危うくロープを掴み損ねるところだったとの事。なのでこんな感じで最初から近くの木に結わえておきます。

P_20190906_081117-816x612

・準備万端。いざ実戦。あるいは実践。

次に、ウリ坊もどきの死体をガッツリ掲載してますので閲覧注意ー。


































はい、こんな感じに仕上がりました。

P_20190906_080739-816x612

猪の行動範囲の際っ際の辺りで構えておいて、いざ突っ込んできたならえいやっと突き出せば、勝手にど真ん中に命中してこーなります。
あとはロープをワナをくくった木とは反対方向に手繰り寄せれば自然と猪は身動き取れなくなって、プスーするのも容易という塩梅。

けどこんなナリのチビッ子でも大した衝撃でしたよ。これが50,60キロになるとどーなるのやら。ましてや70,80キロやそれ以上ともなると。
本当、気を付けないとマジ怖えー。

・きれいな顔してるだろ。死んでるんだぜ。これで(激・不謹慎)。
P_20190906_081200-816x612

猪は死んだら目を閉じてくれるので正直助かります。
鹿は目を見開いたままなので、つぶらな瞳がガチでガラス玉みたいになっていく様子は結構クるものがあります。流石に今では慣れましたけれども。表情筋とかの関係なんでしょうかね。

こんな風に掛かるんですねー。思いっきりバックされたら引っこ抜けそうですけれども。
パイセンの場合は40キロサイズの猪で同じ具合で、でも牙に引っ掛かって抜ける気配は無かったとのことで。なら大丈夫なのか…?

使用感といたしましては。
鼻くくり単体の重量は大したことないように思えるのですが、2m近い塩ビパイプの先に取り付けて反対の端っこを持って構えていると結構重たいです。
これに盾を支えながらだとフラついてしまって宜しくない。
もっと真ん中を持ってしっかり構えるべきなのですが、それ即ち猪に接近しないといけないワケでどーしたものか。
柄の塩ビパイプを連結して長くして、石突的なアンカー付けてバランスを取るのも一手なんですけど荷物が増えてしまうのも何だかなーと。
頑張って握力を鍛える?なんだかそれが一番いい案な気もしますけれど差し当たっては検討課題。

・吹っ飛ばされた踏み板。
P_20190906_081345-816x612
くくりワナに掛かった猪はとにかく周囲を掘って掘って掘り返しまくります。
なので地面に埋めている踏み板や落としリングは土ごと彼方へ飛ばされてしまいます。
今回は猪が小さい・掛かった時刻が恐らく早朝で掘り返しが少ない・斜面が緩やかで遠くまで落ちていかない、という好条件でしたのでせいぜい5mほどの距離でしたが。
そうでないと、見つけるのが大変です。踏み板部分は安くても数千円はしますので、使い捨てるには勿体ない。

なので、そんな時でも捜索がたやすいオリモの弁当箱が好きなのです。
四角いので転がっていかない・落としリングと踏み板が一体化してるので紛失しづらい・ギンギラギンにさり気なく自己主張したカラーリングなので土や草葉にまみれても見つけやすい等々。
くくりワナとしての性能も含めて、これまで試してきた機種の中ではココのが個人的にNo.1。
サンキューオリモ、フォーエバーオリモ。今後ともよろしくお願いいたします。



スポンサードリンク