・ウリ坊との熱き死闘から一週間。
あれ以来また不猟が続いているのですけれど、まあまだあわてるような時間じゃない。
一週間くらいなら僕としてはざらにある事ですし。
けど流石にあんなちょぱっちいウリ坊一匹では、会社の在庫的にも報奨金の額的にもまるで足りません。今週末の三連休はまるっと休みを頂いてるので獲物をゲットするなら明朝が最後のチャンス。他t飲む来てくれ、連休の軍資金…!

・それはさておき先日の見回りの最中にこんなものを見かけました。

P_20190910_070155-816x612
P_20190910_070143-816x612
すごいキノコキノコした、食いでのありそうなキノコ。

初めて野生のキノコを見たのは何時の事だったでしょうか。
小学生の頃の課外授業で見かけたりしたのかもしれませんがまるで印象に残ってません。
はっきり覚えているのは、畑仕事をしている折に腐葉土の中からひょっこり頭が出ているのを見つけた時。日当たりの良い畑のど真ん中でも生えてくるものなのだと感心しました。

ワナ猟で毎日のように山林を歩き回ってる今となっては、もはや冬期以外は年中どこかしらで見かけるありふれた光景となってしまいました。
大概はしょぼい見た目のどーでもいい雑魚キノコですが、偶にこんな感じで目を引くキノコがある日突然生えてきたりして、スカが続いて朝から荒んだ気分を癒してくれることもあります。

・例えば今朝なんて、こんなごっつキレイなキノコを見付けてみたり。

P_20190912_065229-612x816
シャフトのブツブツが良い仕事しそうな造形をしていますなあ。

悪目立ちしまくりの驚きの白さ。周りを見渡してもこれ一本しか生えて無くて不思議です。胞子ひと粒がどこかからフワフワ飛んできたんでしょーか。

周囲をもそっと探ってみたら、今度はこんなん出てきました。

P_20190912_065430-816x612
P_20190912_065422-612x816
うおお。訳も無くテンション上がってきます。
彼我の距離間はこんな感じ。
P_20190912_065548-816x612
もそっと近くに生えてたらインスタ映えとかしたでしょーに。

結局目ぼしい獣道も見つからず、てくてく元来た道へ戻っていく途中にまたゴツいのが。
P_20190912_070210-816x612
さっきの白いのと色合い似てるなーと思って眺めてましたが、これシャフトのブツブツ的に考えて同じ品種でしょうかもしかして。
なんと。あんな御立派様だったのがまさかの子供キノコでしたとは驚きです。チョット憧れちゃいますね男として。

・せっかくなので、これまで見回り中に目を引かれて撮影してきたキノコ写真を幾つか。

20181014_072305-960x720
20181014_072325-960x720
細っ。
もうちょっとしっかり食べろと言いたくなります。
よくこんなんで立って居られるな、と。実際ちょっと突いたらポッキリ折れた記憶があります。すまぬ。

20180923_083324-960x720
20180917_113856-960x720
どちらも色合いがヤバかったキノコ。断じて食べてはいけないと、言葉ではなく心で理解できました。
特に上の方なんて、木製の子供のおもちゃが落ちてるなーと思ったくらいにどぎつい赤と白のコントラストでした。

20180923_082833-960x720
20180923_082843-960x720
キノコが裏返ったァッッ
きっと台風のさなかにでも生えてきたんでしょうね。

20181002_145335-960x720
20180917_064836-960x720
20180917_124352-960x720
めっちゃ群体。

20180923_093544-960x720
20180923_093522-960x720
デカァァァァァいッ説明不要!!
見かけた時にはギョッとしました。これもキノコなんだと理解するまで10秒くらい要したよーな。
2枚目は、大きさ比較のために帽子を並べてみた写真。別に安室奈美恵ばりの小顔をアピールしているワケではありませんので念の為。

20180917_085329-960x720
20181019_094426-960x720
20180928_064734-960x720
20180928_064749-960x720
美キノコ四連。後ろ2枚は同じキノコの別角度ですけれども。
自然の造形美。
これらが日々の移ろいに併せて徐々に萎びて朽ちていく姿もいとあはれ。

・ちなみに品種とかはさっぱり判りません。
図鑑片手に観察するのも楽しいのでしょうが、そんな時間はきっぱりありません。いと哀れ。



スポンサードリンク