・昨日。
会社の忘年会およびクリスマスパーティーを兼ねた昼食会が、いつぞや紹介いたしました丹波ワインハウス様にて開かれました。


お店の佇まい。ワイン工場の中に建てられたワインショップ。
P_20191224_142203-816x612
入ってすぐが直売コーナーになってます。
P_20191224_141924-816x612
レストランの窓からの眺め。葉がすっかり落ちてしまって寂しい光景ではあります。
P_20191224_131651-816x612

お品書きー。
P_20191224_123336-612x816
今回出てくるお肉は全て弊社から納めた商品です。こういうのも自家消費って言うんでしょーか。

食前酒ならぬ食前ジュース。仕事中ですので。
P_20191224_123955-612x816

林檎ジュースか何かに見せかけつつ、しっかりブドウジュースです。
こちらのワイナリーでは自社農園で収穫したブドウは全てワインに使用しているそうで、長野から仕入れたブドウで製造されたジュースとのこと。
甘いけどスッキリした飲み口で美味しいです。

前菜。
P_20191224_124110-816x612
左がシカのモモ肉の、言ってしまえばチャーシューみたいに調理した料理。右がイノシシの背ロース。
ちなみにこのイノシシ肉ですが、この程度の脂だと出荷先から苦情がくるレベルの薄さとのことで弊社の冷凍庫にて数カ月眠っていた品。
いやいやトロッと甘くて濃厚で十二分に美味しいです。こーゆうのでいいんだよこーゆうので。

パン。おかわり自由でしたがほどほどに。
P_20191224_125233-816x612

シカ骨で出汁を取った、京野菜入りスープ。
P_20191224_125657-816x612
ジョッキでいきたかったです。

そしてメイン・ディーッシュ!
シカの骨付きモモ肉のグリル。
P_20191224_131148-816x612
流石に一人分ではないですが。
お肉の下にはグリルした京野菜が敷かれています。
黒くて丸いのはムカゴ。シカの落し物だとか一瞬でも思った人は、うちのパイセンと同レベルだと知りなさい。

シェフ自ら目の前で切り分けて下さるサービス付き。テンション上がりまくります。
P_20191224_131305-816x612
P_20191224_131445-816x612
P_20191224_131933-816x612

外モモ、内モモ、シンタマ、ランプ、ハバキにスネ肉。
シカの後ろ足のいろんな部位が食べ放題です。
1回目。
P_20191224_132303-816x612
2回目ー。
P_20191224_132940-816x612
この辺でそろそろお腹はち切れ気味になってきましたが、最後にもう一切れだけ頂きました。
パイセン方は4回くらいおかわり行ってて半端ねえ。

デザート。
P_20191224_135647-816x612
濃い目のベイクドチーズケーキは大好きです。生まれて初めてニューヨークチーズケーキを食べた時には、この世にこんなに美味しい食べ物が有るのかと感動したものです。
でもこの日のデザートは、塩のかかったアイスが新鮮な味わいでした。

・こんな感じで、御馳走様でしたー。
シカの背ロースが無かったのは残念ですが、最近ホテル○ークラさま(伏字)始め各所から注文入りまくりで在庫ゼロ、自家消費の余地が無かったからしゃーない。また来年に期待です。



スポンサードリンク