・朝から結構な量の雨が降ってますけどそれはそれとしていつもの見回り。
幾つめかの現場にて、

P_20200413_063128

まさかの早々の黒星ふたつめ。ええー……

前回とは別の現場で、シチュエーションも全く違います。
地盤はしっかりしてるし被せた枯葉は適量ですしバネが斜めってるとかでもないですし。
そもそもここってマイ定番スポットなのですよね。定期的にチェックしに来て、シカの新しめの痕跡があったらそろそろイッとく?みたいな。そんなノリで仕掛けても3回中2回は半月以内に獲物が掛かる、いまだに片手に余る程度しか見付けられてない良猟場です。

なのに、ここで外すかー…なんでだろ。
前回のような、足を引っ張ったらワイヤーから引っこ抜けたという様子は見られません。その場でガッシャンと弾けた感じ。枯葉の中に小枝でも混じってて引っ掛かりでもしたのでしょうか。その辺り細心の注意は払ったんですが。

あるいは人間が踏んだのかも知れませんねえ。フェンスが見切れてるのがお判りでしょうか。草ぼうぼうで誰一人として利用していない様子の廃公園の端っこと、その奥に広がる野原との境目にあるのがこの現場。一般の人は来なくても、それこそ他の猟師さんとかが通った可能性はあります。思いくそ目立つように鑑札下げてるから気付いてもらえるとは思うんですけど。

結局のところ真相は不明。普段空弾きした時にはワナ1個分ほど位置をズラして掛け直すのですが、今朝は雨が強すぎてあまりあれこれしたくないです。さしあたりワナをそのまま同じ場所に設置して、枯葉だけをキチンと選別して隠蔽し直しておきました。

・その後、別の現場にて。

1586730849886

えぇー。まさかの2連敗!?
ここもフェンスの傍ですので同じ所に見えてしまいますが、2km以上は離れている全く別の地点です。
先刻の現場とは違って、ワナを引っ張って抵抗した形跡が見受けられます。
周辺をしばらく検分していますと、とあるモノを発見。

以下、閲覧注意。


1586730966018_copy_657x476

なーんだ、足が千切れただけじゃないですか。ああ、あるある。くくりワナあるある大賞。

・どーやって逃げたのかはすぐ判明しましたが、なぜそうなったのか。
遺された足先のサイズから見るにさほど大した体格の獲物ではなく(ただしバンビちゃんよりは遥かに大きいことは確かでファッキン)、足を千切るほどの体重もパワーも無さげです。地形はほぼ平坦でワイヤーはギリギリまで短く設置したので勢い付けてぶっ千切ることも出来ない(はず)。

じゃあなんでやねんと申しますと、これが反省することしきりなんですが。
2枚目のワナの写真。輪っかが思いっきり絞り込まれまくってるのが判るでしょうか。獲物を過剰に締め付けることを防ぐための、そのものズバリな名称ですけど締め付け防止金具というものをくくりワナには取り付けているのですが。それが先日の改修作業の際にしっかり固定出来ていなかったようで、緩んで効いてませんでした。Oh……。
しかもワイヤーが関節の絶妙にいい所(悪い所)を締め付けたことで、相乗効果を発揮して上手い具合に(マズい具合に)ブチンとイッちゃったみたいです。ぬうう。シカには申し訳ないことをしてしまいました。まあ本来もっと申し訳ないことするつもりでしたけど。

・締め付け防止金具をギッチギチに固定し直してからワナを再セットしておきましたが。
こんな整備不良はこの1基だけだと信じたい。ここ数頭獲ったワナは全部ちゃんとしてましたし。
万一に備えて明日の見回りの際に全基チェックはしますけども。
それにしてもぐあああああ。

日に2度

サーセン。



スポンサードリンク