・献血。
安全安心にデトックスとダイエットが出来るだけでなく、社会のお役に立てているんだという自己肯定感までお手軽に得られるお得なシステム。
その献血に最後に行ったのは、半年以上も前の昨年12月上旬のことでした。
明けて2月の中旬には次の献血可能日を迎えていたのですが、それに気付いたのは3月過ぎ。もうコロナ問題がだいぶ大きくなっていた頃で「三密」という言葉がもう出回っていたかはちょっと不明ですが、いずれにせよ大都会・京都市内の献血センターに出向くのに腰が引けてしまいそのままズルズルとまた数カ月が経過。
緊急事態宣言が解除された今ですが、引き続き三密回避のために献血センターを利用するには事前予約をする方式になってるそうで。それもまたメンドいなあと億劫がっていましたところ、本日買い物に行った商業施設にたまたま献血バスが来ていたのでこれ幸いと一発抜いてスッキリしてきました。

P_20200705_133011_copy_612x459
外の様子を撮影し忘れましたので中の様子。
普段と特に何が変わるわけでもありませんけど。

と・思いきや。ひとつだけ手順が改変されていました。
受付のあと、血圧測定・問診ときて血液の濃度を調べる事前採血があるのですが。以前は注射器を使って腕の血管(本番採血するのと反対側)から血を抜いていたのが、薬指の横にチョンと針を刺して血を一滴だけ採取するやり方に変わっていました。

P_20200705_133021_copy_612x459

より安全安心になりました云々の説明書きがありました。実際それはそうなんでしょうけど、痛みに関してはあまり変わりませんな。結構チクッときました。泣きませんけど。
その後は何事もなく終了ー。次回は9月下旬以降です。

P_20200705_142804_copy_612x816
今回頂いたお礼品。
こーゆうのこそ変わってほしいんですけれども正直言って。額面100円でもいいからクオカードとか。昔の売血問題を避けるために金券類による対価はダメなんでしょうけど、だったら献血カードとマイナンバー結び付けるとかして本人確認を徹底すればいいじゃん(いいじゃん)。

ちなみに真ん中の青い液体の入った注射器っぽいのはボールペンです。インクが薬液のようになってるのかと思わせておいて実は全くそうではなくて、青い液体はただの演出。飾りです。
液漏れしないよう密閉されてますけど、これ落として割れたら床板に染みたりしませんか。車内放置してたら高温で破裂すること疑いなしなんですけど。
角が立たないよう曖昧な言い方で逃げますが、こーいうセンスは駄目だと思う。偉い人にはそれが分からんのでしょーか。ぬうう。



スポンサードリンク