・出猟中の作業着に使用しているレインウェア。
最近だいぶんくたびれてきていましたが、洗濯すると中の生地がボロボロと千切れて他の洗濯物が破片まみれになるようになってきてこれ以上いけない。そんなワケで新たに買い替えることにしました。

P_20200711_162745_copy_816x612
っかれっしたー。
写真だと判りづらいですが、中間層の劣化の他にも表面あちこち引っ掛けてたり生地が薄くなってたり。雨が降ったら全身わりとしっとり感が出てましたので、考えたらもっと早く交換するべきだったよーな気がしなくもなし。狩猟を始めて4年と少しで、今回3着目の作業着。つまりは2年程度で寿命を迎えている感じで、まあそんなものでしょうか。

あっ、そうだ(唐突)、いつぞやペタペタ貼り付けるだけの補修シートで修繕したレインウェアのズボン。あれから毎日のように着用し、何十回と洗濯してきましたけどついぞ剥がれる事もないままでした。
P_20200711_163137_copy_816x612
さすがに端っことか怪しくなってましたがそれだけ。大したものです。失礼ながらちょっとビックリ。次の作業着でも使おう。

で。
その過去の補修した記事を探してて気が付いたんですけど。
本日7月11日をもって、クソ猪に敗北した日からちょうど1年でした。ハッピーアニバーサリー!
って、やかましいわ我ながら。忌々しい記憶を図らずも掘り返してしまったで御座るの巻。
そこら辺の茂みで引っ掛けて破ったか何かと記憶を改ざんしてましたよ割と自然に。ちょっと怖。

・閑話休題。
新たなレインウェアを求めてWORKMANへレッツらゴー。
何故レインウェアなのかと申しますと、普通の作業着とか着てワナの見回りやら獲物の止め刺しに行ったら朝露とか泥とか返り血とかでえらい事になるからです。
気ままに着替えて気軽に洗濯できるなら、普通の恰好の方が涼しくていいんですけど残念ながら自分の場合そーではないので致し方無く。せめて透湿性能が高くて少しでも蒸れにくくあれかしと、いわゆる高機能レインウェアをいつも購入しています。

お店で見つけた新旧商品を比較ー。
P_20200711_161146_copy_816x1088
左が前回、前々回と同じ商品です確か。透湿性能は5000。そして耐水性は変わりませんけど透湿性能が倍の10000、初めて見る商品が右。お値段は左が4900円、右が見切れてますけど6900円ちょっと。
プラス2000円で透湿性能が倍というのは果たしてアリかナシか。そもそも透湿性の度合いと快適さとの関係がどんなものなのか判りませんし。大して変わらなかったらちょっと悲しい。
考えこみつつふと目を転じるとまた別の商品がありました。
P_20200711_162417_copy_816x612
お値段は旧商品と変わらず、そして透湿性能は新旧商品の間に相当する8000。ついでに適度に伸び縮みして動きやすいとか何とか。

ほーん中々悪くないじゃんと眺めてたら、その横にちょうど求めていた透湿性能を説明してくれてるポップがありました。
P_20200711_162438_copy_816x612
これを見るに、透湿性能が8000あれば差し当たって問題なさげなのでこれに決定。また2年間オネシャース。



スポンサードリンク