・先日草刈をしていた際、篠竹か何かの切り株が刺さって長靴に穴が開いてしまいました。
P_20200715_175636_copy_612x459
足には穴は開かなかったのでセーフ。でもアウト。朝の見回り中、沢に踏み入るなどするまでもなく朝露がうっすら染み込んできて気持ち悪いことこの上ないです。
5月末頃に買ったばかりの新品ですのでショック。
このまま使い続けるわけには行きませんが、さりとて買い替えるのも勿体ないし。なので補修する方法はないのか調べてみました。

したら、100均の自転車パンク修理キットを使ったりボンドやセメダインを使ったりと、皆さん色々な方法で直している様子。同じ小屋ブログの地球生活NEOさんも黒ゴム接着剤を使った長靴補修の記事を公開されておられました。

・同…じ…?お前まだ自分とこが小屋ブログだと思ってんの?
そんなツッコミをされた画面の前の貴方。
おっしゃる通りですごめんなさい。
まあそんな事はどうでもいいですだってどうでもいいですから。とにかく仕事帰りにホームセンターに寄って黒ゴム接着剤なるものを探すつもりでいたのですが。話の流れで会社のパイセンにふと長靴修理について尋ねてみると、こちらの商品をお勧めされました。



何と何同士でもくっつくし強いし長持ちするし、なにより長靴の補修にも普通に使えるそうです。商品の説明書きにも、完全硬化後は弾力性のあるゴム状ですとあります。ほーん。
そして会社近くのホームセンターに行ってみたら、両方とも置いてありました。
P_20200715_175443_copy_612x816
どーしたものかと一瞬考えましたが、ネットの中の見知らぬ先達よりも敬愛するバイセンの意見を尊重するのが道理というもの。職場の空気というものもありますし。お値段が半額近かったのが理由ではありませんので念のため。

・購入後、ホムセンの駐車場で気にせず補修作業スタート。
穴の周りをキレイに拭いて、
P_20200715_175834_copy_612x459
そのままムニュリと、穴を塞ぐように絞り出してみました。
P_20200715_180117_copy_612x459
このとき夕方の6時過ぎ。そして次に長靴を使用するのは翌朝の見回りすなわち朝の5時頃。
んでもってこのタイミングで説明書を見てみたら、実用強度は1時間後で完全硬化は24時間後とか書いてあってアイタタタ。
ええー。まあやってしまったものは仕方がない。12時間でも問題なければ構わないワケですしだって問題ないですから、ノーガードよりはマシだと信じて果報を寝て待ちました。

明けて朝の様子。普通に固まってます。ちょっとペタペタしてますけど気にせず出発ー。
P_20200716_050928_copy_612x816
見回りを完了するまでもなく。なんだかじんわりシットリしてきてアウチ。
見ればさっそく剥がれかけてました。間に空気が入って白くなってます。まあしゃーない。
P_20200716_060111_copy_612x459

今度はきっちり24時間のインターバルを取れるよう、休日前にリベンジ。
先に剥がれてしまったのは硬化してなかった他に、ぷっくり膨らんでたせいで草とかに引っ掛かったのかも知れないと思い立ちまして。なので今度は薄く塗り広げてみましたよ。それが金曜のやっぱり夕方6時頃のことで、本日日曜日の朝8時頃の様子がこれ。
P_20200719_075929_copy_612x816
やっぱりちょっとペタペタしてます。あれー。

・その後、足跡探してえっちらおっちら山中を練り歩くことおよそ6時間、特に水気が染み込んでくることはありませんでした。見回り後の長靴の様子はこんなん。
P_20200719_140732_copy_612x816
剥がれ落ちたんじゃないですよ。ホコリとか砂とかが付着して目立たなくなってます。ペタペタ感もなくなっていい具合です。ビューティーホー!

とりあえずこのまま様子見です。ちょっと面積狭い気もしますので、次の休みに重ね塗りしておこうかとは思いますが。
実はやっぱりダメで染みたり剥がれたりしてきたとしても、その度に塗り直していけばいいかなって。なんせ接着剤なんてこの4年間カケラも必要性を感じたことのないアイテムですので、このまま置いておいても道具箱の肥やしになるだけですし。使い切ってから黒ゴム接着剤を試そうかと。パイセンにはいい感じでしたーとか言っとけば角は立たないのでめでたしめでたし。



スポンサードリンク