先週土曜日に引き続いて今週もまたイノシシが掛かりました。
しかも今回は前回と違い、割とフリーに動き回れる状況。
有害鳥獣駆除の実績報告の為に生きて罠に掛かっている姿を写真に収めないといけないのですが(何処の(自粛)がそんな余計な手間を言いだしたのか)、その間も例によってガッツンガッツン突っかかって来やがります。

ちょっと洒落にならない迫力ですよコレ。
しかも先週のより間違いなくデカいですし。先週のは中型犬くらいで30キロ弱のサイズでしたが、今日は一回りはビッグサイズです。よく判りませんが50キロはオーバーしてるんじゃないでしょうか。

実は今週からトドメ刺しデビューはしているのですがイノシシは未経験ですので、別行動していた社長&後輩の先輩に連絡。
合流後、イノシシを見た社長が一言。
「小さいな。」
後輩の先輩も一言。
「小さいですね。」

・・・・・・あれえ?

その後、適当な棒とロープを使ってイノシシの自由を奪う技や社長のトドメ刺しの手捌きを勉強しつつ、動かなくなったイノシシを改めますと。

うん、小さい。

先週のと変わりませんわコレ。
実際、会社に運搬して測定したら30キロ未満で同サイズでした。

割りと深刻なレベルでガチびびってたみたいですな自分。
完全に気を呑まれていました。生物的ヒエラルキーで人類>イノシシ>自分な感じでしょーか。
「イノシシは怒っているとき毛が逆立って大きく見えるものですよ」と、後輩の先輩からフォローして頂きましたがどーしたものか。

ちなみに後輩の先輩というのは、自分の日本語が不自由してるとかではありません決して。
4月から新しく働き始めた方で、その意味でひと月半ほどの後輩。
ただし自分より年長者で、一年ほど和歌山で狩猟をされていたのでその意味で先輩。
差し引きすれば圧倒的な先輩ですね。
会社的ヒエラルキーでも最底辺のままですので、なんだか何も問題ない気がしてきましたよ?



スポンサードリンク