・今年の仕事納めは例年より少し早くてすなわち本日でした。めでたい。
終業時刻の少し前、一年お疲れさまでしたーみたいな慰労を兼ねてささやかなシカ肉パーティー。
1608883363087_copy_960x540
うひょーい。シカの背ロースの燻製。

ただあいにくと言うか我が社のお肉ではなく。
ご近所の栗農園の社長さんが銃猟免許を持ってらして、先日北海道へエゾシカを撃ちに行って獲れたお肉を8時間かけて燻製にしたのをお裾分けして下さったのです。

って、金持ってんなぁおい。さすがは丹波栗、ブランドパワー恐るべし。
それはさておきこの社長さん、ウチを何だと思ってらっしゃるのか。そんじょそこらのシカ肉なんて弊社謹製の品に比べたらカスみたいなもんやでって美っ味ーーーーーああい!

なんちゅうもんを食わせてくれたんや…なんちゅうもんを……
しっとり柔らかで臭みもなくて。当地のシカの倍くらいありそうなぶっとい背ロースだもので食べ応えも充分で社員一同大絶賛なお味でした。ははー。御見それしました。

ちなみに。僕の食べたうちの一切れが大当たりでした。
1608883690691_copy_960x540
最初は骨かと思いましたが銃弾の破片。現在主流の銅製ですので、鉛じゃありませんのでセーフ。
ていうか背ロースすなわち背筋から銃弾が出てくるなんて、シャッチョさん何処撃っとんじゃい。頭や首じゃなくて胴体ぶち抜いたんか。

それでもこんな美味しいお肉に仕上がってしまうと、ワナ捕獲に拘るウチの立場が気まずいんですけど。よっぽど上手く、止め刺しして即座に解体処理されたのでしょうか。

・そして終業、解散。パイセン方にはよいお年をー。
その後はクリスマスの晩餐と洒落込みます。さっきのは夕方頃でしたので遅めのおやつみたいなものです。
シカ肉もいいですけど、クリスマスと言えばやはりこれでしょう。

P_20201225_195839_copy_1152x864

まぜそばと角煮丼。異論は認めない。



スポンサードリンク