・気が付けばいつの間にやらキズだらけ曇りだらけで視界の悪くなってたメガネを更新してきました。
曇りというかコーティングが剥がれまくってたのですが。いつぞやのスマホのカメラレンズの再コーティングの際についでにやっちゃおうかなーと思いはしましたが、メガネはやめとけとあちらこちらで注意書きされてたので自重しました。視界の悪さにも慣れきってたし別にいいかなーとも。
けどある日の夜。パソコン画面を眺めてる時に、キズとかない部分を視界に確保するために首を傾げたままポチポチしてる自分に気付いてふと思ったのですよ。こいつバカじゃね?と。それで更新に踏み切った次第。

そこまでボロボロになったのは、別に手荒に扱ってきたわけでもないんですけど。普段山の中とか歩いてる時に木の枝とかバシバシ当たってゴーグル代わりになってくれてたのでそのせいかと。文句なく手荒ですね。あとは汚れに気付いた時に水洗いとかせず即、かつマイクロファイバーとかティッシュとかですらなく上着とかで適当に磨いていたのも悪かったのかもしれません。手荒でないとどの口でほざいてるんですかね。反省はしてます。今度から本気出す。

・初めてメガネを作ったのはメガネの三城で、あれは中学に入ってスグの頃でした。即ちおおよそザックリ概算して大体2,3年ほど前のことですが、それ以来ずっとメガネの三城を利用してきました。Google先生によれば近所(でもないですけど)には眼鏡市場もあるようですが、安いのは眼鏡市場で品質や技術はメガネの三城とのこと。へー。
だったら眼鏡市場の一択で。
となるのが普段の僕ではありますが、ここはあえて品質を選んでみましたよ。店を変えるのが面倒だったとかではないですから。

そんな感じでメガネの三城へゴー。ナビアプリにはパリミキと表示されて知らない間にブランド名変わったのかと思いましたが、東日本だとパリミキで西日本がメガネの三城、近頃は両方を併記するようになってきてるとかなんとか。何故またそんなややこしいことにどうでもいいですけども。
名前と、大体いつ頃どの辺りの店舗を利用したかを申告したら、その場でちゃっちゃとタブレットで検索して購入履歴を調べて頂きました。便利な世の中になったものですねえ。それによれば最新の履歴が5年前の高知県。そういえばそうでしたっけか。その時もレンズの交換のみでした。フレーム変わると耳の後ろとか鼻とか痛くなりますからね仕方ないね。フレームにガタは来てませんので今回もレンズ交換だけ。花粉やホコリが付きにくい+キズに強いという仕様でお願いしました。注文して一週間後に再度お店に行って交換作業して頂きました。5分程度で完了ー。
P_20210207_163756_copy_1152x864
注文の際の度数確認等で試用メガネかけた時も思いましたけど。
まーキレイなレンズだとここまで視界がクリアなのかと。驚くよりも笑っちゃいましたよ。
肝心の先代のメガネの写真を撮り忘れたのは最早お約束というか様式美というか。メガネレンズの寿命は本来は2,3年とのことなので、その時はキチンと記録を残すようにします。覚えてたら。



スポンサードリンク