・今回の帰省の貢ぎ物ー。
猫ハーネス。
P_20220321_132441_copy_1152x864
生まれた時から完全室内飼いなクセに残された野生なのか本能なのか何なのか、外界への憧れを捨て切れずこれまで数回脱走騒ぎを起こしている我が実家のにゃんこ。いずれもおかんがすぐに気付いて追いかけて、外のあまりの情報量にフリーズしてる処を取り押さえて事なきを得てきたそーですが。
それなら管理下の元で外の空気に触れさせることでガス抜きした方がよかろうか、との家族会議の結果を踏まえて購入した次第。

さっそく装着ー。
P_20220321_132931_copy_1152x864
クッソ嫌がってます。まあ首輪ですら嫌がって速攻で引きむしるほどのイラチですからさもありなん。おかんと2人掛かりで取り付けたんですが、これ1人だと絶対ムリですな。ハーネスを付けたら外に出られる、という理屈を把握してくれる日が来ることを期待するしかありません。
先の事は先の事として、いざしゅっぱーつ。
P_20220321_133053_copy_1152x864
しやがらねえ。
目の前で掃き出し窓を全開にしたのにこの踏ん張りよう。普段なら鍵を開ける僅かなカチャリという音にも敏感に反応してくるというのに。

正直ちょっと面白いんですけど。

埒が明かないので、抱えて外に下ろしましたら
P_20220321_133111_copy_1152x864
動かねえ。頑なに。
ならばと場所を変え、普段から来客があるとすっ飛んでいく玄関のドアから出してみたら
P_20220321_133646_copy_1152x864
やっぱり動かねえ。
またも庭へと運んでみたら
P_20220321_133912_copy_1152x864
微動だにせぬスフィンクスのポーズ。
こんなに姿勢よくしてること中々ないですよ?
その後およそ5分間。
カラスの声とか塀の向こうの車のエンジン音とかに一々反応してる様子に草。
普段から窓ごしに、夏とか網戸越しになんぼでも聞いてる日常音でしょうけどやっぱ肌で直接感じるリアルは違うんでしょーか。

んでもうしばらくの後、よーやっと歩き出しました。
匂いを嗅いだりしながら一歩一歩を踏みしめるように移動して、隣の踏み石から庭石に飛び乗って、
P_20220321_134639_copy_1152x864
これですわ。
なんか…ごめん。良かれと思ってやったんですけど虐待風味になってきましたよ。
P_20220321_135612_copy_1152x864
この尻尾を見てくれ、こいつをどう思う?
すごく…ぶっといです…
あかん、マジ怒ってます。臨界っぽいので撤収ー。

・ええー。なんでやねん。
もっと大はしゃぎするかと思って、リードがすっぽ抜けないよう手首にグルグル巻きにして備えたというのに。いつものあの自由への渇望スタイルは何処へ行った。
それとも自由とは勝ち取るもの、与えられた自由など枷でしかないわという心意気でしょうか。生粋の飼い猫の分際で。
あるいは、いきなり普段と真逆の応対をされて不審どころか不穏を感じたとかですかね。満漢全席の晩ご飯、ただし死刑囚!みたいな。

・帰宅(徒歩10秒)後の様子。
P_20220321_140714_copy_1152x864
めっちゃ毛づくろいしてます。よほどハーネスが不快だったようで。
なんならこの調子で外への憧れも喪失してくれたらそれはそれで好都合なんですけれども。

こんな感じで、お庭デビューは散々な体たらくでした。継続するかはしばらく様子を伺ってからで当面は不明。さっきハーネス持って近づいたらフシャーとか言ってましたよ。ぬう。




スポンサードリンク