でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

ネコ

こまめな水分補給が大事

・猛暑が続くこの季節。汗でガンガン流失していく水分をきちんと補給することは命を守るためにも必要不可欠なことですが、他にも代謝・消化・循環・排泄など様々な身体機能の維持という点でも重要極まる行為です。
なので、こまめな水分補給を習慣づけるために自動給水機なるものを導入してみることにしました。
購入したのはこちらの商品ー。



ネコ用やないかーい(ズビシィッ)ですって?
ええ、実家のネコ様のために買ったのですがそれがなにか。

・先々月頃に帰省した際にネコ様を観察していてふと気付いたのですが、それまで大体決まった時刻(早朝)にふんばっていたハズが昼前だったり夕食後だったりと不規則になっていました。母曰く、全くふんばらない日も1,2回あったとかなんとか。食べてるものはメニューも量も普段と変わらず、出てくるモノ自体も特に問題ないとのことで。Google先生に尋ねてみると、飲んでる水の量が少ないとそっち方面の規則性に影響が出るそうです。

水分摂取量の不足には心当たりがあります。
というのも、お皿に入れたカリカリを手でひっかき出してから食したり、あるいは水の入った器をカタカタ揺らして遊んだりと、手を使って食事をするという不作法な点があるのですうちのにゃんこ。特に水の器で遊ばれると周囲がビチャビチャになってしまうので、入れてる水の量を少なめにしてました。それでもって食事の際についでに補充するとか、空っぽになってるのに気付いたらちょっと注ぐとかって感じで。つまりは飲みたいときに飲みたい放題な状態ではありませんでした。
そういった事情から、「水は飲ませる」「器はひっくり返させない」「両方」やらなくっちゃあならないってのが「飼い主」のつらいところですが解決策として自動給水機を採用してみた次第。

・自動給水機。
ポンプを使って水をフィルターで濾過しつつ循環させることで汲みっぱで放置するよりも水を長く衛生的に保つ他、流水がイヌネコの興味を引くことで結果としてより頻繁に水を飲むようになる効果が見込めるそうです。そして給水機がどっしりしてるのでひっくり返されることも(まず)無いという、当方の諸問題を一挙解決してくれる夢の機械。まさに科学万能の時代ですね。

一口にネコ用自動給水機といっても多くのメーカーから多種多様なタイプの機器が販売されています。その中から上記の機種を選んだ根拠は何かと問われますと、楽天市場でトップに紹介されていたからというのがまず第一ではあるのですが、色々な口コミとか飼い主ブログとかに基いて比較検討吟味した結果でもあります。とりわけ参考にしたのがこちら。保護ネコシェルターにて30匹近いネコ様方をモニターに調査した結果、湧き水状に水が出てくるタイプが一番好まれたそうで。
あとは普段給水機を管理する母の都合を考慮して、静音性能とメンテのしやすさ。それら全てを兼ね備えていたのが上記の製品でした。

それでは使用状況を見てみますれば。

P_20200812_162410_copy_612x459


手ェ使ってるぅー!?(ガビーン)

そういえば、普段からお風呂の給水・排水の様子を眺めるのが趣味でしたね。
手でパシャパシャとしばし戯れてからフッと離れたりして、当然ながら足跡状に水滴が続いたりして心中お察しします母上。いえ僕は悪くない。こんなん口コミに無かったですやん。

P_20200814_065454_copy_612x459

水を飲む量自体はちゃんと増えてるみたいです。がぶがぶ飲みふけってる様子を何度か目撃しました。ついでに手で戯れるのをやめてくれれば言うこと無いんですけども。トイレ事情も割と安定しているそうで、そちらの点ではひと安心。
ネコ様自身も給水機のことを気に入って下さっている御様子。

P_20200814_160616_copy_816x612
P_20200814_160719_copy_816x612

これこのとーり、かつて給水機が梱包されていた箱の中に入ることで給水機と一体化しようとなされている…!

PhotoPictureResizer_200814_161255422_copy_816x612

前回奉納したダンシングフィッシュも同様、中身を愛するがゆえにむしろ外箱こそを一層愛でている様子。
あれですな。どんなオモチャより何よりも、紙袋とか空き箱の方がずっと心の琴線に触れるらしいとよーやく判ってきましたよ僕は(一応ダンシングフィッシュの中身と戯れている姿も2回ほど見かけましたが)。

P_20200814_103522_copy_816x612
P_20200814_065751_copy_612x816

まあいいや、何時までも健康でいて下さればそれでよし。

…げる

・帰省なう。
久しぶりに実家のにゃんこ様に奉納品を献上してみました。近くのドンキで購入したパンとサーカス。すなわち食事と娯楽。
P_20200724_140613_1_copy_816x612
娯楽の商品名はダンシングフィッシュ。魚のシャケを模したヌイグルミです。振動センサーで起動する機構が内蔵されていて、リアルな魚の動きを数パターン再現してにゃんこの狩猟本能を刺激するとか。
今まで差し上げてきたおもちゃはネコじゃらしなどの人が動かす系か、あるいは鈴入りボールなど自力で動かす系かのどちらか。自動で動く代物は初めてですのでどんな反応を示すかは未知数です。

P_20200724_140702_copy_816x612
中身。思った以上にリアルな見た目にちょっとヒきます。
シャケとシェイクを掛けたのであろうLet’s SHAKE!ってキャッチコピーはナウなヤングにバカウケしそうなモダンなセンスが感じられます。目の付け所が最尖端みたいな。

P_20200724_140844_copy_816x612
スーパーの鮮魚コーナーを模したっぽいパッケージングもこれはこれで。

充電中の様子。マイクロUSBケーブルは同梱されていましたけど自前のスマホ用充電ケーブルを流用。生のお魚なら丁度ハラワタ抜く辺りにあるマジックテープを開くと電源スイッチと充電口があります。
P_20200724_143924_copy_816x612

充電が完了するまでおよそ1時間を要するとの事で、それまでどう間を持たせようかと思ってましたが、
P_20200724_143501_copy_816x612
P_20200724_143702_copy_816x612
新しい空き箱に夢中になってました。
キャットタワーとかネコちぐらとか高い品を買ってあげたら本体よりも梱包用の箱にゾッコンとかよくある話。一抹の不安がよぎります。


何はともあれ充電完了。さっそく目の前に差し出してみます。
来て見て触って、
P_20200724_145310_copy_816x612
突然動き出して飛ぶのくにゃんこ。
その後すっげー慎重に、しばらく様子を伺いながらニオイをかいだりしてましたが、
P_20200724_145329_copy_816x612
気のせいと思ったのかおもむろにホールド。熱心に遊び始めました。
P_20200724_145354_copy_816x612
あっれー動かないやんと眺めてて疑問しましたが次の瞬間にまた動き始めて
P_20200724_145358_copy_816x612
張り飛ばされるダンシングフィッシュ。
また離れて様子を伺うにゃんこ。ウネウネと蠢く様子がまた絶妙にリアルでキモいんですけども。
P_20200724_145401_copy_816x612
P_20200724_145409_copy_816x612
P_20200724_145421_copy_816x612
P_20200724_145456_copy_816x612
P_20200724_150245_copy_816x1088
割とすぐに慣れたみたいで、その後は普通に夢中になって遊び倒してました。

しかしその様子を眺めながら感心した事に、うちのにゃんこは温室育ちで人間以外の動物と触れ合ったことがなくてTVの映像以外は窓の向こうの野良ネコや小鳥を興味津々眺めるくらいなんですけど、ちゃんとネズミをいたぶり倒すかのよーな肉食な遊び方を始めました。写真に納められませんでしたが噛み付いては放り投げたりバシバシ張り飛ばしまくったり。流石はケダモノ。

P_20200724_151110_copy_816x612
こういうのもだいしゅきホールドと呼ぶんでしょうか。あるいは何とかプレス。どーでもいいですけど。蠢くダンシングフィッシュを抱きしめてるお陰でモーター音が結構やばいです。チョロQとかミニ四駆とかのタイヤを押さえ付けてる幼き日の思ひ出が蘇ってきましたよ。外側のヌイグルミがボロボロに破れるか中の機構が壊れて動かなくなるか。どちらが先かは判りませんけど長持ちはしなさそうではあります。先取りして合掌。
P_20200724_160845_copy_816x612
疲れて眠るの図。まあ気に入って頂けたみたいで何よりです。

ネコとルンバのその後

・レンタル期間完了まであと一日を残していたルンバの昨日の様子。

P_20200229_084222_copy_816x612

何処やねんと問われる前に言ってしまうとイスの足の間に鎮座してます。

ルンバについて母曰く、全然ダメだったとの事。
性能ではなくてシャロとの相性についてです。悪いというか良いというのか、ひたすらじゃれて構ってアタックしまくって大変だったそうで。あまりにウザいのでルンバ稼働中は別の部屋に放り込んだら放り込んだでドアをカリカリバシバシ鳴らしてそれはそれでまたウザかった様子。
動いてない状態でもスキあらばちょっかいかけるので、こうして周りにモノを積み上げてガードしていたという次第。

これまで色々と買い与えてきたオモチャと同様に、ずっと使っていたらそのうちルンバにも飽きる可能性もありますけどそーはいかない可能性も否定できません。なにせ適度にデカくて適度にうるさく、何より勝手に動き回りますのでかつてないほどに格好の遊び相手に認定されてるみたいです。

そんなワケでルンバの導入は見送りと相成りました。
で、返却のために箱に片付けてしまったのですが、そしたらルンバの定位置だったところをすっげーフンフン匂いを嗅いでるんですよ。まるで居なくなった友達を探してるかの如く。
そーゆうの止めてもらえませんかね。失くした良心に幻肢痛を感じてしまうんですけど。

・TVに映ったネコを食い入るように見つめるネコの図。

P_20200228_222956_copy_816x612

P_20200228_223009_copy_816x612

およそ半年くらい前から、友達なりきょうだいなりの新たなにゃんこ若しくはわんこをお迎えして遊び相手を紹介してあげるべきではとゆーのが僕と兄の共通意見なんですけど母からは頑なに拒否されてます。こんな喧しいのは一匹いれば十分だそうで。むう。
実際に世話する人の意見を無下には出来ませんが、最早こーなったらサプライズプレゼントしか手はないのか。
でもヘタなことして、母とシャロのストレスになってもいけませんし真面目な話。さてどーしたものか。

・福知山に帰って、郊外大型スーパーの電化製品コーナーを物色。

1583056584165

ルンバではありませんけどロボット掃除機が幾つか置いてありました。
そして裏面を確認してみると、どの機種もゴミを本体下へ掻き込むための回転ブラシが付いてました。このブラシがある限りはシャロからのロックオンを避けるすべはないワケで。ううむ。
ネコとルンバが戯れてる動画がYouTubeには溢れてますが、一体どうやってネコとルンバを和解へ導いたのか。わたし気になります。

ネコとルンバ

・およそひと月振りに実家へ帰省。
家に入ろうとしてふと気づいたら、ずっと空っぽだったプランターに何か生えてる…?
ってぇ、

P_20200215_090132_copy_610x428

ま た 貴 方 か 。

ほんともうウチの子になりませんの?と問いたいのですが。こんだけ寛ぎきってるのにちょっと近付いたら警戒モードになってフシャーとか言って交渉の余地なし。
なすすべなくその場を離れて家の中に入ったら、

P_20200215_090527_copy_816x612

こっちはこっちで相変わらず。
仮に室内へお招きすることが出来たとしても速攻でにゃんこ大戦争とか始まりそうでダメっぽい。

・マイおかん曰く、自動掃除ロボット・ルンバに興味があるとのこと。
確かに近頃の実家は、あちこちに散らばるネコの抜け毛が半端ありません。
イヌを飼ってる知り合いの人から、ルンバはいいぞうと勧められたそうです。

けどAmazonとか見てみますと、中々いい値段しますなあ。
最新型・最高性能の品だと10数万円、型落ちして7万、廉価版でも4、5万円。
これでいざ購入したとして、実際には性能に不満が出たりネコが怖がってストレス&病気になったりとかしたら目も当てられません。
母の知人から借りたらどーだろうとか考えていたら、普通にレンタルサービスしてる業者がありました。

機種にもよりますが、2週間で7千円前後。
これはこれでまたいい値段ですが、ぶっつけ購入で痛い目みるよりはいいかという事で。
機能的にも金額的にも中堅クラスの機種を試しにレンタルしてみました。

・昼前に注文して翌日の午前中に届きました。日本の運送業界恐るべし。ていうか自分でそう指定したんですけど、それはそれとしてあんま無茶すんな?
開封しようとしたらすぐさま寄って来るシャロっち。

BlogPaint


段ボール箱すなわち自分のオモチャと思っている節があるんですが、今回の箱は返却時にも使用するのでそれ以上いけない。この後クローゼットの中にしまっておきました。

中の様子。本体、付属品、マニュアルと返却時の荷札などなど。

P_20200216_094738_copy_816x612

本体と充電スタンドを出してみましたらこんな感じ。

P_20200216_094840_copy_816x612

取説に従い、適当な壁際にスタンドを設置してルンバの充電を開始。けど、満タンでこそありませんがある程度バッテリーが残っていたようなので、さっそく試運転してみました。
YouTubeとかでルンバと戯れたり上に騎乗したりするイヌやネコの動画を見たことがありますが、果たして我が家のにゃんこの場合は如何に……!

P_20200216_095652_copy_816x612

めちゃめちゃビビってます。まあ知ってた。

動作音が思った以上に大きいのですが、考えてみれば掃除機なんだから当然のことでした。
椅子や机にガッツンガッツン衝突しながらもじわじわと掃除を進めていきます。
これが最新機種だと、AIのバージョンが上がってたりセンサーだけでなくカメラでも状況把握したりでより効率的に動くそうですが。

P_20200216_095833_copy_816x612

P_20200216_100300_copy_816x612

P_20200216_100636_copy_816x612

じわじわと近付いていくシャロ。
反撃がないと悟ったのか、だんだん調子に乗ってきました。

P_20200216_100716_copy_816x612

P_20200216_100135_copy_816x612

P_20200216_101024_copy_816x612

魚のエイの食事みたいな感じで本体の下に入ったゴミを吸い取るだけかと思ってましたが、実は細いブラシを回転させてゴミを掻き込んでいくようになってました。上の方の本体と充電スタンドとシャロっちが写ってる写真にて、白いのがアホ毛みたくはみ出てるのがお判りでしょーか。
そのブラシ気になるみたいで、めっちゃバシバシ手を繰り出してました。
借りものですから、壊したりキズとか付けないように注意しないといけませんな。

・完全に充電していなかったため、10分強くらいで終了。自動的に充電スタンドへ帰っていきました。何気にすげえ!?不覚にも少しときめいてしまったり。

キレイにしてほしいエリアのおよそ半分程度は掃除してくれましたが、しかしえらく効率悪いな。
普通に掃除してたらとっくに完了してるんですけど。部屋の配置とか学習していくそうですが、そしたらもっとスピーディーになるんでしょうか。

ただ。本体中のダストボックスを改めてみたら。

P_20200216_114121_copy_816x612

めっちゃ働いてた!結構な量の抜け毛を吸い込んでました。
おかん曰く前日にモップ掛けしたばかりだったそうで、えらく感心してました。
つまりは清掃機能には全く不満はないということで、残る懸念は動きが効率化していくのかどうか。
まあ今日はまだ初日ですし、今後の経過観察と評価はおかん任せです。
そうそう、シャロがルンバを乗り物にし始めたら写真撮ってくれるようにもお願いしときませんと。

仕事始めの前倒し

・会社は明日から仕事始め。夜まで実家でゴロゴロして、夕飯食べてから帰るつもりでしたが。
そういえば来週末からしばらくペットのイベントへの出展が続くし、人用のシカ肉だって注文に追い付いていない状況でした。
なので少しでもシカの捕獲頭数を増やすべく、朝から福知山に戻ってワナ猟を再開することにしました。あらやだアタイって健気。

そういうワケで、撮り貯めたネコ写真の残り。何がそういうワケなのか。
P_20200105_050538-612x816
朝イチだけめっちゃ喉をゴロゴロ鳴らしつつすり寄って来るの図。
ほんと朝イチだけ。家人みんな寝てるからヒマなんですかね。寂しがるとかそーいうタマではない。

足、出てますよの図。
P_20200103_211244-816x612
足、出てますよの図2。
P_20200104_181703-816x612

なんか冗談抜きで、今回お土産を入れてた箱が本気でお気に召した様子。
猫ベッドよりもキャットタワーよりも食器棚の上よりも何処よりも、この箱の中で寝てる時間が長かったです。
P_20200104_181444-816x612
推測するに、狭さと高さがベストフィットしたのでしょうかね。まあ気に入って頂けたのなら何よりです。

肉、余ってますよの図。
P_20200103_191612-816x612
肉、余ってますよの図の別角度。
P_20200103_191548-816x612

鼻、潰れますよの図。
P_20200103_124032-816x612
鼻、潰れますよの図2。
P_20200104_195228-816x612

変な姿勢2。
P_20200104_173648-612x816
変な姿勢3。
P_20200104_203859-612x816
はー可愛い。

・朝食だけ頂いて、2時間強のドライブを経て福知山に帰還。
P_20200105_110509-816x612
天気予報曰く今日の日本海側はよろしくないとの事でしたが、どっこい晴れてます。ううむ日頃の行い。

1週間ぶりの現場。法面に刻まれた獣道。
P_20200105_102646-816x612
うむ、変わらず獣は通っている様子。
と、思うんですけど。
実はぱったり通行が途絶えていたとして、なんせ冬ですから草や苔がすぐに獣道を覆い尽くすワケでもないでしょうしどーなんでしょうねこれ。割とくっきりした足跡があったので多分大丈夫とは思うんですが。

別の獣道。土手を降りてきたシカのヒヅメに付いた土がアスファルトに残ってます。が。
P_20200105_102735-816x612
こっちはちょっと薄いかなー、と。この1週間に何度か雨が降って洗われて、その後に新しい足跡が付いてない様子。ぬう。

そんな時には、映像チェーック!
P_20200105_102958-816x612
実はこっそり導入していたトレイルカメラ。
要は監視カメラです。センサーで何かが通ったら設定した時間だけ録画してくれます。

高い奴だとSIMカード挿して、何か映るとメールで通知したりリアルタイムで遠隔監視できたりするそうですが、そこまでする必要はないと思い録画するだけの安価タイプ。そもそも電波通じない場所が大半なんだよksg。
泥や土が露出して足跡が見やすい獣道ならともかく、草むらを踏み分けてたり落ち葉が厚く降り積もった獣道だと通ったのが何日前なのか判別し辛くなります。少なくとも僕は。節穴ですからなんや文句あるんかゴルァ。
閑話休題。
そういう所での実態把握のために数カ月前に1台購入して、以来ちょくちょく利用してました。
今回の休み前にはここに設置しておいた次第。
そしてカメラチェックした結果。
新規動画:ゼロ。
この1週間、イノシカどころか何も通ってすらいませんでしたよファッキン。
そんなワケで、はーい撤収ー。

・まあこんな感じで、休み前に施錠していたワナを解錠するついでにその周辺を探索し、気配に応じてワナを増設あるいは撤去して回りました。新たな別の現場にワナを設置して見回り時間を伸ばすのはまだ控えます。

俗に「冬至10日はバカでもわかる」と申しますが、冬至から2週間が過ぎた今朝でもまだ日の出が早くなった感はありません。
別にバカ以下だと自己アピールしているワケではなく。
冬至はあくまで「太陽が出ている時間が一番短い日」だというだけで、「日の出が遅くて日の入りが早い日」ではありません。
日の入りが一番遅いのは概ね12月1日前後から12月10日前後まで、
そして日の出が一番遅いのは概ね1月4日前後から1月10日過ぎまで、との事で、その中で一番日照時間が短い日がその年の冬至になるのです。
皆さん御存知でしたでしょうか?僕は割と最近まで知りませんでした。はーい、バッカでーす。

まあとにかくそーゆうワケで。現場を増やすのは2月に入ってからでしょうか。

・結局1基撤去の2基追加で作業完了。
ちなみに例の、農区長さんに依頼されたワナはどーかというと。

P_20200105_112007-816x612

がっつり踏まれてました。
えー、あんな程度の偽装で誤魔化されるなよksg。
ついに来るか…今年最初の獲物がいきなり死んでたりしたらヤだなあ。頼むでホンマ。
もう少しマシな位置はないかと1週間ぶりに現場を新鮮な目線で確認しても、やはりここが最適な設置位置なんですよね我ながら。
まあ木が1本しかないから他に解なんて存在しようがないんですけど。ぬうう。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ