でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

ネコ

隙あらばネコ成分補給

・軍資金は残念ながら得られなかったので。
実家で大人しくネコ成分の摂取に努めます。
P_20190914_093243-816x612

お盆からおよそひと月振り。
しばらく見ない内に遥かな高み、食器棚の上まで飛び上がる技を会得していました。成長している…!
P_20190914_170139-612x816
P_20190914_170126-612x816
天井にくっついた小さな蜘蛛に興味津々な様子。

日中はどんだけ構ってもらおうとしても相手してくれないのに、夜に就寝しようとしたらニャアニャア言いながら寄ってくる不思議。
だがそれがいい。
P_20190914_220023-612x816

抜け毛がパない。
P_20190914_220242-612x816

ずーっとゴロゴロゴロゴロ喉鳴らしてるのに、突然スイッチ切り替えたが如く離れて行ってしまいます。
P_20190914_220913-816x612
もういいっすか。

台風の日の惨劇

・ほぼ毎朝の光景。すりガラス越しの外にゃんことの対決。
P_20190815_074614-800x600
もはや連日、絶賛黒星記録を更新中。しばらく睨み合いが続いた後、外にゃんこが窓をバシッと叩いてシャロっちが尻尾を巻いて逃げ出すのがお決まりのパターンと化してます。強い。

・台風の影響で時折強風が吹き荒ぶ午前中のこと。
母屋の方から、ママンが何やら騒いでる声が聞こえてきました。

うちの実家は僕が生まれ育った古い母屋と20年くらい前に増築した新家屋から成り立ってまして、母屋は10年ほど前に祖母が亡くなって以来ほぼ空家状態。お正月の集まりと法要で仏間を使う以外は新家屋が生活の場です。
P_20190815_083926-800x600
左のドアの向こうが母屋。日本家屋といっていいのか、とにかくそんな感じの古い住宅で、ぼちぼち(ママンが)片付けてはいるんですが荷物や物入その他隠れるスペースが山ほどあるので、シャロっちは立入厳禁です。

そんな母屋の台風前の片づけを(ママンが)してたのですが、ドアをきちんと閉めてなかったらしく、強風が吹いた拍子にドアが開いてシャロが母屋へ突入してしまったとのこと。

なんで外で風が吹いたら屋内のドアが開くのかって?古い家なんで隙間風がひどいんだよ言わせんな恥ずかしい。

とにかくそーいった次第で、ママンが騒いでたのは何処かへもぐりこんだシャロを呼び出していたため。割と素直にあっさり戻って来たのですが、わずかな時間でホコリまみれになってたそうです。
僕が様子を見に行った時には既にキレイにされてて写真などはなし。そういうところだぞ自分。

・母屋へのドアの傍を離れようとしないシャロの様子。
P_20190815_085350-800x600
P_20190815_085442-800x600
ゼイゼイ口呼吸して、すっかり興奮状態です。

遊びに興が乗ってくるとこーなります。瞳孔も開いててちょっと怖い。飛び掛かってきたり噛み付いてきたりとヤンチャっぷりが悪化するので、この状態になるとママンは近付きません。
我が家にお迎えしてからずっと屋内飼いでしたものですから、ドアの向こうに既知世界の倍以上の空間が存在すると知ってしまって興奮冷めやらぬ様子。まあ気持ちは分かりますけど。

落ち着くのを待ってから新家屋へ連れ戻して、母屋へ続くドアは固く封印しました。

望み適わずふて寝するシャロの様子。
P_20190815_093910-800x600
気持ちは分かりますけど、さりとて行かせてあげるワケにはいきません。
ヘンなところに潜り込まれると探すのも大変ですしホコリまみれで帰って来られるのも困ります。

他所様のネコブログを拝見していますと、屋内飼いのネコが外に出てしまった場合、あまりの環境の違いにビビッて固まってしまった処を無事掴まえられた、みたいな話を読んだりしましたが。
コイツに限ってそれはないと確信しましたよ。
何処までも突っ走って帰って来ませんきっと。くれぐれもママンには注意して頂くようお願いしました。

戦線復帰

・今日も今日とて猟師さんからシカが檻に入ったとの連絡がありました。
毎年暑さ真っ盛りのこの時期は搬入量がめっきり落ち込みます。
動物も暑さで少しでも涼しい山奥へ引っ込みがちになるのかも知れず、単に猟師さん達がサボって休んでるだけかも知れず、真相は不明。
いずれにせよ有り難いことで御座います。だから連絡が昼前という絶妙に嫌な時間帯なのも気にしません。気にしませんよぉ?

・動ける人員が他に居ないという事で、突発的に自分が駆り出されることになりました。狩りだけに。
くくりワナだと流石に辞退したかもしれませんが、檻だという事なのでそれならまあなんとか。機敏に動く必要も無し、荷運びだけ現地の猟師さんに手伝ってもらったら宜しいかと。
一同その時はそう思っていたのです……

・などと煽ってみましたが実際には特に盛り上がりポイント無く任務完了しました。
獲物の図。

P_20190809_130047-816x612

70kg足らずのオスシカ。
檻の扉が若干外れかけてた程に大暴れした様子でしたが、疲弊したのか暑さの所為かこの時には大人しくなってました。
因みに壊れかけた扉の写真は取り忘れました。そーゆうトコだぞ自分。

保定と止め刺しだけ担当しまして、と体の運搬と積み込みは地元の猟師さんズにお願いしまして上げ膳据え膳。いつもこうならいいのに喃。そしてこれが自分のワナだったら最高ですのに喃。

・足の筋肉の損傷由来の痛みについて。もうこの痛みは消えない、みたいな事を言われてしまいました。
正確には、皮膚のキズみたく順調に回復が進んでスッと消えるのではなくて慢性的な痛みがずっと続き、そしてある日ふと気付くと痛みが無くなってる。そんな感じになると。
ソースは僕以上の大ダメージbyイノシシを負った事のある猟師さん。ぬう、信憑性が高すぎて困る。

そんな自分のこの日のお仕事中の具合は、土手の登り口で一瞬違和感を覚えた程度で別段支障なし。
どうも作業用のスパイク長靴履いていたお陰で足首の自由度が低下して、甘ギプスみたいな感じに作用した様子。

つまり、痛みは長引く(因みにキズ口は一昨日頃に出血は収まった)&一方で長靴履いていれば軽減する、と。
ならもう、逆ゴールしてもいいよね…?
即ちワナ猟再開。
丁度お盆休みの後半が、通院と土曜日出勤とで絵に描いたような飛び石連休なので何したものかと決めかねてた処ですし。
合間合間に候補地選定して最終日にワナ設置。
よし決定。
ならばお盆前半のこの連休は、骨休みしつつも牙を研ぎ澄ませておこうと思います。

P_20190810_084835-800x600


ふにゃああああああああああ

おひさしぶりのニャンコ成分

プッチ神父覚悟

・ひと月ぶりの帰省。
しかし道中の運転の間、微妙にキズが痛くてちょっとまいりました。
長時間運転が響いたのかと言いますとそれも原因のひとつだとは思いますけど、それより前日の検診こそがまず第一。
だってガーゼ外してからしばらく検分した後、おもむろにキズ口を揉みしだき始めるんですよ?
突然の事態に固まっている処に「痛くありませんか?」って、

痛いわボケ。

キズの奥に膿などが溜まってないか押し出して確認したとの事ですけれど、そーゆうのは先に言って欲しかった。めっちゃ悲鳴上げそうになりましたわ。
不満やら何やら一切合切耐え忍んで押し隠しましたが僕の健気さに感謝しなさい。

あとはヒザとかモモとかの塞がったキズ口のカサブタをぴっと剥がして曰く、カサブタは取った方が治りは綺麗かつ早くなるとか。
だから先に言えっちゅーとるじゃろがい言ってませんけど。F●cking。

・そんなワケで微妙にシクシクする足でしたが、運転に支障が生じるほどでは幸いになく無事に帰宅。
早速ニャンコ成分を満喫しようかときゃわわわわわわわわわ。
P_20190802_211345
ふう癒された。

ママン曰くなかなかヤンチャっぷりが治まる気配がないそうで。
上がったらいけない台所など上がる度に叱ってるけど効果なかったり水入れひっくり返したり。
先日など洗濯物を干しに2階へ上がったら後を追っかけてきて、そのままの勢いで足元へ飛びついて
引っ掻きーの噛み付きーので血が滴るくらいのケガさせられて大変だったとか。

・その話の流れや良し。
ケガの事は伏せたままでやり過ごそうかと思ってましたが、後でバレて色々こじれてしまうよりはこのウェーブに乗る方がいいと判断。
それは偶然ですねえ実は僕も先日イノシシにじゃれつかれてしまいましてと、華麗にさらりと自然体でカミングアウトする事が出来ました。まあ無理でしたけど。

狩猟なんてもう辞めたら?とも言われましたがそれこそ無理。
狩猟無しに生きていくことなんて僕にはもはや出来ません。
もちろん生活費的な意味でなあ…!
手元不如意はツラい。

・話など終わり、もう結構な時間だったので就寝ー。
2階の自室へごー。
階段
実家がバリアフリーである事の恩恵を受ける第1号がまさか僕になるとは予想外でしたぜ。

そして深夜。
ドスンと音が響いて何事かと飛び起きたら犯人はコイツ。
P_20190803_000621
実家ではベッドで寝てるんですが、マットなどはなくて布張りの板の上に布団を敷くタイプ。
なので上で飛び跳ねられたりすると、結構な衝撃音が出るんですこのとおり。

その後2回くらい叩き起こされました。
てか大人しく寝てくれないものか。そもそも夜に2階へ上がってくることなんて無かったろう。
超迷惑。でもちょっと嬉しい。でも迷惑。

・夜明け直前。
P_20190803_043849
なんか気配を感じると思ったらやっぱり居た。迷惑だけど嬉しい。

ちょいとウトウトして数10分後。
P_20190803_045353
まだ居た。嬉しいけどやはり迷惑。ちょっと落ち着かないんですけど。

そしてふと気付いて焦りました。
ツメとか引っ掛けて網戸開けて出て行ったりしない!?と。昨晩遅くまで暑かったので、全部の窓がフルオープンで網戸だけ状態でした。

慌てて窓を閉めて回ってひと安心。その数瞬後に思い出しましたコイツの事を。
P_20190803_045503
網戸ロック。
前回帰省時に取り付けておいたんでしたそーいえば。



機能を発揮してくれたかどうかは不明。
ただ網戸を固定しても、ツメで網戸を引き裂いて逃亡する事例も世間では見受けられるとのことで。
それを回避するためのワイヤーメッシュなど導入するか否かはまだ検討中。

・その後、朝食時の様子。
P_20190803_070214
よかった…使ってくれてた。
クソ目立つトマソン化してる可能性も覚悟していましたが。
ママンによれば結構乗っかってるとのこと。爪とぎもよくしているそうで、よかったよかった。

ネコまっしぐら…?

いらすとやネコ

・あっ、そうだ(唐突)、
鹿肉レトルトや猪レトルトがオンラインで購入出来るようになってました。
販売サイトはこちら

実家のシャロの為に2万個買いました。
嘘です。
確か廿すなわち20個くらい。
無事に届いたとの事で、母からお礼のLINEが来ました。シャロっちも大喜びしているそうです。

大喜びしているの図。
1562755848946

…。
これはこれで!
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ