でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

ネコ

あけましておめでとうございました/デスクライトの修理

・変な姿勢してるだろ。ウソみたいだろ。寝てるんだぜ。これで。

P_20200102_131826-816x612

眺めていたら覚醒。でもこの直後また寝直しましたよ。すげえ。

P_20200102_132028-816x612

変な寝相その2。何故か浮いている左前足。

P_20200102_145454-816x612

実家に来た最初の頃にオキニだったネコベッド。だったんですけど、これに入ってる姿を見るの久しぶりな気がします。

P_20200102_142144-816x612

はー、堪能した。年始の挨拶としては、こんな所で十分でしょーか。
それでは今年も宜しくお願い致します。

・僕同様に帰省中の兄一家が部屋で使っているデスクライトが点かなくなったとのこと。
保証期間などとっくにブッチしてて修理も交換も効きませんので、どーせ買い替えるならと修理を試みてみました。

P_20200102_092101-816x612



ジェントス社製LEDデスクライト ルミリオンS56。
突然マッパになったり壁抜け高速移動しそうなネーミングではありますがこっちの方が先です。

兄一家が購入したのは2年ほど前。ただし年末年始とかお盆とかの帰省した折にしか使用しておらず、故障するには早すぎない?と首を傾げてました。
僕が4年近く毎日使ってる品と同じ機種なのですが、そちらは特に不都合なく絶賛稼働中なんですけどねー。当り外れがあるということでしょうか。

P_20191222_161231-816x612

ちなみに、消費電力は1時間で約3W。
1kWhあたりの電気代を20円と仮定して、24時間30日ずっと点けっぱなしだった場合の電気代は
3÷1000×20×24×30=43.2円。
マイあばら家では屋内照明設備をコレ1台でほとんど賄っていますので、ひと月の電気代が500円前後で済んでる僕にとって重要家電です。

・閑話休題。
車から電気工具を持ってきて作業開始ー。
止め刺し用の企業秘密兵器に何かあった場合にその場で修理できるよう、必要工具一式を車に常駐させているのですよフフン。

P_20200102_092253-816x612

まずはテスターで通電チェーック!
した結果、速攻で異常個所が判明しました。

P_20200102_093321-816x612

ACアダプタ。
ぴくりとも通電していません。断線部分を確定させるためにアダプタ部分を開けます。

ちなみに僕がACアダプタなる代物の存在を意識したのは遥か幼少のみぎり、ファミコンが家に来た時でした。ファミコンの後ろの黒いヤツと白いヤツ、で認識してたような。どうでもいいですが。

ACアダプタは容易に分解されないように(多分)、ネジではなく/パチリとはめ込むのでもなく、がっちりしっかり接着されています。接着剤の場合もあれば超音波で樹脂を溶かしてくっつけてる場合もあるとかなんとか。
いずれにせよ、接着部分に刃を入れて切り離します。

P_20200102_093512-816x612

正月早々ケガしてもつまらないので慎重に。
1辺あたり100回ずつ刃を滑らせて(数えた)、最後はマイナスドライバーを突っ込んでこじ開けました。

P_20200102_102520-816x612

P_20200102_102726-816x612

P_20200102_104013-816x612

電気コードのはんだ付けが取れかけてるかなんかだろうと、露出させた内部に対してあちこち再び通電チェーック!
した結果、
コードじゃなかった…基板上の、とある部品を経由する前後で通電してない。
それを交換すれば改善するのではないかと思われるのですが、もはや僕の修理能力を超えていますので断念。ミッションインコンプリート。ぬうう。





これらのような汎用アダプタを購入して代用するのも手ではありますが、このスタンドライト自体が安価な商品なのでまるっと買い替えた方が無難な気はします。もし適合しないと泣きっ面にハチですし。
安価ゆえに当り外れがあるのかもしれず、次の機器が長持ちするかは全く不明ではありますけど別に僕はどっちでも迷惑しませんし。兄一家に任せる。

令和最初の年末帰省

・実家に帰宅。いきなりなんか居た。

P_20191230_125119-816x612

・にゃんこ様への貢物ー。ペット用ジビエのレトルト。もはや我が家の定番です。

P_20191229_093538-612x816

かつてはシカ肉のカットとミンチ、イノシシ肉のカットとミンチの4種を捧げていたのですが。
お口のサイズなのか単に好みの問題なのか、カット肉よりミンチの方が食べやすそうで、そして食いつきの良さ的にイノシシの方がお好みだそうで(シカは残してちびちび食べる、イノシシは出されたらその場で全部平らげる)。なので今回はイノシシミンチのみです。
ご興味のある方はこちらからどうぞ。ちなHPリニューアル済みです。

捧げた直後の様子。

P_20191229_094012-816x612

お気に召していただけた様でなにより。箱が。

日常の様子。
P_20191230_143044-816x612
P_20191230_141302-816x612

寝てるか暴れてるかの2択。先日満一歳の誕生日を迎えたばかりで落ち着く様子は当分なさげです。

・働かざるもの食うべからず。
母より命じられて、ポールハンガーの組立作業を行いました。

P_20191230_093059-816x612



購入目的は、正月に来る親戚などお客様に上着を掛けてもらうため。なので玄関入ってすぐの場所に設置しました。居間まで持って入ってソファやそこらに掛けて置いたら誰かさんの毛だらけになりますので。
自立式でなく突っ張り式なのは、誰かさんがじゃれついて引き摺り倒すこと確実なので。

説明書を見ながら組み立て。順番にはめ込んでいくだけです。

P_20191230_093244-816x612

妨害工作には屈しません。

P_20191230_093528-816x612

完成の図。

P_20191230_095404-612x816

ふーっ、いい仕事しました。
これで正月三が日くらいはじっくり静養してもバチは当たりますまいて。

隙あらばネコ成分補給

・軍資金は残念ながら得られなかったので。
実家で大人しくネコ成分の摂取に努めます。
P_20190914_093243-816x612

お盆からおよそひと月振り。
しばらく見ない内に遥かな高み、食器棚の上まで飛び上がる技を会得していました。成長している…!
P_20190914_170139-612x816
P_20190914_170126-612x816
天井にくっついた小さな蜘蛛に興味津々な様子。

日中はどんだけ構ってもらおうとしても相手してくれないのに、夜に就寝しようとしたらニャアニャア言いながら寄ってくる不思議。
だがそれがいい。
P_20190914_220023-612x816

抜け毛がパない。
P_20190914_220242-612x816

ずーっとゴロゴロゴロゴロ喉鳴らしてるのに、突然スイッチ切り替えたが如く離れて行ってしまいます。
P_20190914_220913-816x612
もういいっすか。

台風の日の惨劇

・ほぼ毎朝の光景。すりガラス越しの外にゃんことの対決。
P_20190815_074614-800x600
もはや連日、絶賛黒星記録を更新中。しばらく睨み合いが続いた後、外にゃんこが窓をバシッと叩いてシャロっちが尻尾を巻いて逃げ出すのがお決まりのパターンと化してます。強い。

・台風の影響で時折強風が吹き荒ぶ午前中のこと。
母屋の方から、ママンが何やら騒いでる声が聞こえてきました。

うちの実家は僕が生まれ育った古い母屋と20年くらい前に増築した新家屋から成り立ってまして、母屋は10年ほど前に祖母が亡くなって以来ほぼ空家状態。お正月の集まりと法要で仏間を使う以外は新家屋が生活の場です。
P_20190815_083926-800x600
左のドアの向こうが母屋。日本家屋といっていいのか、とにかくそんな感じの古い住宅で、ぼちぼち(ママンが)片付けてはいるんですが荷物や物入その他隠れるスペースが山ほどあるので、シャロっちは立入厳禁です。

そんな母屋の台風前の片づけを(ママンが)してたのですが、ドアをきちんと閉めてなかったらしく、強風が吹いた拍子にドアが開いてシャロが母屋へ突入してしまったとのこと。

なんで外で風が吹いたら屋内のドアが開くのかって?古い家なんで隙間風がひどいんだよ言わせんな恥ずかしい。

とにかくそーいった次第で、ママンが騒いでたのは何処かへもぐりこんだシャロを呼び出していたため。割と素直にあっさり戻って来たのですが、わずかな時間でホコリまみれになってたそうです。
僕が様子を見に行った時には既にキレイにされてて写真などはなし。そういうところだぞ自分。

・母屋へのドアの傍を離れようとしないシャロの様子。
P_20190815_085350-800x600
P_20190815_085442-800x600
ゼイゼイ口呼吸して、すっかり興奮状態です。

遊びに興が乗ってくるとこーなります。瞳孔も開いててちょっと怖い。飛び掛かってきたり噛み付いてきたりとヤンチャっぷりが悪化するので、この状態になるとママンは近付きません。
我が家にお迎えしてからずっと屋内飼いでしたものですから、ドアの向こうに既知世界の倍以上の空間が存在すると知ってしまって興奮冷めやらぬ様子。まあ気持ちは分かりますけど。

落ち着くのを待ってから新家屋へ連れ戻して、母屋へ続くドアは固く封印しました。

望み適わずふて寝するシャロの様子。
P_20190815_093910-800x600
気持ちは分かりますけど、さりとて行かせてあげるワケにはいきません。
ヘンなところに潜り込まれると探すのも大変ですしホコリまみれで帰って来られるのも困ります。

他所様のネコブログを拝見していますと、屋内飼いのネコが外に出てしまった場合、あまりの環境の違いにビビッて固まってしまった処を無事掴まえられた、みたいな話を読んだりしましたが。
コイツに限ってそれはないと確信しましたよ。
何処までも突っ走って帰って来ませんきっと。くれぐれもママンには注意して頂くようお願いしました。

戦線復帰

・今日も今日とて猟師さんからシカが檻に入ったとの連絡がありました。
毎年暑さ真っ盛りのこの時期は搬入量がめっきり落ち込みます。
動物も暑さで少しでも涼しい山奥へ引っ込みがちになるのかも知れず、単に猟師さん達がサボって休んでるだけかも知れず、真相は不明。
いずれにせよ有り難いことで御座います。だから連絡が昼前という絶妙に嫌な時間帯なのも気にしません。気にしませんよぉ?

・動ける人員が他に居ないという事で、突発的に自分が駆り出されることになりました。狩りだけに。
くくりワナだと流石に辞退したかもしれませんが、檻だという事なのでそれならまあなんとか。機敏に動く必要も無し、荷運びだけ現地の猟師さんに手伝ってもらったら宜しいかと。
一同その時はそう思っていたのです……

・などと煽ってみましたが実際には特に盛り上がりポイント無く任務完了しました。
獲物の図。

P_20190809_130047-816x612

70kg足らずのオスシカ。
檻の扉が若干外れかけてた程に大暴れした様子でしたが、疲弊したのか暑さの所為かこの時には大人しくなってました。
因みに壊れかけた扉の写真は取り忘れました。そーゆうトコだぞ自分。

保定と止め刺しだけ担当しまして、と体の運搬と積み込みは地元の猟師さんズにお願いしまして上げ膳据え膳。いつもこうならいいのに喃。そしてこれが自分のワナだったら最高ですのに喃。

・足の筋肉の損傷由来の痛みについて。もうこの痛みは消えない、みたいな事を言われてしまいました。
正確には、皮膚のキズみたく順調に回復が進んでスッと消えるのではなくて慢性的な痛みがずっと続き、そしてある日ふと気付くと痛みが無くなってる。そんな感じになると。
ソースは僕以上の大ダメージbyイノシシを負った事のある猟師さん。ぬう、信憑性が高すぎて困る。

そんな自分のこの日のお仕事中の具合は、土手の登り口で一瞬違和感を覚えた程度で別段支障なし。
どうも作業用のスパイク長靴履いていたお陰で足首の自由度が低下して、甘ギプスみたいな感じに作用した様子。

つまり、痛みは長引く(因みにキズ口は一昨日頃に出血は収まった)&一方で長靴履いていれば軽減する、と。
ならもう、逆ゴールしてもいいよね…?
即ちワナ猟再開。
丁度お盆休みの後半が、通院と土曜日出勤とで絵に描いたような飛び石連休なので何したものかと決めかねてた処ですし。
合間合間に候補地選定して最終日にワナ設置。
よし決定。
ならばお盆前半のこの連休は、骨休みしつつも牙を研ぎ澄ませておこうと思います。

P_20190810_084835-800x600


ふにゃああああああああああ
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ