でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

ネコ

おひさしぶりのニャンコ成分

プッチ神父覚悟

・ひと月ぶりの帰省。
しかし道中の運転の間、微妙にキズが痛くてちょっとまいりました。
長時間運転が響いたのかと言いますとそれも原因のひとつだとは思いますけど、それより前日の検診こそがまず第一。
だってガーゼ外してからしばらく検分した後、おもむろにキズ口を揉みしだき始めるんですよ?
突然の事態に固まっている処に「痛くありませんか?」って、

痛いわボケ。

キズの奥に膿などが溜まってないか押し出して確認したとの事ですけれど、そーゆうのは先に言って欲しかった。めっちゃ悲鳴上げそうになりましたわ。
不満やら何やら一切合切耐え忍んで押し隠しましたが僕の健気さに感謝しなさい。

あとはヒザとかモモとかの塞がったキズ口のカサブタをぴっと剥がして曰く、カサブタは取った方が治りは綺麗かつ早くなるとか。
だから先に言えっちゅーとるじゃろがい言ってませんけど。F●cking。

・そんなワケで微妙にシクシクする足でしたが、運転に支障が生じるほどでは幸いになく無事に帰宅。
早速ニャンコ成分を満喫しようかときゃわわわわわわわわわ。
P_20190802_211345
ふう癒された。

ママン曰くなかなかヤンチャっぷりが治まる気配がないそうで。
上がったらいけない台所など上がる度に叱ってるけど効果なかったり水入れひっくり返したり。
先日など洗濯物を干しに2階へ上がったら後を追っかけてきて、そのままの勢いで足元へ飛びついて
引っ掻きーの噛み付きーので血が滴るくらいのケガさせられて大変だったとか。

・その話の流れや良し。
ケガの事は伏せたままでやり過ごそうかと思ってましたが、後でバレて色々こじれてしまうよりはこのウェーブに乗る方がいいと判断。
それは偶然ですねえ実は僕も先日イノシシにじゃれつかれてしまいましてと、華麗にさらりと自然体でカミングアウトする事が出来ました。まあ無理でしたけど。

狩猟なんてもう辞めたら?とも言われましたがそれこそ無理。
狩猟無しに生きていくことなんて僕にはもはや出来ません。
もちろん生活費的な意味でなあ…!
手元不如意はツラい。

・話など終わり、もう結構な時間だったので就寝ー。
2階の自室へごー。
階段
実家がバリアフリーである事の恩恵を受ける第1号がまさか僕になるとは予想外でしたぜ。

そして深夜。
ドスンと音が響いて何事かと飛び起きたら犯人はコイツ。
P_20190803_000621
実家ではベッドで寝てるんですが、マットなどはなくて布張りの板の上に布団を敷くタイプ。
なので上で飛び跳ねられたりすると、結構な衝撃音が出るんですこのとおり。

その後2回くらい叩き起こされました。
てか大人しく寝てくれないものか。そもそも夜に2階へ上がってくることなんて無かったろう。
超迷惑。でもちょっと嬉しい。でも迷惑。

・夜明け直前。
P_20190803_043849
なんか気配を感じると思ったらやっぱり居た。迷惑だけど嬉しい。

ちょいとウトウトして数10分後。
P_20190803_045353
まだ居た。嬉しいけどやはり迷惑。ちょっと落ち着かないんですけど。

そしてふと気付いて焦りました。
ツメとか引っ掛けて網戸開けて出て行ったりしない!?と。昨晩遅くまで暑かったので、全部の窓がフルオープンで網戸だけ状態でした。

慌てて窓を閉めて回ってひと安心。その数瞬後に思い出しましたコイツの事を。
P_20190803_045503
網戸ロック。
前回帰省時に取り付けておいたんでしたそーいえば。



機能を発揮してくれたかどうかは不明。
ただ網戸を固定しても、ツメで網戸を引き裂いて逃亡する事例も世間では見受けられるとのことで。
それを回避するためのワイヤーメッシュなど導入するか否かはまだ検討中。

・その後、朝食時の様子。
P_20190803_070214
よかった…使ってくれてた。
クソ目立つトマソン化してる可能性も覚悟していましたが。
ママンによれば結構乗っかってるとのこと。爪とぎもよくしているそうで、よかったよかった。

ネコまっしぐら…?

いらすとやネコ

・あっ、そうだ(唐突)、
鹿肉レトルトや猪レトルトがオンラインで購入出来るようになってました。
販売サイトはこちら

実家のシャロの為に2万個買いました。
嘘です。
確か廿すなわち20個くらい。
無事に届いたとの事で、母からお礼のLINEが来ました。シャロっちも大喜びしているそうです。

大喜びしているの図。
1562755848946

…。
これはこれで!

御同業と出会った朝のこと

・今朝、見回りにて最初の現場の近く。
そこには猟期外にも拘わらずカモを狙うハンターの姿が・・・!
そのスクープ画像がこれだ!

P_20190705_050150

判り難っ!

・説明しますと、画像の真ん中あたりに元・田んぼの水溜りがありまして、そこに一週間ほど前から2羽のカモが毎朝いるようになってました。そして今朝、どこから来たのか黒猫様がそのカモ達をじっとねめつけてるシーンに出くわしたわけですね。
はい、道にいる黒いのがカラスとかじゃなくて黒猫様です。まるで僕のカメラワークが悪いみたいな誤解を生みかねない画像で申し訳ない。

カモを狙ってるとか言いましたが、まあ実際には水溜まりに飛び込んでまで捕まえることはないと思いますけど。カモもそれを解ってるのかめっちゃ悠々としてます。
そんな処にお邪魔して済みませんが、自分そこの右上奥の林の中に用事があるんですけれども。
数歩近付いただけで飛び立つカモズ。ふてくされた様子で立ち去る黒猫様。なんか御免なあ。

・ワナの見回り結果は残念ながら空振り。次の現場へ向かおうと出発してすぐ、さっきの黒猫様と再会。
P_20190705_050539
あらキュート。こんなに黒猫黒猫した黒猫様も珍しいかもしれません。

しかしマジどこから来たんかな。この辺りでネコを見るのは初めてです。偶々3年間これまで遭遇しなかっただけなのか、旅ガラスならぬ旅ネコなのか。
まあくくりワナに掛からないように気を付けて下さいね。
ネコの体重では動作しない(ハズ)ですし、仕掛けてる周囲が水っぽい所だから近付かないとは思うんですが。
万一掛かってケガとかしたら?
その時は責任取って一生面倒みますよゲッヘッヘ。

・それはそれとして、ここの次の次の現場に着いたら。
P_20190705_052113

またかあああああああああああぁぁ。
昨日の記事で自分書きました。捕獲を確認したうえで逃げられた時の悔しさは、単に知らないうちに逃げられた時の比ではないとか云々かんぬん。
なら逆説的に、昨日の今日ならこんな結果を笑って済ませるのかというとンなワケあるか。

・でも意外とそーでもないことも無きにしもあらず。シカが居ることを確信出来て勇気づけられることだってあるのです。

その後も全部空振りで意気消沈しつつ、最後のチェックに訪れたのは昨日の例の現場。もう一度ゲットは難しかろうと思いながらも同じポイントに設置し直したワナですが。
P_20190705_062239

うおおおおおおおおおおおおお!?
踏んでるやんけ!
気配濃厚だとみなした僕の判断は間違っていなかった!
みwwwwなwwwwぎwwwwっwwwwてwwwwきwwwwたwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
これは、もしかして、もしかすると、もしかするぞ!?
明日以降への期待が高まりまくりです。

「いや、今日獲っとけよ」

「・・・はい」


・見回りを終えてもまだ出勤まで余裕があったので、新たな設置場所を求めてまだチェックしてなかった既知の狩場へ。というかここが未チェック最後の箇所です。最後にして最終兵器。いや最終現場。
P_20190705_064855
足を踏み入れた途端に耳をつんざくようなシカの警告音。さすがは最終現場。こんなにシカの声を聞いたのも久しぶりです。やっぱ半端ねぇなココは。

何故そんな好ポイントを最後まで放置してきたのかと申しますと。
上の画像で一目瞭然、こちらは結構な傾斜地の人工林でして。つまりはシカやイノシシがワナに掛かったとして、吊り下がってケガしたり足千切って逃げたり死んだりしないような平坦地なり足場なりがあまり無く、つまりはワナを設置できる場所が少ないのです。
しかるに、シカどもはそんなこと気にするはずもなくあちこち縦横無尽に歩き回りまくってまして、獣道が網目の如く形成されているのです。まさに交通網。
そんな処にポツリポツリとワナを設置したところで、掛かるかどうかは正に運任せな狩場なのです。

ボトルネック、とこの場合言っていいのか分かりませんが、とにかく獣道がある程度収斂している箇所もあるにはあるのですが。しかしそこに辿り着くまでには傾斜に沿って細い獣道をえっちらおっちら100mは進まねばならず、しかも途中何本か倒木をくぐったり乗り越えたりしていかねばならず。
そんな処にワナを設置して首尾よく獲る事が出来たとして、獲物を運び出すのに僕が死ねるワケですねこれが。運び出しに時間をかけるのは肉質に良くないからとかそれ以前の問題。キッパリと無理。二人がかりなら違うんですけど、無いものねだりはしないが得。

・閑話休題。
とにかく他所の現場とこの現場、シカが必ず踏むけどいつ来るか分からない処に仕掛けるか、シカが必ず居るけどいつ踏むか分からない処に仕掛けるか。どっちもどっちな勝負ではあります。普段なら。
ただ今日来てみて他所とダンチなシカの数にちょっとビックリしたくらいですので、これは目の薄い現場は幾つか撤退してここに注力したほうがずっと良さそうですな現状だと。この週末はワナの引越し作業と洒落込みます。

そんな風に判断した途端、外すつもりのワナを見に行くと空弾きしててあと少しで獲れそうやんけグギギとかなって決意が鈍るのが何時ものことなんですが果たして今回はどーなることか。

猫の塔建造記録

・朝の様子。
P_20190630_060211
昨日の風はどこ吹く風。まあこうなるであろうことを、この私はあらかじめ予測していました。

ふと気配を感じて勝手口を開けると。
P_20190630_062800
またおわした。ウチの子か。でも一歩でも踏み出すとピャッと飛びのく。キャットだけに。

扉を閉じて数分後。まだ居座っている様子のにゃんこに対峙するシャロの図。お互いの姿が見えないのを良いことにイキッてます。
P_20190630_063713
ボタン一つで透明度が切り替わる窓だったらクッソ面白いんでしょうなあ。

・前フリはこの辺で。以降は今回の帰省の主目的であるところの、キャットタワー組み立ての一部始終をご覧ください。
建築予定地。
P_20190630_071705

搬入された資材の荷姿。意外とコンパクトです。
P_20190630_071737

開封の様子を気にする施工主。
P_20190630_071940
と思ったら、光り物(ナイフ)に興味津々でした。危ないので速攻片付けました。
中身の様子。
P_20190630_072020
中身よりもガワにご満悦な施工主の様子。
P_20190630_072044
と思ったら。てか、乗るの早過ぎんよ!
P_20190630_072240

内容物を確認したらバシバシ組み立てていきます。六角レンチ棒が同梱されてますので道具不要なのは有難い。
P_20190630_073136
部材の目立たない所にナンバリングが施してあるので説明書通りに作業するだけです。
P_20190630_073506
P_20190630_073515

説明書通りに進めてても油断したらこんな施工ミスも起こり得るので要注意な。
P_20190630_073548
あ、もちろん啓蒙のためにわざとやっただけですので誤解の無きようお願いします。

暇そうにしてる施工主。ていうか何しとるんじゃい。
P_20190630_073936

油断したらやられたの図。ライドンするのは完成してからにして欲しかったあああああ。別にいいんですけど気分的に。
P_20190630_080906

ともあれ完成の図。所要時間は、啓蒙活動も含めて40分程度でした。
P_20190630_081109
若干食卓からTVが見えづらくなりますが。まあTVなんぞよりにゃんこ様の御姿の方が尊いのは自明ですから問題ないかと。

内覧している施工主の図。
P_20190630_081307
P_20190630_081317
P_20190630_081326
P_20190630_081425
P_20190630_081430
気に入って頂けたようで何よりです。

一番気に入ったのが上のぼんぼりなようで、かなりエキサイトして遊んでました。
P_20190630_081509
P_20190630_081627
エキサイトし過ぎて転がり落ちた直後の図。クッソ笑ってごめん。
P_20190630_081632

結局落ち着くのはそこかいの図。
P_20190630_081817
P_20190630_082229
その後は、偶に登って遊んで降りてを繰り返してます。まあぼちぼち慣れていってもらおうかと。
これからの季節にちょっと暑いかもしれないのが気にはなりますが。
今回帰省している間、一番居座ってた所。
P_20190630_103230
確かにそこが一番涼しそう。

・購入した品はこちら。

こちらと悩みました。若干お安くコンパクト。

けどレビュー数が倍以上な上に評価も高いということで当品に。先週はお小遣いも入ったしな!(意味深)
そういえば、福知山市で有害始まった関係で忙しくなるため土曜休日が不定期になるので、帰省&ネコ日記の報告も減ってしまうかと思われますが悪しからず。

カラスの(羽根と意図せぬ)行水

・おやすみの前も
P_20190628_213030
おはようの時も
P_20190629_064906
にゃんこ様がおわす幸せ。ここはパライソですか?いいえ、実家です。
性懲りもなく今週末も帰省しましたよー。

・最近もはや狩猟でも小屋暮らしでもなく、にゃんこ様ブログと称した方がマシな記事配分と化していることに幾分思うことが無きにしもあらずでは一応ありますが。
けどしかし、にゃんこ様以上に発信する価値のある情報があるのかと自問すると、キッパリないですし。
ならばよし
気にせずゆこう。ゆこう。
そういうことになった。
P_20190629_065038
はー、扇風機にじゃれる姿も尊い。

・朝食の最中、ふと見やるとやたらと窓の外を気にしている様子。
P_20190629_065522
P_20190629_065525
また他所のにゃんこが来てるのかと覗いてみると。
P_20190629_065530
カラスの羽根が落ちていました。それが風に煽られてヒラヒラしている姿に気を取られていたようです。

拾ってきてあげると、めっちゃ興味津々。
P_20190629_065705
P_20190629_065712

最初の頃はおっかなびっくり観察していましたが、
P_20190629_065720
P_20190629_065732
P_20190629_065736
数分後には大はしゃぎですわ。
P_20190629_065902
P_20190629_070241
P_20190629_070243
P_20190629_070657
P_20190629_071133
ソファカバーを巻き込むのはやめてください。

・繰り返される惨劇。
洗濯中のハズのママンの悲鳴を聞いて駆けつけてみると。
P_20190629_074059
水びたしの居間の床。残された足跡を逆に追跡していくと、風呂場から点々と続いて来ていました。
P_20190629_074233
被害者・兼・犯猫は速やかに確保し、布で包んで拘束しました。そちらに手を取られてしまい、犯猫自身の写真は無し。

数時間後。反省の様子は見られませんでした。
P_20190629_091734

・夕方。
P_20190629_174719
羽根の根元は尖っていて危ないので朝のうちにカットしておきましたが、それを除いてもボロボロですなあ。一日のお勤め、ご苦労様でした。

夕食後、お風呂に給湯開始。風呂場へ走るシャロっち。
お風呂観察職人の一日は今日も変わらない。
と思いきや。
P_20190629_190108
あ、あれ?シャロさん?
なんか床に寝転がったままで、結局給湯が完了するまで浴槽に上がろうとしませんでした。
さすがに懲りたか。果たして何日続くのかは知りませんが。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ