でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

DIY

門扉の落し棒が下まで届かなくなったのを直してみた話

・半月以上更新しなかった失態は華麗にスルー。過去は振り返らない!反省はしていますのでセーフ。

・3連休ということで昨晩帰省したんですが、玄関の門扉がなんかおかしい。普段片方は閉じて固定されたままでもう一方をガチャンと押し開けて入るのですが、両方ともぐいーんて開いて何これぇ。
母に確認してみたら、ひと月ほど前から落し棒が下まで届かなくなってしまい、どうしても直らずそのままにしているとのこと。

翌朝に現場確認。確かに話の通りの状況です。
P_20201121_080058_copy_1152x1536
貼付されてる説明書き。落し棒を上げ下げする手順しか表示されていません。ていうかわざわざ説明するほどの内容かこれ。
P_20201121_144745_copy_864x1152
この説明書きに三協アルミってメーカー名が載ってましたのでそちらのWebサイトで調べてみたところ、「ネジを回すことで落し棒の高さを調整できる落し棒調整穴がある商品もある。ただしできないタイプもあるけど勘弁な!」みたいな記述がありました。イヤな予感がビンビンしますね?

・結論から申しますとキッパリ調整不可能なタイプでしたよファッキン。
調整穴なんぞ何処にも無いし、外せる限りのネジを外してあちこち確認しましたけど高さ諸々どうにか動かす余地なんてありませんでした。
なんかそれっぽいネジもありましたけど違いましたし。
P_20201121_080842_copy_1152x1536
しかしそうなると、ひと月前までどーやって固定できていたのかがいっそ謎ではあります。建築以来20年近くの歳月のうちにじわじわ摩耗してたのがついに限界値を突破した?でも落し棒と地面とのスキマは1ミリくらいある感じなんですけど。強風なりなんなりで門扉が傾くとか歪んだ?そんな様子は見受けられません。

まあその辺り考えても仕方ないですし、落し棒の高さ調整ができないのならそれもやむなし。
なので逆転ホームラン!落し棒をどうにか下へ下ろすのではなく、受け穴を上へ上げてみることにしましたよ。最初の写真を見て頂ければお分かりのとおり、落し棒の先端は若干細くなってて受け穴とギャップがあります。なので、「外径が受け穴の内径と同じで、内径が落し棒の先端の外径より大きい」筒状の金具を挿し込めばいいはず。

それで近所のホームセンターに行ってみたら、幸いにして都合のいい品が見付かりました。
P_20201121_101222_copy_1152x864
コンクリートアンカー。製品名はシーティーアンカー。コンクリに打ち込んでネジ穴にして、物置やら何やらを固定するための金具です。
P_20201121_101232_copy_1152x864
挿し込んでみましたらピッタリですよ。
P_20201121_101248_copy_1152x864
落し棒を下ろした様子。目論見通りにしっかり嵌って門扉がガタつくこともありません。
アンカーをハンマーで叩き込んだらよりしっかり固定するでしょうけど、落し棒が届かなくなったら元も子もないのでこのままで。風の強い日には注意しておいてもらって、駄目そうならコンクリブロックとかで重石でもすればよいかと。
こんな感じで取り敢えず解決。なんといっても金具代30円で済んだのが我ながら素晴らしいじゃありませんか。

スマホレンズの再コーティング

・イノシカの捕獲証明に仕事の各種報告についでにブログの素材収集にと毎日スマホカメラを活用している僕ですが、先日社長から「自分の写真てなんだか白っぽくない?」と指摘を受けたのですけど皆様はどう思われますでしょうか。
僕は微塵もそんな気しないんですけど。
お前の目が曇ってると言われたみたいで心外極まりますよ。

メガネ拭きとかでどんだけ磨いても大して変化なく、やっぱり気のせいか若しくは仕様じゃん?と思ったのですが。念のため調べてみれば、スマホカメラのレンズのコーティングが経年劣化で剥げてきて写真が白っぽくなることが割とよくあるそーで。簡単な作業ですぐ直るとのことで、僕の愛機には関係ない事象なんですけど話の種にやってみましたよ。何事も経験です。

・手順は単純。剥げかけのコーティングを研磨剤で磨いてトドメを刺してから再コーティングするだけです。
使用した道具はこちら。
P_20201019_141838_copy_1152x864
研磨剤には歯磨き粉を使いました。液体歯磨き派の僕ですので、数回分のちっちゃい歯磨き粉チューブが付いた旅行用歯磨きセットを百均で購入。
コーティング剤には他所のブログ様でお勧めされてたこちらの商品を選択。

綿棒にちょびっと歯磨き粉を付けてレンズを磨く-ウェットティッシュで拭きとる。
これを数回くり返してみましたが見た目はさっぱり変わらないんですけど。あんまりやり過ぎてレンズにキズが入っても困りますので、適当に切り上げてコーティング剤を一滴ポトリ。1分程度放置して乾かしてからウェットティッシュで軽く拭って、さてさて仕上げの程は如何に。同じ構図の写真を撮ってみましたところ。

P_20201019_143452_copy_1152x864
あらやだ。なんだかクッキリ明瞭ですよ。

もひとつ比較。
今朝方獲れたシカの写真を、先日同じような環境で撮影した写真と並べてみますと、

P_20201016_060548
P_20201022_061105
あらやだ明瞭。僕の目が一番曇っていたという予想外の結末でした。

経過観察

・先日補修した長靴。取り敢えず3日間ほど見回りやら止め刺しやら草刈りやらで履き倒してみましたが、カケラも浸水する気配はないままでした。予後は極めて良好といっていいかと。拍手ー。色々と期待してらした皆々様には残念でしたなガッハッハ。
なのですが、患部を検めて診てみたところ。
P_20200722_173224_copy_612x816
あらやだ。ちょっと剥離が始まってました。

もとより当面の間はこまめに重ね塗りを続けるつもりでしたので別に構いませんけれども。
剥がれかけてる部分は除去すべきかどうか迷いましたがとりあえずそのままで。接着剤を剥離面にもしっかり擦り込みつつ、前回塗布した部分を覆い尽くす感じで塗り塗りと。
P_20200722_173718_copy_612x816
もっと大胆に広範囲に塗りたくってもよかったかも知れませんが、まあ今回はこの程度で。


長靴の穴を補修してみました

・先日草刈をしていた際、篠竹か何かの切り株が刺さって長靴に穴が開いてしまいました。
P_20200715_175636_copy_612x459
足には穴は開かなかったのでセーフ。でもアウト。朝の見回り中、沢に踏み入るなどするまでもなく朝露がうっすら染み込んできて気持ち悪いことこの上ないです。
5月末頃に買ったばかりの新品ですのでショック。
このまま使い続けるわけには行きませんが、さりとて買い替えるのも勿体ないし。なので補修する方法はないのか調べてみました。

したら、100均の自転車パンク修理キットを使ったりボンドやセメダインを使ったりと、皆さん色々な方法で直している様子。同じ小屋ブログの地球生活NEOさんも黒ゴム接着剤を使った長靴補修の記事を公開されておられました。

・同…じ…?お前まだ自分とこが小屋ブログだと思ってんの?
そんなツッコミをされた画面の前の貴方。
おっしゃる通りですごめんなさい。
まあそんな事はどうでもいいですだってどうでもいいですから。とにかく仕事帰りにホームセンターに寄って黒ゴム接着剤なるものを探すつもりでいたのですが。話の流れで会社のパイセンにふと長靴修理について尋ねてみると、こちらの商品をお勧めされました。



何と何同士でもくっつくし強いし長持ちするし、なにより長靴の補修にも普通に使えるそうです。商品の説明書きにも、完全硬化後は弾力性のあるゴム状ですとあります。ほーん。
そして会社近くのホームセンターに行ってみたら、両方とも置いてありました。
P_20200715_175443_copy_612x816
どーしたものかと一瞬考えましたが、ネットの中の見知らぬ先達よりも敬愛するバイセンの意見を尊重するのが道理というもの。職場の空気というものもありますし。お値段が半額近かったのが理由ではありませんので念のため。

・購入後、ホムセンの駐車場で気にせず補修作業スタート。
穴の周りをキレイに拭いて、
P_20200715_175834_copy_612x459
そのままムニュリと、穴を塞ぐように絞り出してみました。
P_20200715_180117_copy_612x459
このとき夕方の6時過ぎ。そして次に長靴を使用するのは翌朝の見回りすなわち朝の5時頃。
んでもってこのタイミングで説明書を見てみたら、実用強度は1時間後で完全硬化は24時間後とか書いてあってアイタタタ。
ええー。まあやってしまったものは仕方がない。12時間でも問題なければ構わないワケですしだって問題ないですから、ノーガードよりはマシだと信じて果報を寝て待ちました。

明けて朝の様子。普通に固まってます。ちょっとペタペタしてますけど気にせず出発ー。
P_20200716_050928_copy_612x816
見回りを完了するまでもなく。なんだかじんわりシットリしてきてアウチ。
見ればさっそく剥がれかけてました。間に空気が入って白くなってます。まあしゃーない。
P_20200716_060111_copy_612x459

今度はきっちり24時間のインターバルを取れるよう、休日前にリベンジ。
先に剥がれてしまったのは硬化してなかった他に、ぷっくり膨らんでたせいで草とかに引っ掛かったのかも知れないと思い立ちまして。なので今度は薄く塗り広げてみましたよ。それが金曜のやっぱり夕方6時頃のことで、本日日曜日の朝8時頃の様子がこれ。
P_20200719_075929_copy_612x816
やっぱりちょっとペタペタしてます。あれー。

・その後、足跡探してえっちらおっちら山中を練り歩くことおよそ6時間、特に水気が染み込んでくることはありませんでした。見回り後の長靴の様子はこんなん。
P_20200719_140732_copy_612x816
剥がれ落ちたんじゃないですよ。ホコリとか砂とかが付着して目立たなくなってます。ペタペタ感もなくなっていい具合です。ビューティーホー!

とりあえずこのまま様子見です。ちょっと面積狭い気もしますので、次の休みに重ね塗りしておこうかとは思いますが。
実はやっぱりダメで染みたり剥がれたりしてきたとしても、その度に塗り直していけばいいかなって。なんせ接着剤なんてこの4年間カケラも必要性を感じたことのないアイテムですので、このまま置いておいても道具箱の肥やしになるだけですし。使い切ってから黒ゴム接着剤を試そうかと。パイセンにはいい感じでしたーとか言っとけば角は立たないのでめでたしめでたし。

軽トラ用スロープを自作してみました

・自分のワナに獲物が掛かった場合、基本的に一人で止め刺しから運び出しまで行います。というか、一人で済ませられる場所を選んでワナを仕掛けている訳ですが。なので他の猟師さんがうちらの助力を前提に、つまりは例えば二人掛かりでないと引っ張り上げられない斜面の下とか足元の悪い農道や林道を軽く100メートル以上踏み入った先とかでも遠慮なくワナを仕掛けてバシバシ獲りまくってたりしてるのがちょい羨ましかったり。絶対に獲れること間違いなしの気配濃厚なポイントを見つけたのに運搬が困難or不可能なため泣く泣く諦めたことがこれまで何回あったのかとぐああああああああああ

失敬。ちょっと漏れました。
とにかくそーいった己への気配りも効果があるのは車へ運ぶところまで。軽トラの荷台への積み込み作業が、獲物の重量によっては軽く死ねます。軽トラにウインチ付けてる猟師さんならそんな悩みとは無縁でしょうが、言うまでもなくそんな高価な設備がマイ愛車に付いてる筈もありませんし。

・大体50キロ前後までの獲物なら、ソリごと一緒によいしょーって何とか抱え上げて積み込めます。手足と首が短くてフォルムが丸まっちいのでバランスの取りやすいイノシシならプラス5キロくらいはイケるでしょーかね。
それを超えると抱え上げるのはムリムリムリムリかたつむりよ!! なのでひと手間加えます。具体的には空のトロ舟をうつ伏せに置いてその上にソリを頑張って載せます。高さを稼ぐワケですね。そして自分が荷台に上がってソリのヒモを掴んで引っ張って荷台の縁にソリの端っこをなんとか引っ掛けて、あとは気合。奥歯を砕けよとばかりに噛み締めつつ全身全霊をかけて引っ張り上げます。

このやり方で、一応これまではなんとかやってきました。具体的に最高値は85キロのイノシシ。2、3回はトチッて落として、もうダメかと半泣きになりつつあと1回だけとトライしたら辛うじて成功しました。全身汗でだっくだくになったのを覚えています。
ちなみに一気に跳んで103キロのオスシカが自分のワナで獲った最重記録ですが、幸いそのときは見物してた近所のおっちゃんが2人も居たので手伝ってもらって何とかなりました。

…それにしても、くくりワナに掛かった85キロのイノシシなんて今なら視認した瞬間に逃げだして会社に助けを求めていましたよ。確かぐるんぐるんに木に巻き付いて動けなくなっていたのでどうにか出来たんでしたっけか。経験浅くて無知だったからこそ成し得た所業。

閑話休題。
90キロを超えるクラスとなると、年間ン100頭と会社へ搬入される中でも数えるほどしかありません。ゆえに自分のワナに掛かる事はめったにないでしょうーけど何時までもないという保証も当然ながらなく、そうなってしまうともはや詰みです。ていうか普通に50、60キロ台の獲物を積み込んでる今の時点で結構クるものがありますし。なので、もーちょい積み込みが楽になるようスロープを使用することにしました。

・スロープ。ブリッジ。ラダー。歩み板。歩み。
色々な呼び方があるみたいですが、軽トラとかバンの荷台に農機やバイクを積み込む際に使用するアルミ製のあれです。

買うといいお値段しますし、荷台のスペースを結構とります。偶にせいぜい80キロ足らずの荷物をシャシャーッと載せるだけですので、お手軽に木材でDIYしてみます。

P_20200712_141301_copy_816x612
ツーバイフォー材にしようかと思いましたが、シートを被せるとはいえ軽トラの荷台に積みっぱになるので少しでも長持ちするようにと防腐処理済みの材木にしました。3メートルちょいの材を半分に切っておよそ1.5メートル。

P_20200712_141308_copy_816x612
ズレ防止のための金具。
100均の商品で済ますなんて正気か左近どんとか言われそうですが、
P_20200712_141705_copy_816x612
重量はあくまでこんな感じに荷台と地面にかかる目論見ですので。この写真だとめっちゃ判り難いですけど斜めにアオリに引っ掛かってるのがこの金具。

P_20200712_142014_copy_816x612
お久しぶりの神具・インパクトドライバー様。相変わらず神々しい立ち姿です。

P_20200712_142528_copy_816x612
P_20200712_142649_copy_816x612
どうという事もなく完成ー。
重さに耐えられるかどうかとかは実戦にて確認します。とりあえず65キロ前後の僕がのっかってみると少したわむ程度なので大丈夫かとは思いますけど。

P_20200712_142744_copy_816x612
ソリの裏面。補強材の間にピッタリと、まるであつらえたみたいに丁度はまり込むサイズ。お陰で横にずれたりせず安定して引っ張り上げられそうです。
え、あ、はい、もちろん事前にちゃんと計測しておいてからこの材を選んだのですから当然のことですけど?偶然なんかじゃないですけど?

P_20200712_142846_copy_816x612
普段はこんな感じで、金具を向かい合わせにして端っこに積んどきます。うむ、コンパクト。
しかし荷物が増えるなー。電殺棒2本に予備、対オスジカ兼イノシシ保定用のくくりワイヤー、対イノシシ用の鼻くくり、そして棍棒。長物同士でどれか兼用とかできればいいんですけどそれも適わず。むう。

とまれ、これにて準備は万端。あとはなるべくでっかい獲物が掛かるのを待つばかり。さあ来い。来て下さい。



スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ