でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

DIY

軽トラ用スロープを自作してみました

・自分のワナに獲物が掛かった場合、基本的に一人で止め刺しから運び出しまで行います。というか、一人で済ませられる場所を選んでワナを仕掛けている訳ですが。なので他の猟師さんがうちらの助力を前提に、つまりは例えば二人掛かりでないと引っ張り上げられない斜面の下とか足元の悪い農道や林道を軽く100メートル以上踏み入った先とかでも遠慮なくワナを仕掛けてバシバシ獲りまくってたりしてるのがちょい羨ましかったり。絶対に獲れること間違いなしの気配濃厚なポイントを見つけたのに運搬が困難or不可能なため泣く泣く諦めたことがこれまで何回あったのかとぐああああああああああ

失敬。ちょっと漏れました。
とにかくそーいった己への気配りも効果があるのは車へ運ぶところまで。軽トラの荷台への積み込み作業が、獲物の重量によっては軽く死ねます。軽トラにウインチ付けてる猟師さんならそんな悩みとは無縁でしょうが、言うまでもなくそんな高価な設備がマイ愛車に付いてる筈もありませんし。

・大体50キロ前後までの獲物なら、ソリごと一緒によいしょーって何とか抱え上げて積み込めます。手足と首が短くてフォルムが丸まっちいのでバランスの取りやすいイノシシならプラス5キロくらいはイケるでしょーかね。
それを超えると抱え上げるのはムリムリムリムリかたつむりよ!! なのでひと手間加えます。具体的には空のトロ舟をうつ伏せに置いてその上にソリを頑張って載せます。高さを稼ぐワケですね。そして自分が荷台に上がってソリのヒモを掴んで引っ張って荷台の縁にソリの端っこをなんとか引っ掛けて、あとは気合。奥歯を砕けよとばかりに噛み締めつつ全身全霊をかけて引っ張り上げます。

このやり方で、一応これまではなんとかやってきました。具体的に最高値は85キロのイノシシ。2、3回はトチッて落として、もうダメかと半泣きになりつつあと1回だけとトライしたら辛うじて成功しました。全身汗でだっくだくになったのを覚えています。
ちなみに一気に跳んで103キロのオスシカが自分のワナで獲った最重記録ですが、幸いそのときは見物してた近所のおっちゃんが2人も居たので手伝ってもらって何とかなりました。

…それにしても、くくりワナに掛かった85キロのイノシシなんて今なら視認した瞬間に逃げだして会社に助けを求めていましたよ。確かぐるんぐるんに木に巻き付いて動けなくなっていたのでどうにか出来たんでしたっけか。経験浅くて無知だったからこそ成し得た所業。

閑話休題。
90キロを超えるクラスとなると、年間ン100頭と会社へ搬入される中でも数えるほどしかありません。ゆえに自分のワナに掛かる事はめったにないでしょうーけど何時までもないという保証も当然ながらなく、そうなってしまうともはや詰みです。ていうか普通に50、60キロ台の獲物を積み込んでる今の時点で結構クるものがありますし。なので、もーちょい積み込みが楽になるようスロープを使用することにしました。

・スロープ。ブリッジ。ラダー。歩み板。歩み。
色々な呼び方があるみたいですが、軽トラとかバンの荷台に農機やバイクを積み込む際に使用するアルミ製のあれです。

買うといいお値段しますし、荷台のスペースを結構とります。偶にせいぜい80キロ足らずの荷物をシャシャーッと載せるだけですので、お手軽に木材でDIYしてみます。

P_20200712_141301_copy_816x612
ツーバイフォー材にしようかと思いましたが、シートを被せるとはいえ軽トラの荷台に積みっぱになるので少しでも長持ちするようにと防腐処理済みの材木にしました。3メートルちょいの材を半分に切っておよそ1.5メートル。

P_20200712_141308_copy_816x612
ズレ防止のための金具。
100均の商品で済ますなんて正気か左近どんとか言われそうですが、
P_20200712_141705_copy_816x612
重量はあくまでこんな感じに荷台と地面にかかる目論見ですので。この写真だとめっちゃ判り難いですけど斜めにアオリに引っ掛かってるのがこの金具。

P_20200712_142014_copy_816x612
お久しぶりの神具・インパクトドライバー様。相変わらず神々しい立ち姿です。

P_20200712_142528_copy_816x612
P_20200712_142649_copy_816x612
どうという事もなく完成ー。
重さに耐えられるかどうかとかは実戦にて確認します。とりあえず65キロ前後の僕がのっかってみると少したわむ程度なので大丈夫かとは思いますけど。

P_20200712_142744_copy_816x612
ソリの裏面。補強材の間にピッタリと、まるであつらえたみたいに丁度はまり込むサイズ。お陰で横にずれたりせず安定して引っ張り上げられそうです。
え、あ、はい、もちろん事前にちゃんと計測しておいてからこの材を選んだのですから当然のことですけど?偶然なんかじゃないですけど?

P_20200712_142846_copy_816x612
普段はこんな感じで、金具を向かい合わせにして端っこに積んどきます。うむ、コンパクト。
しかし荷物が増えるなー。電殺棒2本に予備、対オスジカ兼イノシシ保定用のくくりワイヤー、対イノシシ用の鼻くくり、そして棍棒。長物同士でどれか兼用とかできればいいんですけどそれも適わず。むう。

とまれ、これにて準備は万端。あとはなるべくでっかい獲物が掛かるのを待つばかり。さあ来い。来て下さい。



草刈機のプライマリーポンプを交換してみた話

・たまに思い出したように朝晩冷え込むこともありますけれど全体的にじわじわと暖かくなってきている今日この頃。あわせて雑草も伸び始めて参りましたので、今のうちにひと刈りして出鼻をくじこうと思い集落共用の草刈機を持ち出してきたのが土曜日のこと。が、上手くエンジンが掛かりません。

その数日前に草刈機を使おうとしたおっちゃんが、なんだか動かなくなってるとは言ってました。
チョークレバーが以前から折れているためエンジン始動の際にコツがあって、その関係かと思っていましたがそーでも無さげ。よくよく機械を改めてみますと、プライマリーポンプが劣化してひび割れていました。

1587765825243_copy_816x459

写真中央の、飴色の丸っこい部品がそうです。
エンジンを始動する前に、これをピコピコ押して燃料をタンクからキャブレターだか何だかへと送り込むわけです。最初のポンプ、即ちプライマリーポンプですね。キャブレター?点火装置か何かじゃないんすか。名前だけは聞いた事があるんですけど詳細は知らん。
そんなゴミ以下の知識量の僕でもどーにかなるのが現代社会のいい所です。Google先生とYouTubeは偉大なり。ビバIT社会。

・で。交換方法を勉強してある程度把握できたところで交換部品を調達しようとして早々に行き詰りました。

P_20200429_101520_copy_816x612

タナカって、何処ぉ…?あまり聞かないメーカーなんですけど。
Google先生に尋ねてみたら、10年くらい前に日立の子会社になったとかで今は存在しないようで。型番でググっても機種情報とか出てこないし、ましてや数種類あるらしいプライマリーポンプのどれが使えるのか判りませんがな。ウチの集落ってこの草刈機を何時から使ってるんだろーか。

それでもあちこち廻ってるうちに、こちらの製品で代用できるらしいことが判明。具体的にはAmazonのコメント欄にそれらしい書き込みが幾つかありました。サンキューAmazon。フォーエバーAmazon。

注文して届いたのがこちら。消耗部品なので複数購入するべきかもしれませんが、適合しなかったら悲しくなるので念のために一個だけ。

P_20200429_101723_copy_816x612

・そんな感じで準備が整ったところで。休日である本日の朝、交換作業を行いました。
まずはエアインテークのカバーを外します。壊さないように注意しましたが、固ってーなおい。

P_20200429_101917_copy_816x612

壊れたりもせず無事外すことは出来ましたが。
Oh……ここに納まっているべきエアフィルター(要はスポンジ)が、劣化どころか風化してほぼ消失してますがな。

P_20200429_101954_copy_816x612

一体どんだけの年月をノーガード戦法で過ごしてきたのか。よく今まで壊れず動いてきたものです。
エアフィルターもポチー。届き次第すぐ取り付ける事にして、今日はこのまま作業続行。

言うまでもないかもしれませんけどネジもガッツリ錆びついていましたが、ネジ穴を潰すことも無く取り外すことに成功。

P_20200429_103453_copy_816x612

P_20200429_103553_copy_816x612

キャブレター(多分)がフリーになった状態で。
参考にしたYouTubeの動画だと、ここから更に燃料チューブも外してパーツクリーナーで洗浄したりしてましたけどそんな気の利いた代物を僕が持っているはずもありませんので。
当初の目的であるプライマリーポンプが交換可能になった所で分解はここまで。

小ネジ4本を外してポンプをキャストオフ。

P_20200429_103920_copy_816x612

新旧のポンプを並べた様子。
ほぼ同一サイズで問題無さげです。

P_20200429_104046_copy_816x612

旧ポンプを接写。
こんな穴が開いてしまった有様だと燃料を吸い上げることなど出来よう筈もなく。そりゃエンジンも掛かりませんわな。

P_20200429_104151_copy_816x612

ポンプを交換して、元通り組み直して完了ー。新品のピカピカさんです。

P_20200429_104904_copy_816x612

おいおい奥の穴まで丸見えじゃねぇかよ…とんだ破廉恥さんだよ。けしからん。

・動作確認の結果、問題なく燃料を吸い上げるようになりました。エンジンも無事に起動しましたのでそのまま数日遅れの草刈りを実施。支障なく完了しました。

後はエアフィルターの到着を待つばかり。ホームセンターを巡ったらもしかして置いてあるかも知れませんけど、まあ年単位でノーガードだったんだから数日を急ぐこともないかと。フィルターの交換(というか旧が残ってないのでもはや取付)は30秒もあれば行えますので、草刈機の修理作業は実質これにて完了です。くぅ疲。
我ながらいい仕事をしたと判断します。あとは使用中に突然ネジが外れて分解・炎上などしないことを祈るばかりです。ふふふ。

「再臨!神器・ヒートガン!」の巻

うっ、うわあああああああああああああああああああああ

P_20200423_051807_copy_612x816

あああああああああああああああああああああ

P_20200423_051940_copy_612x459

あああああああああああああああああああああ

P_20200423_052335_copy_612x459

あああああああああああああああああああああ


P_20200423_052938_copy_612x816

…ふう。

あけましておめでとうございました/デスクライトの修理

・変な姿勢してるだろ。ウソみたいだろ。寝てるんだぜ。これで。

P_20200102_131826-816x612

眺めていたら覚醒。でもこの直後また寝直しましたよ。すげえ。

P_20200102_132028-816x612

変な寝相その2。何故か浮いている左前足。

P_20200102_145454-816x612

実家に来た最初の頃にオキニだったネコベッド。だったんですけど、これに入ってる姿を見るの久しぶりな気がします。

P_20200102_142144-816x612

はー、堪能した。年始の挨拶としては、こんな所で十分でしょーか。
それでは今年も宜しくお願い致します。

・僕同様に帰省中の兄一家が部屋で使っているデスクライトが点かなくなったとのこと。
保証期間などとっくにブッチしてて修理も交換も効きませんので、どーせ買い替えるならと修理を試みてみました。

P_20200102_092101-816x612



ジェントス社製LEDデスクライト ルミリオンS56。
突然マッパになったり壁抜け高速移動しそうなネーミングではありますがこっちの方が先です。

兄一家が購入したのは2年ほど前。ただし年末年始とかお盆とかの帰省した折にしか使用しておらず、故障するには早すぎない?と首を傾げてました。
僕が4年近く毎日使ってる品と同じ機種なのですが、そちらは特に不都合なく絶賛稼働中なんですけどねー。当り外れがあるということでしょうか。

P_20191222_161231-816x612

ちなみに、消費電力は1時間で約3W。
1kWhあたりの電気代を20円と仮定して、24時間30日ずっと点けっぱなしだった場合の電気代は
3÷1000×20×24×30=43.2円。
マイあばら家では屋内照明設備をコレ1台でほとんど賄っていますので、ひと月の電気代が500円前後で済んでる僕にとって重要家電です。

・閑話休題。
車から電気工具を持ってきて作業開始ー。
止め刺し用の企業秘密兵器に何かあった場合にその場で修理できるよう、必要工具一式を車に常駐させているのですよフフン。

P_20200102_092253-816x612

まずはテスターで通電チェーック!
した結果、速攻で異常個所が判明しました。

P_20200102_093321-816x612

ACアダプタ。
ぴくりとも通電していません。断線部分を確定させるためにアダプタ部分を開けます。

ちなみに僕がACアダプタなる代物の存在を意識したのは遥か幼少のみぎり、ファミコンが家に来た時でした。ファミコンの後ろの黒いヤツと白いヤツ、で認識してたような。どうでもいいですが。

ACアダプタは容易に分解されないように(多分)、ネジではなく/パチリとはめ込むのでもなく、がっちりしっかり接着されています。接着剤の場合もあれば超音波で樹脂を溶かしてくっつけてる場合もあるとかなんとか。
いずれにせよ、接着部分に刃を入れて切り離します。

P_20200102_093512-816x612

正月早々ケガしてもつまらないので慎重に。
1辺あたり100回ずつ刃を滑らせて(数えた)、最後はマイナスドライバーを突っ込んでこじ開けました。

P_20200102_102520-816x612

P_20200102_102726-816x612

P_20200102_104013-816x612

電気コードのはんだ付けが取れかけてるかなんかだろうと、露出させた内部に対してあちこち再び通電チェーック!
した結果、
コードじゃなかった…基板上の、とある部品を経由する前後で通電してない。
それを交換すれば改善するのではないかと思われるのですが、もはや僕の修理能力を超えていますので断念。ミッションインコンプリート。ぬうう。





これらのような汎用アダプタを購入して代用するのも手ではありますが、このスタンドライト自体が安価な商品なのでまるっと買い替えた方が無難な気はします。もし適合しないと泣きっ面にハチですし。
安価ゆえに当り外れがあるのかもしれず、次の機器が長持ちするかは全く不明ではありますけど別に僕はどっちでも迷惑しませんし。兄一家に任せる。

破れた(裂かれた)レインウェアを修繕してみた話

例の件で無残に引き裂かれて以来放置しっぱなしだったレインウェアですが、現役復帰に備えて修繕することにしました。ちなみに先日のシカ回収の折には安物ヤッケズボンで対応したのですが案の定クッソ暑かったです。よーやっと腰を上げたのもそういった次第。

使用道具一式を並べて作業開始の図。
P_20190812_090733-800x600
ズボンと補修シートと養生テープ。補修シートはこちらです。


Amazonでポチッたはいいけどひと月近く放置してたら何処か行ってしまったのでやむを得ず買い直したとかそんな裏事情は有りませんので念のため。

補修シートを取り出して大きさチェック。
P_20190812_090821-800x600
そのまま貼るには、幅は足りずに長さは過剰。折り目に沿って3等分したらいい感じでしょうか。
しかし折り目きっついなこれ。もしこのまま使用するなら、アイロン掛けるかどうかするのでしょうかね。

ともあれ、カット&仮置きの図。
P_20190812_091330-800x600
問題なさそうです。余った一枚は裏から貼って補強に使おうと思います。

裏面から、養生テープを使って仮止め。
P_20190812_091126-800x600
してからの表。
P_20190812_092136-800x600
そして裏。
P_20190812_092104-800x600

・完。
特にどうという事もありませんでした。
グジグジといじり倒してみましたが剥がれる様子も無く、ピッチリと貼り付いています。
あとはこれが何時までキープ出来るのか、洗濯や乾燥にどんだけ耐えられるのかしばらく要観察です。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ