でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

小屋

ジェバンニが一晩でやってくれました(嘘)

・かつての我が家の庭の状況。
P_20190407_112247
bfr1
草を生やすのが唯一の存在意義みたいな無為な空間でしたが。
ある日帰宅すると、こんな具合にクラスチェンジしてました。
aft1
aft2
これ即ち、空き地からドッグランに生まれ変わった姿です。
作ったのは、ご近所の木工職人さん及び有志一同。除く僕。

我が集落は公道から奥まった所にある元・別荘分譲地ですが、バブルが弾けた影響であちらこちら空き地だらけではあります。
ar01
ついでに入ってくる車なんて数戸の在住者以外は郵便屋さんか運送業者くらいで、つまりはわんこを放し飼いにしたって支障はないと思うのですが、飼い主さん的にはそれでも落ち着かないそうで。
ar02
先日、集落の管理組合の総会が終わった後のお茶会にてわんこ飼ってる人達が、日中わんこを放し飼いに出来るスペースがあったら良いのにね、みたいな話をされてたので、よかったらどうぞと申し出た次第。

かつては借地で営んでいた家庭菜園を自分の土地で気兼ねなくやりたいと購入した当物件ですが、割とすぐに就職決まって狩猟を始めて、日の出前から家を出て帰ってくるのは早くて夕方6時過ぎ。家庭菜園をやってる余裕など当然なく、長らく放置したままで多分今後も状況変わらなさげですので、まあいいかなーって。
もっと大胆にスペース取ってもらっても良かったんですが。
キチンと打ち合わせしなかったせいで手狭になってしまって申し訳ないと思ってたんですが、皆さん的にはこれでも十分だそうなのでひと安心。

・利用者の様子。被写体被ってまして、総勢3名です。
dg04

dg01

dg03

dg05

dg06

dg07
写真ヘタか、とか勘違いされそうな図ばかりでどう誤解を解いたものか。

今日、帰ってきた時の様子。
aft3
なんか増えてる(ガビーン)(雅語)。
ぶっちゃけ聞いてないんですけど。いえ別に良いんですけれどもね?

ちなみにお代とかは何も頂いてません。当然ですけど。ただ草刈りとかを皆さんでやって下さるそうなので、つまりはWIN-WINかと。

床下直し

・入植してから来月で満3年を迎えるマイスイートホームですが。
しばらく前から、床の一部がふわふわして来ていました。
P_20181216_074658
これこの通り、合板が厚み一枚分くらいたわんでます。

このポイント、まだ入植間もない頃に、飲用水に適さなくなっていた廃井戸を埋め立てた箇所です。
埋めた土が沈む&冷蔵庫等の重みのコンボで、ここに設置した基礎が下がってしまっていると思われます。

・・・なんで、一番地盤の脆弱な箇所に一番重い家財を置いてるんだ、とツッコミ入ってるかと思いますがうるさい黙れ。
こうなる事も覚悟の上での采配なんだから、想定内の事態ですので即ち問題は無いのです。

その証拠に、この通り、床下その他のメンテに備えて床板等を固定せずに据え置きしたままでいましたからね。
この工夫が活きることになったんだからむしろ言祝ぐべきことかと。
床を既存のものから作り変える手間を惜しんだツケの支払い日が来たんだろ、とかの指摘も却下。

・実は床のたわみに気付いてから一年以上経ってますテヘペロ。
まだ夏の盛りの頃に「あれココなんかヘコんでなくね?」と思いはしましたが、こんなクソ暑い時に冷蔵庫動かしーの床どけーのなんてやってられません。
で。寒くなってからボチボチやるかー、と一度は腰を上げましたが。「これ床板の裏とかで、カメムシその他が越冬してなくね?」なんて余計なことを考えてしまいまして。
別にそれらが這い出てきてしまっても寒さですぐに駆逐されるんでしょーけど、それでもなんかこーアレがアレで。結局症状がまだ軽かったこともあってそのまま放置。

そしておよそ一年が経過した先週の半ば。
帰宅して靴脱いで上がった瞬間に「ギシッ」とか鳴り出したので、流石に本気出さんといかんかなー、と発起した次第です。

以上が被告の弁明です御免なさい。

・それでは作業の手順を確認。これが現状。
P_20181216_074811
1.冷蔵庫や流し台など荷物をどける
2.コルクマットを剥がす
3.合板を剥がす
4.基礎をどける
5.砂利を追加して、転圧具でトントンして均す
6.逆の手順で元に戻す
以上な感じで。

使用するもの。
近所のホームセンターで購入しておいたバラス(砕石)。
P_20181216_080603
粒のサイズがよく判らなかったので二種類買っておきました。混ぜたら、大粒の間に小粒が入り込んで程よく支える形になるんじゃないかと素人判断。

次にこちら。まさに三年前、井戸を埋め立てた時に使用したきり放置してた、自作の転圧具。
P_20181216_080617
持ちあげた瞬間に分解したらどうしようと危惧してましたが、まだまだしっかりしてる様子。
使う道具と資材は以上。後は人力です。

・それでは作業開始ー。
頑張って冷蔵庫その他を移動。
P_20181216_075725
コルクマットと、二重に敷いていた合板の一枚目を移動。
P_20181216_080945
ここで異変に気付きましたよ。
P_20181216_081037

!?
右の合板が、根太の2x4材からズレて落ちてますがな。

そうそうそういえば三年前、2x4材を切る長さを勘違いしたか何かで、合板がギリギリ載るか載らないかのサイズだったよーな。互い違いに上に合板を敷いて重石にしたから大丈夫かと思っていましたが、上を歩いたりその振動で、合板或いは根太がズレて落ち込んで。
そして実質床板が合板一枚分になったことで、冷蔵庫その他の重みでじわじわたわんできた、と。そういう事?
じゃあ、元井戸の地盤沈下ではなかったんかい。oh・・・

砕石とか買うてもーたやんとか嘆きつつ、とにかく下の合板も外してみたら。
P_20181216_081206
あっれー。
やっぱ駄目じゃないですかよ。
そうそうこんな事したした、とか思い出しながら、床断熱の最後に突っ込みまくった断熱材の端材をバラして除けてみると。
P_20181216_081708

P_20181216_081856

・・・おお。
なんか思ってた以上に沈んでました。三年前は、旧床板と木材を同じ高さに合わせてたんですが。

元・井戸穴を塞いでいた木材をどかしたらこんな感じ。
P_20181216_081943
木材を支えていた基礎がコニャニャチワ(古代語)。
割と本気で危惧していた虫とかヘビとかは居ませんでした。
ていうか、写真の上側に見えてる光は普通に屋外です。基礎の四方八方にこうして隙間があるので、風通しが良くて(良過ぎて)虫とか居ないみたいで一安心です。

それを更にどかしてみたら。
P_20181216_082121
元・井戸が沈下してるんじゃなくて、砂利の中に基礎が埋没してただけの様な。これ普通に三年前の転圧が足りなかっただけでは?ボブは訝しんだ。

購入した砕石を追加しなくても、均して再度転圧すれば済みそうな気もしますが。
返品するのも最早面倒くさいし、構わず投入してしまいます。
P_20181216_082546
取り敢えず袋ごと放り込んで、ここで開封して混ぜ混ぜするつもりだったんですけど。

あれ、これこのまま地面に置いて、上に基礎を載せといたらよくね?

日光にも雨風にも当たらないから袋は劣化しないでしょうし。破れて崩れて傾いたら、その時こそキチンと転圧すれば宜しいかと。
基礎や冷蔵庫の重みに耐えられるのか、とも疑問しましたが、ホームセンターだとパレット積みで10段以上は重ねてありますし。それに比べれば軽いはず。駄目なら知らん。知らんというか、だから転圧すれば済む話。ならばよし。

というわけで、こんな感じー。片方の袋は支えにしました。
P_20181216_082926

微妙に足りない高さは、端材で補います。
P_20181216_083555

材木を戻して―。
P_20181216_083756

断熱材も元通りに直します。元通りでないかも知れませんがどうでもいい。
P_20181216_084234

さて。
このまま合板を戻しても、またいずれズレて落ちて床ふわふわー、な事態は目に見えてますので。
P_20181216_085128
端材を根太に追加するような形で置いて、合板がしっかり載るようにします。
横向きの2x4とか断熱材とか切って幅を狭くするのが本来なんでしょうが。
言ってしまえば面倒くさいの一言なんですが。
それよりいい加減寒さによるつま先の痛さが洒落にならん。
靴下二重に加えて作業用のオーバーソックスも履いてるんですが。それに動きが少ないとはいえじっとしてるワケでもないのに何ぞこれ。

えー。3年前とかもっと寒い時期だったのに、どーやって凌いでいたのか自分。床を張った後は、屋内作業は土足ではなかった筈。

とにかく最早限界。どーにかなったんだからこれで完了。駄目ならまたその時の自分が頑張ればいい話です。
かくして元通り。てゆーか、上の方の写真と比較したらやっぱりちょっと変わってますけどだからもういいという事で。
P_20181216_090913

・仕事を終えてからのエネルギー補給。
美味し。
Lチキ黒胡椒だれ美味し。
P_20181216_092921
祝・復活。このままレギュラーメニューにしてもらえないものか。旨塩と黒胡椒だれだけでいい。辛口は要らん。

・そして一日フラフラして帰宅して。
やはり床がしっかりしているのはいいものです。
良い仕事をした。あとはまた2年も保ったら上出来かと。

カメムシ襲来

・なんか突然、カメムシがアホみたいに家の中にいるんですけど。
これまでは数日に1、2匹ほど見かける程度だったのが、今日帰宅してから既に10匹以上は捕まえて放り出してを繰り返してます。なんぞこれ。

・調べてみたら、15度を下回るくらいに寒くなってきて、不意に逆戻りで暖かくなった日に屋内への侵入が激増するそうです。まさに今日じゃないですかこれ。
外壁が白い、日当たりの良い家によく集まるそうです。まさに我が家じゃないですかこれ。
1、2ミリ程度の隙間があれば入り込んでくるそうです。我が家の隙間がそんなみみっちい幅なワケないじゃないですかこれ。

・どうも我が家がカメムシの巣窟になるのは必然だったみたいですねえ。
しかし去年はここまで酷くはなかった気がするんですけれども。
カメムシが多い年の冬は雪も多い、との俗説もありますそうでどーしたものか。

不幸中の幸いなのは、僕がカメムシのニオイがさっぱり気にならない体質だということでしょうか。
カメムシ同然にクサいと自白している訳ではありません。
ニオイを感じないとかでもなくて。
キュウリみたいなニオイがするなー、とは思うんですが。他の人が反応している程に悪臭だと感じないんですよね。だから捕まえるのも素手でガッといってそのままポイです。

同様に、ドクダミのニオイも大丈夫だったりします。
むしろハッカみたいなハーブ系の香りに感じて好きなくらいです。
周囲に話してもまるで理解してもらえないのですが、困るどころかこんな環境だとむしろ好都合というべきではないでしょうか。

・などとつらつら10分程度書き連ねているうちにも2匹ほどキャッチアンドリリースしたんですがいい加減鬱陶しくなってきましたよコレ。
ていうか、リリースしてたらまた入ってくるだけじゃありませんかよ。
グーグル先生に尋ねてみたら、ペットボトルに入れておいたら自分のニオイで自己中毒死してしまうとのこと。これが一番簡単で手っ取り早いんでやってみましょうか。
問題は、空のペットボトルが丁度切らしてることなんですけれども。

20171027_200637
とりあえずピ〇クルの空容器で代用してみましたよふふん。
伏字にする意味が皆無なんですけれどもネチケットってやつです。多分。

台風の爪痕

・台風の接近とともに雨風が強まってきたのはともかくとして、屋内なのに風を感じるという非論理的な謎の超常現象に悩まされた夜がようやく明けて。

・集落が受けた被害は、倒木により府道に出る道が塞がれたこと。
近所の方々と協力して片付けはしましたが、しかしおっさん連中のチェーンソーの使い方がなってないこと甚だしく。そんな切り方だと危ないケガするいっそ死ぬとどんだけ喧しく注意しても聞いてくれないし。
会長閣下の御言葉を無視するとはいかなる所存なのか。
最後にはふてくされて道路の掃除に専念しましたが僕は悪くありません。
まあ結局ケガ人は出なかったのだから良しとしましょう。泣いてません。

・そしてマイスイートホームが受けた被害。そのいち。
なんか柵が吹っ飛びました。
20171023_094842
もともと大分建て付けがグラグラになってはいましたが。
アルミ製で軽くてこんなスカスカの柵が、固定金具がねじ切れる程とは今回の台風恐るべし。

写真右下の、土が崩れてるように見えている部分は元からなのでお気になさらず。

・そのに。郵便ポストが吹っ飛びました。
ポストと言っても、百均で買った書類ケースに郵便マークを貼り付けただけの代物ですが。
20151206_郵便受け
もう少し大きい石を載せていたにも拘わらず、敷地の反対側まで転がっていました。

百均商品なので紛失しても問題なかったとは言えど無事なのは良かったのですが、それはさておき中に入っていたらしい郵便物も隣に落ちていたのにビックリ。それこそよく残っていたものです。
フジオフードシステムの株主優待お食事券3000円分。
命のやり取りに発展してもおかしくない額ですよ。本当に無事で良かった。

・そしてその惨。玄関ドアが壊れた。
20171023_094859
ドアと言うか、取っ手がもげたのですが。
20171023_094911
もともとこの小屋もどきをリフォームした際にちょっとギリギリを攻め過ぎまして、開け閉めが窮屈なドアではありました。
設計図とか描いたりせず、その時々で寸法だけざっくり測ってえいやってな勢いで作ってましたからね。高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に作業していたのですが、蝶番の厚みを考慮し忘れたのが割と致命的ではありました。

普段からちょっと固めな手ごたえが、雨など降ると湿気で膨れてより酷くなってました。
今朝も同様の事態につき、出るときには肩で押すようにこじ開けて、閉める際にギュッと押し込んでからその瞬間に忘れ物に気が付きまして。間髪入れずに取っ手を掴んでふんぬと引っ張ったらバッキリと逝っちゃいました。

ええまあ、もげたと言うよりもいだと言うべきなのかもしれませんけど。
台風が来なければこうなっていないのですから台風のせいで間違いないのです。

まあ上の写真を見て頂ければ判るのですが、コーススレッドのネジ部分がほんの数センチ効いていただけでしたので、むしろ二年足らずの間よくもってくれたと言うべきなのかもしれません。

・部材を買ってきて修理。ちなみにドアはなんとかこじ開けました。
20171023_145628
コーススレッドの跡をドリルで貫通させて、ボルトとナットで固定する形に変更しました。

その後ついでという事で、木工職人のお向かいさんにサンダーと鉋をお借りしてドアの接触部分を削っておきました。スムーズに開閉するようになってめでたしめでたし。

だったら良かったんですけれども。
なんかガバガバのゆるゆるで、しっかり閉じなくなりました(ノд`)

マグネットとちゃちい扉止めは付けてるんですが。
外で少し強い風が吹いたら、気圧差でドアがすぐ開きそうになってまじヤバい。
今まではドアの固さのお蔭で固定されていたのがぐあああ。
もっとしっかりした閂を、新たに設えないといけないみたいですガッデム。

風もないのにゆーらゆら

・歌詞じゃないからセーフ。

・日本全国から任意にあばら家を100軒ピックアップして格付け評価してみたら間違いなく下位にランクインするであろうマイスイートホームですが、その責任の所在はおおむね後付けの壁と床にあるわけでして。
既存の駆体は本職の大工さんが建てた東屋なのでしっかりしたものです。

なので。
この柱と筋交いを見てくれ。こいつをどう思う?
20170715_064620
すごく・・・大きいです・・・。

・と★いう訳で、こんなものを買ってみました。
20170723_060110
20170723_060245
3シーズン用寝袋・冬用寝袋に続く第三の寝具、ハンモックです。
後ろに見える雑然とした荷物の山には触れてくれるな。

連日の暑熱は昨年とは比べ物にならず、夜になってもつらいです。
寝袋や床の冷たい所を探してゴロゴロするのもいい加減に面倒くさくなってきたので、意外とお安いこともあって試しに購入してみた次第。

・ナイロン100%のパラシュート素材を使用していて、薄く軽量なのに強度と耐久性に優れ、サラサラとした肌触りと通気性で抜群の寝心地。
吸水性と速乾性を兼ね備えてお手入れも簡単で、たためばペットボトルサイズに収まり携帯性もばっちり云々。

そんな感じの商品説明ですが、半月ほど使用してきた感想としてまったく異論はありません。
体がすっぽり包まれた状態になるので寝返りが打ちづらいですけど、寝袋を常用してきた身として今更な意見ではあります。
身じろぎするとぐらんぐらん揺れるので乗り物酔いし易い人には向いてないかも知れませんが、そーゆうのに無縁な自分にとってはたーのしー!な具合でばっちこいです。

そんな訳で、記事名はハンモックのことでした。
一体ナニを想像したんですかぁ?ゲーッスゲスゲスゲスゲス(二度ネタ)

肝心の暑さに対しては、風が吹いたらスースーしていっそ肌寒いくらいの通気性です。夜間どころか寝る前すら扇風機不要になりました。

それは有り難いんですけれども。
パラシュート素材なのに通気性が良いというのは、そもそも致命的に矛盾してませんかね。
論理的にというよりパラシュート使用者にとって致命という意味で。
まあ自分は迷惑してないからどうでもいいですけど。

20170723_054631
ちなみにたたんだ状態。隣りは一般サイズのマクラです。
収納袋は本体に縫い付けてあるので、紛失する恐れも有りません。二枚目の写真にそれっぽいのが視認できるのがお判りでしょーか。
ロープを繋ぐカラビナを外せば燃えるゴミとして処分するのも簡単です。もはや捨てることなどあり得ませんが。

スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ