でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

旅行

オラ東京さ来ただ

hayakuchi_tokyo_tokkyo

・はいそーゆうワケで、前触れなくやって参りました大都会・東京。

P_20191021_102123-816x612

ここまでの道中を表現しているかのよーな暗雲模様。実際にはちょっと日が陰っただけですけれども。
家を出るつもりの時間に目が覚めた時には早速終わったかと思いましたが、園部駅に着いてみると八木-吉富間で前の電車がシカと接触して発車が遅れていますとかなっててビバ田舎。
最終的に予定通りに京都駅へ到着しました。

P_20191021_073241-816x612

20年振りくらいな新幹線。

P_20191021_073237-816x612

キオスクで購入した朝食。
車内販売の存在をすっかり失念していましたが、美味しかったのでこれはこれで良し。

P_20191021_074250-816x612

立ち読む時間も無かったし道中の時間潰しにもなるかと購入したジャンプ。
ジャンプを買うなんてそれこそ何十年振りの事でしょーか。

・ジャンプ読んだりスマホゲーしたり居眠りしたりしつつ3時間足らずで東京に到着。

P_20191021_102118-816x612

東京駅を別角度から。
こちらの写真は明るさ普通ですな。何故。

東京の地理なんてさっぱり分かりません。
かつて、まだ普通に社会人やってた頃に出張で1、2回来たことがある程度。
当時でも流石に携帯はありましたがGoogle Mapの類なんて想像の埒外。目的地までの電車の乗り換えのメモを片手に路線図と構内案内を睨むばかりでした。

そんなんだったから、改めて知るスマホの威力。目的地までの経路を確認しつつも適当に散策します。

・適当といいつつ速攻で到着する皇居。ていうか東京駅の目と鼻の先です。

P_20191021_104315-816x612

実は僕、明日の即位礼正殿の儀にお呼ばれしていまして。
なので念のためにと道程の確認に来たのですけど、その必要が全くありませんでしたねコレ。
もうちょっと移動して更に一枚。

P_20191021_104713-816x612

広い広い。
音に聞く皇居ランナーの人も沢山走ってましたよ平日なのに。
ところで白状しますけど、即位礼正殿の儀に招かれてるというのは実は嘘です。
勘違いされたらいけないので念のため。

P_20191021_105638-816x612

桜田門を出て見えるのが桜田門こと警視庁。僕には宇宙一縁のない場所です。

P_20191021_110550-816x612

国会議事堂。
再来年くらいの僕の職場な予感がします。

P_20191021_112408-612x816

東京特許許可局あらため特許庁。
あらためというか、東京特許許可局なる省庁は古今東西存在した事はありませんので念のため。

・この辺りで、いい加減1時間以上ほっつき歩いて流石に疲れてきました。
ていうかカバンの肩紐が痛い。地味にジャンプが余計な仕事してます。何処かにポイしたいんですけど、テロ対策かゴミ箱の類が全くありません。いっそ新幹線の中にうっかり忘れてくるべきでした(マナー知らず)。
汗ばんでもきましたし、丁度お昼が近いのでなんか涼しくなるもの食べて一息つこうかと。

P_20191021_113434-816x612

そんなワケで、あったよ!カレー!
何でやねんとツッコミ入りそうですけど、ホント何ででしょーね。我ながら謎です。でも美味しかったです(小並感)。

・そして、よーやっと本日の目的地・農林水産省に到着。

P_20191021_123934-816x612
P_20191021_130133-816x612

ご覧の通りのシンポジウムに社長の代理で出席してきました。
感想はまあ、ふーんみたいな具合で。
そんな事より会議中はスマホをマナーモードにしていたので気付かなかったんですけど地元の農家さんから電話が掛かってて、どうやら網掛かりがあったみたいでガアアアアアアアァァァ

・夕食ー。

P_20191021_175840-816x612

空いていた朝と打って変わって混み合ってる車内で食事するのもナンなので、駅構内で生まれて初めての立ち食いそばと洒落込みました。
はい、日帰りですよファッキン。
明日?祝日なのに社員一同フツーに出勤ですよマジファッキン。

わんわんマルシェ神戸に行って来ました

・6月1日と2日に神戸ポートアイランドの市民広場にて開催されている
わんわんマルシェに行って来ました。
昨日の記事で、実家でゆっくりするって言ってたろーが、ですか。
そうでしたけ?フフフ。

・午後1時頃。市民広場駐車場(地下)は幸いにして結構空きがありました。手近な出入り口から地上に上がってみればすぐそこが会場でした。
P_20190601_133321
色とりどりのブースが並んでます。わんわんマルシェの名の通り、まず全部がわんこ対象のグッズやらフードやらを販売しているお店。ごくまれににゃんこ対応のお店(首輪とか)も有りって感じでしょーか。
P_20190601_133627
P_20190601_133428
ペット博には流石に比べるに及びませんけどそれでも大勢の店・人・そしてわんこ達で賑わってました。

人用の食事を販売しているお店もありました。クレープとかハンバーガーとか。
P_20190601_133730
ただ自分この時すでに、写真を撮り忘れたんですけど会場北側に隣接しているカフェ・ド・クリエというお店でお昼を済ませてしまっていたので利用できませんでした。美味しかったので後悔はありませんですけれども。

・80を超えるブースの中で、ひときわ燦然と輝くお店が。詳細はよく分からないのですけど、確か京丹波自然工なんとかとか。
P_20190601_140001
P_20190601_140007
明日2日(日)は10時~16時開催予定ですので、お暇な方々は良かったらどーぞ。

・帰りの道中、スタバで休憩。チョコレイヤーケーキをヘビーローテすると言ったな。あれは嘘だ。
P_20190601_151033
まあ気分転換も必要でござる。
上はサッパリ系、隠れてる下部は濃厚でこれも美味しかったですまる。

ちなみにこのお店、2階の客席から明石大橋がよく見えるめっさ眺望良好な店舗だったんですけどこれまた写真を撮り忘れました。
もしかして自分、ブログ運営というか情報発信にカケラも向いてないんじゃありますまいか。
「撮らねば」という意志をしっかり抱いていないと、取り敢えず写真撮っとこうとか系の発想が出てこないんですけれども。ぬう。

・シャロっちへのお土産。
基本ドッグフードの名目で販売してますけど、別ににゃんこが食べても問題ないです。
P_20190601_172643
お代金はちゃんと支払うつもりで伺ったんですけれども押し切られてしまい御厚意に甘えてしまってぶへへへへへ。
・・・地元の銘菓に形を変えて、休み明けに持って行きます(拝謝)

夕餉に出したのは、どーなんだろうと懸念のあった猪レトルト(カット肉)。
懸念というのは、イノシシ肉はシカ肉に比べてニオイがキツいため、わんこでも好き嫌いの出ることが多いですので。
とりあえず、一袋の3分の1ほど与えてみました。
P_20190601_180001

P_20190601_180212
懸念?なにそれ美味しいの?みたいなノリであっさり完食してしまいました。
まあ食い意地の張ってるにゃんこですので。世の中一般のにゃんこが皆イノシシを食べるとは限らない、と言っておきます。

お気に召したのか珍しいからなのか食後のクレクレが激しいのですが、初めて食べる品をいきなり大量に与えるのもよろしくないとのママンの判断に基づき却下。
代わりに、鹿ドライクッキー(Ca)を1ピースだけおまけしました。
クッキーと銘打っていますがシカの乾燥肉です。ミンチ肉を四角く成形してジャーキーにした一品。およそ2cm四方、厚さは数ミリといったところでしょーか。Caというのは、シカの骨粉を混ぜてカルシウム分を強化しています。にゃんこにはこの方がいいかなって。

というワケで試食。
すっげー勢いで喉ゴロゴロ鳴らしながら噛み噛みしてます。こんなに喉を鳴らすのは、お気に入りのネコベッドに入るときくらいですけど。
P_20190601_180614
ただにゃんこには硬すぎたのか、全く噛み切れない様子。なので細かく千切ってみました。
P_20190601_180923
そしたらペロリと平らげて、カリカリ言わさず丸呑みしてしまったんですけど。
消化とか大丈夫?明日は少しふやかしてから与えてみます。
むう、ドライ系はにゃんこには向いてない?もっと一片が細かい商品であるドライミンチにした方が良かったかも知れません。でもショップとかには普通にネコ用ジャーキーとか売ってるしなー。そのまま放っておいたら普通に食べてた?けど遊んでるうちにソファー下に入れられても困りますし。
まあいいや。検討は明日。

・そして今宵もお風呂鑑賞。
P_20190601_192028
そういえばママン曰く、とうとう落水したそうです。
お風呂に給湯中ではなく洗濯で吸い上げ中に。ゆえに水位下がってたので溺れたとかは無し。
ある日洗濯してると突然すんごい悲鳴が聞こえて慌てて振り返ったら全くすました顔でスタスタ歩き去ろうとしてて、でも床ビチョビチョにしてていやいやいやいや、と。
お前何とぼけて無かったことにしようとしてんねん、と。

ちなみに顔以外ずぶ濡れだったそーです。
それで少しは懲りたのかと言うと欠片も変わりないのは上述のとおり。奥が深い。

藤の宮・宍粟市大歳神社の千年藤

山崎町上寺の大歳神社境内にある藤は、兵庫県の指定文化財(天然記念物)に指定されており、天徳四年(960年)に植えたと伝えられています。幹回りが約3.8mもある大木から枝が四方に伸び、境内一面に広がる藤棚は約420平方mにも及びます。4月下旬からの花期には、1m~1.4mの花房が垂れ下がり、境内を埋め尽くす様は壮観です。平成13年には、環境省の「かおり風景100選」の一つに選ばれました。
(以上、「西はりま遊記」よりコピペ)

・そんなわけで。
実家に帰省していたGW前半のある日、お花見したい気分になって母と宍粟市山崎町の大歳神社へやって来たのだ。

ちなみにこの大歳神社。
稲の神様であらせられる大歳神(おおとしのかみ)をお祀りしていて、日本各地に建立されており「おおとしじんじゃ」と読みます。
ところがどっこい此方のお宮の読み方は「ださいじんじゃ」。繰り返す、「ださいじんじゃ」。
理由は不明だそうです。
ええー。

・気を取り直して、境内の様子はこんな感じ。
20180429_115149
ふむ。
20180429_115158
ふむん。
20180429_115237
んんー?

・なんかショボくね?とか思ってたんですが。
地元の人の説明によると、ここ最近の急激な気温の上昇のせいか例年より一週間ほど咲き方が早まってしまったらしくてがっでむ。
まあ、藤の花を見に行くこと自体が今年初めてなので勝手が判らなかったというのもあります。
なので来年から本気出す。
ちなみに本来の満開の様子は上記のリンクからどーぞ。

・それにしてもGWだからか、そして本来は今頃が花の盛りだからなのか結構な賑わいで。
ちょっと離れた、それでも1km足らず程度の距離に臨時駐車場が開設されていまして、昼前に着いたんですがほぼ満杯でした。
当然ながらそこに車を停めて歩いて往復しながら観光して、それで家に帰ってきたら。
なんか足がだるいんですけど。

ええー。
猟期が終わってからこっち、朝の見回りが無くなって運動量が激減してたのは気にはしてたんですけれども。
まさか2kmも歩いてないのに足にクるとは何たることか。
ちょっとアラフォーの体力の減衰力を侮ってましたよ。

数日中にワナ猟を再開するのですが、リハビリのつもりでゆっくりじっくりやってかないと調子に乗ったら死にそうですこれ。
そして来年はこんなザマにならないよう気を付けないといけませんねえ。まさか今年ほどには、猟期と有害鳥獣駆除との間が開くなんてことはないでしょうけれども。ええそうですとも。そうだな役人ども?
それでも運動を兼ねて、ワナの下見とかのつもりで適度に歩き回るとかするべきでしょうね。
ああ面倒くせえ。
まあ来年のことなので来年から本気出すということで。よし解決。

淡路島

記事内容が一日遅れてますが悪しからず。

もう10年にもなるのでしょうか。
自分、淡路島の玉葱農家さんの処で2年間ほど、住み込みで農業研修を受けたことがあります。
そこを辞した後は地元の姫路にて休耕田を借りて農業の真似事などしてましたが、毎年12月の適当な日に状況報告を兼ねて御挨拶に伺ってました。

しかし昨年の年末は高知と福知山を行ったり来たりで余裕がなく、途中に寄れそうな時には師匠の都合が合わずで結局年賀状だけで済ませざるを得ませんでした。
なのでこのたび降って湧いた春休み、しかも都合よく天気が崩れた木曜日に南あわじ市の師匠宅を訪ねてまいりました。
(天気が悪い日を選んだのは言わずもがなですが農作業が休みなので)

しかしまあ予想以上に空が荒れまくって、明石大橋を渡る時などハンドル取られまくりで超怖かったです。
20160407_01淡路SA
淡路SAで休憩中の空模様。バイクは通行止めになってました。

昼食代わりのミスドの新商品・クロワッサンマフィン。
20160407_02クロワマフィン
食べた感想なんですけれども。
クロワッサンでも・・・マフィンでも・・・ない・・・だと・・・

勿論ドーナツでもありません。なんていうか、普通にパンでしたよ。
しかもすっげー食べにくい。粉とかボロボロ落ちて、間違っても車の中などでは食べてはいけません。
しかも一個200円近いし。味は悪くは無かったんですけど、これはちょっとアレでした。

その後師匠宅へ。
土地の購入から小屋の改修から現在の生活から今後の予定からと、色々とお話しつつ意見を頂きつつ、2時間ほどお邪魔してきました。

そして頂いたお土産その1。玄米。
20160407_03お土産玄米
軽トラに雨避けシートは積んでますけど荷台の床は濡れてますので、紙袋を荷台に載せるわけにいかないため御覧の有様です。対向車の視線なんて気になりません。雨でしたし。

しかし福知山に来てすぐ購入した玄米30kgがまだ半分以上残ってるんですがどーしたものか。

お土産その2。
20160407_04蜜蝋
何かは今は申しません。
早く説明できればいいんですけど、もしかしたら一年後になるかも知れません。

大阪キャンピングカーショー

3月26日土曜日、インテックス大阪にて開催された大阪キャンピングカーショーを見に行ってきました。
公式サイトはこちら

実は自分、キャンピングカーの購入を真面目に検討していた時期がありました。
というのも今の土地を購入する数カ月前、競売物件でいい感じの土地を見付けまして。
2千坪ほどの山林で市街地からも近く、なのに評価額はわずか70万円ほどでしたでしょうか。
というのも敷地の大半が斜面で、わずかな平坦地も含めて雑木が繁茂し、しかも市街化調整区域で建築物が建てられない物件でした。

こんな所、自分以外に入札する人すら居ないだろうとすっかり落札した気分でおりました。
それでまあ住むところをどーしたものかと考えて、
 建築物が建てられない 
>土地に固定していない小屋でも行政から突っ込まれたら面倒くさい
>ならばキャンピングカーか!
という結論に至りました。
丁度その頃、トラックの荷台に居住部(シェル)を積み込む形態のキャンピングカー、通称トラックキャンパー略してトラキャンなる代物があることを本だったかネットだったかで知りまして。
じゃあ軽トラ用のトラキャンを買って普段はそれを敷地に置いて生活すればいいじゃんとか夢想してカタログ取り寄せたりしてましたこのアホが。

ええ、現在そこに住んでない時点で競売の結果なんて言わずもがななんですが。
入札者が居ないどころか自分も含めて16人。
落札額に至っては文字通り桁違いの、自分の入札額の10倍近い額が付いて、乾いた笑いすら出ましたよ。
一体誰が何を考えてあんな土地(暴言)に800万以上も支払ったのかとずっと疑問に思ってましたが、ある時この話をしたら会社の人が一言

「太陽光パネル置くんじゃない?」

超・納得。つまり民主党が悪いということで。


まあそれはさておいて。
そのカタログを請求した業者さんから、先日割引招待状が送られてきまして、遊びがてら見物に行って参りました。

会場であるインテックス大阪の外観。
20160326_01インテックス大阪外観
イン「デ」ックス大阪だと思っていたとか、外観イメージが大阪ドームのそれだったとか、色々勘違いしていたことを知りましたがどうでもいいことです。

中の写真はあまり撮らなかったのですが、かなりの盛況ぶりでした。
ここ福知山でも以前住んでいた高知でも、三日に一回はキャンピングカーが走っているのを見かけますがさもありなん。

こちらが軽トラキャンパー。
20160326_02軽トラキャン01
前面から。
20160326_02軽トラキャン02
車両込みの金額ですが、結構いい値段します。居住部だけでも200万くらいの値札が付いていました。

別タイプの軽トラキャンパー。こちらは車体に完全に固定して、積み下ろしは出来ないそうです。
20160326_03軽トラキャン02
就寝スペースが跳ね上げ式で、走行時は畳んで車高がコンパクトに収まります。

内装。なかなかお洒落な雰囲気です。
20160326_04内装
一口コンロと小さなシンク、ドアの陰には小型のポータブルトイレが設置してありました。

DIYで、こんな感じの軽トラキャンパーを自作している方は結構いるようで、数十万円くらいで作れるそうです。
但し大体は骨組みに材木を使うので軽トラの積載量350kgギリギリになるのがネックだそうです。
こちらの製品はアルミを使って剛性と軽量化を両立させ、150kgくらいだとか。代わりに200万円ですけど。

勿論通常のキャンピングカーに比べればずっと安価ではありますが、貯金がすっからかんの自分にはどちらにせよ高嶺の花です。ぶっちゃけ今の小屋がどれだけ持つか不明瞭ですし、頑張ってお金を貯めて、何年か後に購入するのもアリかもしれませんねえ。
とかいいつつ中古の軽バンとか買って適当に寝袋使った車中泊で済ます気がしてなりませんが。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ