でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

生活

Heaven to Hell

・年末年始の休みも終って月曜日から仕事始めだったのですが。
朝から寒ぅい!
いえ朝だからこそ寒いんですけど。1週間も実家でゴロゴロぬくぬく過ごしてきた身をさておいても、これはなかなか厳しい冷え込み。マイナス3度くらいはいってるんじゃないかと思ったんですけど温度計を見ればマイナス1度。あっれー。思った以上にたるんでしまってます。
マイナス1度が寒くないと思っているあたり、今の環境に毒されきってる気がしなくもありませんが。

そして天気予報によれば今週後半からまたがっつり冷え込むようで、マイナス6度とか8度とか言ってて草も生えない。氷点下になると爪先が靴下2重+テントシューズ+冬用寝袋で防寒してなおジンジン痛くなるんですけど大丈夫でしょうか我ながら。寝袋の性能ってどんなんだったっけと確認してみましたら、
P_20210105_182732_copy_1152x864
はい先生!リスクって何ですか!
いえ割と真面目な質問。何に対するリスクなのか明記されてなくて参るね。

もっと防寒性能は高いと思ってたんですけどこんなものでしたっけか。
まあ1、2度下回った程度で命に支障がどうこうもないでしょうし、どうにかなるかと。
実際過去の日記を読み返してみれば、たまーに最低気温がマイナス5度を下回ったことも無くもないです。具体的には移住してきた2016年1月以降のべ16日だけですけど。
更に詳細を述べますと、
 マイナス5度が5回
 マイナス6度が8回
 マイナス7度が2回
 跳んでマイナス9度という頭のおかしい日が1回だけ。よく無事だったな自分。
これらの日々の過半数が2018年の1月と2月のことで、今の冬用寝袋を購入したのは2017年の1月。こんなもんで大丈夫でしょ、と根拠なしに適当に購入したら余裕で限界温度を下回ってたんですね。なるほどー。その事実を認めたくなくて寝袋の性能自体を記憶から消去してたんですね。なるほどー。かつての自分をフォローするなら、まだ貯金がさほど回復してなかった事による予算と防寒性能のせめぎ合いの結果だったと思われます。

ちなみに資料を読み返していて気が付いたのですが、これらの激寒な日は全部2018年2月以前。それ以降ここ3年はマイナス3度が2回のマイナス4度が3回だけ。暖冬と呼ぶにふさわしい年が続いてきてたようです。すなわち数年来の寒波が来るという天気予報を己で裏取りしてしまったわけで、今度は駄目かも知れませんね。
ぶじ生き延びる事が出来たら、今週末にも防寒性能のより高い寝袋を買いに行こうと思います。できれば快適温度がマイナス5度くらいのやつ。

新年早々のthpr

・新年あけましておめでとうございます。本年も適度にぬるやかに更新して参る所存でございますので、どうぞ宜しくお願い致します。

さて。小屋暮らし紹介ブログの端くれの体で始まったはずの当ブログですが今では単に小屋で暮らしてる人間の日記ブログに成り果てた感があると言えなくもない気がしなくもなく。それの真偽はともかくとして、家族親戚・友人知人への近況報告を兼ねているのは否定できない事実です。ていうかぶっちゃっけ最早それが主目的になってたりするかも知れず。
だから、と言うわけではないんですが。今でも年賀状をやり取りしてる数少ない友人が当ブログを見てくれているというコメントをくれた時、筆不精な僕が「じゃあもう年賀状は出さなくてもいいよね」とサボる事にしたとして、一体誰が責められようか。

少なくともその友人は石を投げてくれてもいいと思います。

そんなわけで今年というか昨年末は反省して、昨年末のうちに年賀状を送らせて頂きました。これまでは正月に年賀状を受け取ってから、送ってくださった方達に返答するという受け身かつクソ失礼な流儀を貫いていましたがその辺も心入れ替えてみました次第。
そして明けて正月、件の友人からも変わらず年賀状を頂いてほんっともうマジ御免なさい。そして他の年賀状に混じって、なんと僕自身からの年賀状も届きましたよー!
つまり。件の友人宛ての年賀状が、住所不明で返ってきたんですけれども。あっれーえ?
P_20210102_123752
結論から申しますと。
最新の昨年の年賀状を福知山へ持って行ったままだったので、実家に置いている一昨年以前の年賀状にあった住所を記入したのですが、引っ越されていたみたいで住所が古くて出戻りくらった、というオチ。そういえば去年の年賀状は住所が変わっていたような。あらやだ。なんという不幸な事故。

と・いうわけで、傍から見るといつもどおりのブッチ失礼かましてますけど挽回の努力はしたのです。などと、ここをご覧頂いていると信じて弁明してみた次第。
P_20210102_104531
お詫びのネコ画像。はー癒される。

今冬の寒さ対策・屋内編

・焼け石に水。暖簾に腕押し、糠に釘。
三大・やるだけ無駄無駄無駄ァッ!を意味することわざと言えばこれらでしょうが、四番目に挙げるならば「我が家に暖房」であること疑いありません。
今の生活を始めた当初は灯油ストーブを購入ましたが加温する端から流失していく故ぬくもりを感じる暇も無く。至近に設置して背中を炙る要領で使用してました。一応それだと効くことは効くので厳寒期でも割とポカポカ快適ではありましたが危ないのも確か。いずれカチカチ山を再現して死ぬのではないかという懸念は常に抱いてましたし、当時は座イスがなかったのでメッチャ背中が凝りまくって、ふ~やれやれと背伸びしたらストーブに鉄山靠もどきをブチかました事が約2回。

それでも1年ほどは使い続けましたがいい加減ヤバいと自覚して、2年目の冬に電気毛布に切り替えました。火力は落ちますけどくるまってれば充分暖かいですし灯油を購入する必要がなくなっておサイフ的にも手間暇的にもスッキリポン。それなりに快適ではありました。
ただ。最終的に落ち着いた姿勢が、下半身は寝袋に突っ込んで電気毛布はケープみたいに肩に巻いた体勢なんですけど、これだと如何せん肩がこる。洗濯バサミとカラビナでクリップ作ってずり落ちない様にはしましたがそれでもなるべくじっと動かないようにしないとならず。
P_20200119_162928_copy_816x612_1
これで前を綴じてやり繰りしてます。

そんな感じで縮こまって過ごしてきた冬ですが、このたび第3の暖房器具を導入してみましたよ。
最近流行りの、いわゆる電熱ベスト。買ったのはこちらー。

見た目ダウンベストっぽいモコモコしたアウター仕様のやつとか首元までしっかり暖めるやつとか色々なタイプがあります。その中から自分がこれを選んだ理由は、
●首回りは無い方がいい。普段アウターとミドルレイヤーで首元固めた上にネックウォーマーで首元に寒さは感じてませんし、これ以上増えるとチョーク極まるし。
●加温部位に腰とお腹は外せない
●洗濯機で洗えるのは必須
これらを満たしたうえで、お値段とかお値段とかお値段とか色々検討した結果となりました。

実物はこんなん。
P_20201213_143953_copy_864x1152
一見ゴムシート製かと思ったくらいにしっかりした作りで、軽量と謳いつつも結構ずっしりときます。まあ電熱線が張り巡らされてるワケですからさもありなん。裏地はフリースみたいな生地で着心地いいです。
P_20201213_144007_copy_864x648
給電用のUSBソケット。これにモバイルバッテリーを挿して使用します。
ただ自分、加温機能は在宅中、もっといえばPC前に座ってる時しか必要ありませんので、延長USBコードを購入してコンセントから直接給電してます。

付属品の洗濯ネット。地味にありがたいです。
P_20201213_143832_copy_864x648
説明書はタグ付けされてました。
P_20201213_144050_copy_864x1152
クッソ怪しい日本語にも程があります。せめて商品名のベストぐらいはベストと記述しやんさいよ。

そして肝心の使用感について。
そもそも加温するまでもなく着てるだけで普通に暖かいです。あっれれー。いえ構わないんですけど。よっぽど冷え込んでない限り電気無しで問題ないです自分の場合。それでもって電源オンしたら丁度ホッカイロ使ってるみたいな感じでじんわり暖かくていいですわゾ~コレ。
ちなみに自分180cm63kgのガリなんですがXXLサイズを購入したところ、中に圧力服1枚着用した状態でベストとの隙間に手の平がズボズボ入ってちょっとブカいです。屋外とかで加温するなら体にフィットしてる方がいい筈ですので1サイズ小さいのにするべきかと。僕の場合は前述の通り屋内で座った状態でしか使用しませんので問題ないですが。
そして服の中で加温しているワケですから漏れなく無駄なく暖かくてズレ落ちたりすることもない。もしかして暖房器具の最終形態なのではないでしょーか。

ただ、電熱ベストだけあればもう何も要らないとも行かず、氷点下とか冷え込みのキッツい夜は相変わらず電気毛布を肩にかけとかないと厳しいです。けどこっちは電源投入までする事も、ガッチリくるまっておく事も必要なくなりましたので快適さは随分と向上しました。はーやれやれ。

2年ぶりの積雪

・先週末あたりでの週間天気予報だと、今週の火曜日から木曜日まで雪マークばかりがズラリと並び数年前の大雪の再来かと戦々恐々してました。
なのに火曜日は何ともない好天気でズコー。
明けて水曜日の朝。なんだかプラダン窓の向こうが普段よりぼんやり明るく白っぽく、すわ来たかとドアを開けると
P_20201216_070011_copy_1152x864
しょっぱ。
当地ではこんなもんは積雪に入りませんですぜ。昼前どころか出勤時には概ね融けてました。
拍子抜けが続くものでHeyHey冬将軍ビビってる~?とか調子くれてたら今朝。
P_20201217_070130_copy_1152x864

加減しろ莫迦!
いや全然気付きませんでマジびっくり。足首埋まる位の雪なんて久しぶりです。昨年は雪らしい雪が降る事もない暖冬でしたし。
P_20201217_082818_copy_1152x864
余裕でハシャいでる杏ず。流石だ。
P_20201217_082820_copy_1152x864
一方のきなこ姐さん。顔だけ出して挨拶してくれましたけど即座に引っ込みました。まあ無理はなさらず。

3年前の大雪の時はそれこそ3日3晩降り続いてどえらい事になりましたが、今朝はもうたまにチラチラ思い出したように小雪が降る程度。帰る頃には日当たりの悪い箇所に残ってる程度でほとんど融けてしまってました。やれ一安心。あとは明朝に路面の凍結に気を付けるばかりです。

今冬の寒さ対策・屋外編

・いつでしたか、寒さ対策に対して護身完成したと言った記憶がありますけれども申し訳ないあれは嘘だ。
いや嘘というか勘違いだったというか。夏が過ぎ短い秋が終わって再び冬が巡り来てみると普通に寒かった。あっれー。

・まずは足元対策。これは外出中の話。車の運転中でも出歩いてる時でも足首から先が冷たいのをなんとかしたく、冬用のクツを導入する事にしました(ちな車中では足元に温風出しているにも関わらず足先冷たい原因は不明。この世の神秘)。これまでの人生ずっとクツはオールシーズン同じのを履いて、クツ下とか中敷きで対応していました。けどそれだと追い付かない事に移住して5度目の冬でよーやっと気付いた次第。
買ったのはこちら。大正義・ワークマン製防寒ブーツ
Field Core “ケベック”
価格:1900円 (税込)
モデルナンバー:FC022
カラー:モカ
サイズ:4L (29.0cm)
P_20201213_062640_copy_1152x864
モカ色とかいいつつなんだか灰色っぽいのは写真写りのせいです。実際は公式サイトでどーぞ。モコモコの生地が足首まで包んでくれるので冷え対策はバッチリのはず。まだ履いてませんけど。

んでもういっちょ。同じくワークマン製の防水シューズ
Field Core “エルタ”
価格:1900円 (税込)
製品コード:FC072
カラー:ベージュ
サイズ:3L (28.0cm)
P_20201213_062715_copy_1152x864
ベージュ色とかいいつつなんだか緑色っぽいのは以下略。
防水性だけでなく防火性もあってキャンプや焚火に活躍という触れ込みの品。別にキャンプも焚火もしませんけれども。加えて耐寒性や保温性も高く、かつ軽量で動きやすいとのこと。

普段クツを購入する際は同じ品を2足まとめて(場合によっては色違いで)購入して一日おきに交互に履いているんですが、今回はいつもの流儀から外れてみました。なにせ自分これまで足首まで包むブーツとか履いたことがロクにないもので。履き心地とか歩きやすさとかシックリこない可能性に備えてみました。寒さ対策としては前者のケベック一択ではあるんですが。
ちなみにお店で購入を検討している最中こちらとどちらにしたものか悩んだのですが、
かかとの生地がなんか寒そうに思えたので見送り。

・さっそく今日から履いてみてるんですけど生憎というか幸いというか冷え込みユルいので効果のほどはまだ不明。明後日あたりからいよいよ雪らしいのでそれまで判断保留ー。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ