でがらしくらし

日本全国(は無理)津々浦々レンタカー回送しつつ、福知山で小屋を建てたり偶には狩猟をしたり(多分)な日々を綴っていきます

食事

ローマ本場の味を堪能した話

mariegg

・マリトッツォ。
マリトッツォかマトリッツォか分からなくなることがしょっちゅうですが、脳とか年齢とかは関係ありません。紛らわしいのが良くない。
ある時を境に一気に出回り始めた点には何らかの工作を感じずにはいられないんですけどその辺は別にどうでも。もはや暴力的なまでにスイーツ感を見せつけてくるフォルムは圧倒的ではありますが、お味の方は見た目そのまんまに生クリームとパンの味。そりゃこのビジュアルでチョコ味とかだとビックリしますけど。
兎に角そんな感じで、スイーツ分を過剰に摂取したくなった時とかにポツポツ食べる程度でさほど情熱を感じていなかったのですが、なんだかこの度イタリアの人が絶賛するマリトッツォ(もどき)が発売されたそーで。
>ローソンの「おやつこっぺリッチミルク」は完全にローマ本場のマリトッツォ。食べたら涙が出るくらいそのままの味だった。最後の一個を買えて人生が変わったマジで。
そこまで言われるとわたし、気になります!なので食べてみることにしました。

・我が家のキッチン兼冷蔵庫兼トイレットすなわち近所のローソン。1年に380回は利用させて頂いているお店に不満など決してございませんが、敢えて断腸の思いで申し上げるならスイーツのラインナップが若干弱いかと。こんな感じな話題の新商品も入荷しないかしても一回切りで売切れたらそれっきりな場合が多く、今回の品も朝一で赴いてみましたが残念ながら置いてありませんでした。

なので貴重な——貴重な休日を利用して捜索のドライブへゴー。
不要不急の外出…?食欲は人類必須の感情ですし急がないと売り切れますし。県を越えてはいないからセーフ。
しかし国道を一直線に走ってるだけだと、思ったよりコンビニって少ないものですね。更にローソン一本に絞った上に反対車線側を除くとなると想定以上に少なった。まあドライブを兼ねてますから構いませんけど。お前ん所がクソ田舎なだけじゃろがい、ですって?はい済みません。

・1軒目は空振って、2軒目でゲット。
P_20210925_094341_copy_1152x864
それはいいんですけど。コンビニ袋がまさかの紙袋でした。
P_20210925_094311_copy_1152x864
購入した店舗のあるK市、なんでも条例でプラ袋の使用が有料化どころか禁止になって、今年1月から紙袋で提供しているとのこと。なんかセクシー大臣のシンパどころか過激派な人たちがいる様子ですよ。ついでに言えばプラ袋じゃないから無料とかでもなくてキッパリ8円くらい取られてました。ぬう。

それはさておいてお味の方ですが。
かぶりつくと口の中に広がる生クリームとコッペパンの風味。
うん、マリトッツォだコレ!
考えてみればどころか考えるまでもなくそりゃそーだですけど。他の製品との違いがよく分からん…流石にスーパーとかのパンコーナーに常温で売ってるヤマザキのアレよりは美味しいかと思いますけど。個人的には同じヤマザキの、冷蔵コーナーに置いてある方のオレンジピールが入った品の方が好きです。

まあぶっちゃけどんだけ美味しいとされるスイーツを食したところでローソンのツインシューこそ天下一、その他悉くは有象無象なんですけど。

オレサマオマエマルカジリ

・ここ半月で一気に涼しくなってきましたね。今日なんてにわか雨が降って止んだら午後2時過ぎなのに冷やっこいくらいです。
そんな感じで生活が快適になって諸々捗るのが秋。うんたらの秋といえば読書・スポーツ・芸術・行楽などなど色々ありますけれどいの一番に挙げるとすれば食欲の秋以外にあるでしょうかいや無い。

と・いうワケで、ちょちょいと遠出してドムドムバーガーの丸ごとカニバーガーを食べに行って来ました。

>昨年の10月に販売された丸ごと!!カニバーガー。高級食材であるソフトシェルクラブが
>丸ごと挟まった驚きのビジュアルと、柔らかいカニのうまみたっぷりな美味しさで
>大人気商品となりました!
>テレビなど各メディアにも紹介していただき売切れ続出となったカニバーガーが、
>再販売希望の多くの声にこたえ期間限定で復活いたします!

>ソフトシェルクラブとは…??
>脱皮したての殻の柔らかいカニです。キトサンやカルシウムをたっぷり含んでいる殻を
>美味しく召し上がっていただけます!
>カニの身、みそ、殻のうま味を丸ごと味わってくださいね

みたいな。
日本初のバーガーチェーン店でありながら今では店舗を見かけることすら稀な、かと思いきやポツポツ新規出店したりかつての丸ごとカマンベールバーガーだったり今回だったり強気な期間限定商品売り出したりとタフな底力を魅せてくれます。

P_20200926_092749_copy_816x612
P_20200926_092815_copy_816x612
中の人に旗を持たせるセンスがなかなか猟奇的です。あるいは猟師的というべきか。商品開発部に僕のご同輩とかいるでしょこれ。

一口食べてみたらこんな感じ。丸ごとゆえに身やカニミソが一杯です。
P_20200926_093017_copy_816x1088
ぶっちゃけソースに隠れてカニの風味とかよく判りませんけどそのソースがいい具合にちょいピリ辛で、カニはカリッカリに揚がってて美味しかったです。そういえばとあるジビエ系マンガで外骨格系はだいたい揚げれば何でもイケるとかなんとか言ってたよーな。

・せっかく遠出したついでですので気になってた別のお店にも行ってきました。
松屋フーズのとんかつ系ブランド「松のや」のたっぷりタルタルメガチキンかつ定食
揚げ物ばっかりやんけ!とか言われそうですけどそれがどうかしましたかよ。
腹の具合は大丈夫なのかと問われたら、カニバーガーを食したのが開店して間もない朝9時過ぎで松のや来たのが夜8時頃、その間は特に何も食べてませんでしたのでむしろペコペコでした。それはそれでどうなのかと自問しなくもないですけどまあ秋ですし。

そういうワケで実食ー。
P_20200926_201803_copy_816x612
商品写真よりひと切れ分くらい小っちゃい気もしますけど、この程度のパネマジならまあ良くある事ですし。逆パネマジを平気でやらかすコメダ珈琲が特異なのです。
お味の方はと言いますと、揚げたてのお肉にタルタルソースで不味くなる筈もなく。いやさそれどころかメッチャ美味しい。熱々のカリカリでジューシで食べ応えが最高です。1800kcalは伊達ではないかと。これもっと食べたいです。他のメニューも食べたい。なのに一番の最寄り店でも車で1時間以上かかるのが悲しい。福知山市に出店するなら松屋じゃなくて松のやでも良いですよ?

幻のフルーツ・ポポーを食してみました

・秋のシルバーウイークという名の4連休につき実家へ帰省。別に連休に拘らず普段からホイホイ帰省してますけどそれはさておき、先日自宅の敷地内に自生していることに気が付いたポポーをお土産に収穫してみました。

調べてみれば、収穫期は品種によれども大体9月中旬から10月中旬ということで即ち今。
初夏には結実していた幾つかのポポーの実は、幸いにも台風直撃は免れたお陰か強風にも大雨にもまけず健在でしたよ。
P_20200918_054338_copy_816x612
P_20200918_054417_copy_816x612
本当の食べごろは自然落果したものを更に数日追熟させたモノだそうですが、残念ながら休みは待ってくれませんでしたのでやむを得ずハサミでチョキンしてお持ち帰りしました。

それから2日して、うち1個がなんとなく柔らかくなって香りも強まって来ましたので食べてみる事に。熟した果実だけ選ばれてナイフで裂かれて飲み込まれるのです。ふふ。
P_20200920_131913_copy_816x612
大きさはどれもこんな感じで10cmも無いです。それが世話してないからか若木だからかそもそもこーいうものなのかは不明。

中の人。
P_20200920_132018_copy_816x612
ねっちょりした果肉がアボカドっぽいです。そして種がデカい。これはアボカドほどではありませんけど。

アボカド

そして実食ー。
P_20200920_132324_copy_816x612
うん……。
なんとなく南国っぽい甘さです。バナナとマンゴーをミックスした柿みたいな味、とか言われていますけど確かに言われてみればそんな感じかもしれません。ただ舌の奥に苦みというかえぐみというかが残るような。ぶっちゃけ今ひとつ…いやさ今みっつ。

た・だ、これは前述の通り収穫が早すぎて熟し方が足りてないからではないかと思われ。
ちゃんと追熟させたらバナナみたいに強い芳香がして、糖度も20度を超えるとか。ちなみに巨峰だと18度、リンゴの平均的な糖度が13度との事。
完熟したポポーは皮と種を取り除いて冷凍保存できるそうなので、オカンにお願いしてそーしてもらおうと思います。ポポーの真の力を思い知るのはまた今度。んでもって来年は収穫をもうちょい遅らせようかと。

帰ってきたシュクメルリ定食

・松屋にて、先月いくつかの店舗限定で販売されていた東欧はジョージアの料理・シュクメルリ鍋定食。
偶然にも食べる機会がありまして、大変美味しゅうございました。
そのシュクメルリ鍋定食が大変な反響を受け、先週より一部店舗を除く全国の松屋にて販売がスタートしたとの事。

むう、まさか当ブログにそこまでの社会的影響力があったとは。
そうじゃないかなーという予感は薄々していましたが、これほどの威力を秘めていたとはさすがに予想外でした。時代の先導者の名に恥じない記事を今後も書いていこうと思いますブヒョヒョヒョヒョ。

・閑話休題。
最寄りの松屋でも自宅から1時間は掛かるため、平日はとても食べに行くことが出来ず。
休みである本日によーやっと再食することが叶いました。

P_20200118_182101-816x612

チーズのかかった鶏肉美味し。サツマイモはもっと美味し。
でも一番美味しいのは、残ったスープにご飯を投入したチーズリゾットもどきと思うのが個人的感想。
前回はご飯を普通サイズで注文してちょっと物足りなかったため、今回はちゃんと大盛り(無料サービス)でお願いしました。その甲斐あってスープを一滴たりとも余さず完食できましたよ。
はー美味しかった。また来週の休みにも行こう。

福知山市内にも一店舗くらいあってもいいと思うんですが。
メジャーなファーストフードは一通り揃っているのに松屋だけが歯抜け状態。
狭い市街地に2店舗も構えてるマクドとすき家のどちらか若しくは双方がどーにかなって松屋に代わるなんて事態が起こらないものか。

丹波ワインハウスで昼食会

・昨日。
会社の忘年会およびクリスマスパーティーを兼ねた昼食会が、いつぞや紹介いたしました丹波ワインハウス様にて開かれました。


お店の佇まい。ワイン工場の中に建てられたワインショップ。
P_20191224_142203-816x612
入ってすぐが直売コーナーになってます。
P_20191224_141924-816x612
レストランの窓からの眺め。葉がすっかり落ちてしまって寂しい光景ではあります。
P_20191224_131651-816x612

お品書きー。
P_20191224_123336-612x816
今回出てくるお肉は全て弊社から納めた商品です。こういうのも自家消費って言うんでしょーか。

食前酒ならぬ食前ジュース。仕事中ですので。
P_20191224_123955-612x816

林檎ジュースか何かに見せかけつつ、しっかりブドウジュースです。
こちらのワイナリーでは自社農園で収穫したブドウは全てワインに使用しているそうで、長野から仕入れたブドウで製造されたジュースとのこと。
甘いけどスッキリした飲み口で美味しいです。

前菜。
P_20191224_124110-816x612
左がシカのモモ肉の、言ってしまえばチャーシューみたいに調理した料理。右がイノシシの背ロース。
ちなみにこのイノシシ肉ですが、この程度の脂だと出荷先から苦情がくるレベルの薄さとのことで弊社の冷凍庫にて数カ月眠っていた品。
いやいやトロッと甘くて濃厚で十二分に美味しいです。こーゆうのでいいんだよこーゆうので。

パン。おかわり自由でしたがほどほどに。
P_20191224_125233-816x612

シカ骨で出汁を取った、京野菜入りスープ。
P_20191224_125657-816x612
ジョッキでいきたかったです。

そしてメイン・ディーッシュ!
シカの骨付きモモ肉のグリル。
P_20191224_131148-816x612
流石に一人分ではないですが。
お肉の下にはグリルした京野菜が敷かれています。
黒くて丸いのはムカゴ。シカの落し物だとか一瞬でも思った人は、うちのパイセンと同レベルだと知りなさい。

シェフ自ら目の前で切り分けて下さるサービス付き。テンション上がりまくります。
P_20191224_131305-816x612
P_20191224_131445-816x612
P_20191224_131933-816x612

外モモ、内モモ、シンタマ、ランプ、ハバキにスネ肉。
シカの後ろ足のいろんな部位が食べ放題です。
1回目。
P_20191224_132303-816x612
2回目ー。
P_20191224_132940-816x612
この辺でそろそろお腹はち切れ気味になってきましたが、最後にもう一切れだけ頂きました。
パイセン方は4回くらいおかわり行ってて半端ねえ。

デザート。
P_20191224_135647-816x612
濃い目のベイクドチーズケーキは大好きです。生まれて初めてニューヨークチーズケーキを食べた時には、この世にこんなに美味しい食べ物が有るのかと感動したものです。
でもこの日のデザートは、塩のかかったアイスが新鮮な味わいでした。

・こんな感じで、御馳走様でしたー。
シカの背ロースが無かったのは残念ですが、最近ホテル○ークラさま(伏字)始め各所から注文入りまくりで在庫ゼロ、自家消費の余地が無かったからしゃーない。また来年に期待です。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ