でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

玄関

風対策

夜中、強風が吹き荒ぶ音とバババババとかいう正体不明の異音で目が覚めました。
そう、まるで剥がれかけた薄板が強風に煽られはためいているかのような・・・

何故に我が家でそんな音がするんでしょうね。不思議!

ええ、自分にそう言い聞かせて寝直しましたよ。明るくならないと何も出来ませんし。

それでまあ明けて翌朝。音の聞こえてた辺りの家の外から内から調べてみましたら。
20160306_01隙間
あったよ!隙間!
幅5ミリ、長さ40センチくらいの隙間が、柱と旧・スノコ壁の枠との間にありました。そこに薄板というか古い合板が劣化して剥がれて、強風で煽られまくってたようです。

つまりは強風ゆえに音が立って隙間に気付いた訳で、これまでガンガン風が素通りしてたんですなあ・・・
天井の断熱がどーとか言ってる場合じゃありませんでしたね。何時までもサプライズとワンダーに溢れた我が家です。

隙間は適当な端材で塞いでおきました。
あと、ドアもギッシギッシとやばげな音を立ててたので磁石を追加。
20160306_02マグネット追加
上下の磁石+内カギでしっかりと固定できるようになりました。

しかし、今朝の風で風速6メートルも無いのか・・・
台風とか来たら割と本気で危ないかもしれませんねえコレ。

天井断熱(?)

ようやっと休日ですよー。

働いていると時間は長いようで短いようで。
実家でゴロゴロしてたのがわずか一週間前とは信じられず、しかしもう五日も働いたのかと驚きもして、なんだか時間感覚があやふやな感じです。

週の前半は商品の袋詰めなどが主な作業でしたが、後半からは狩猟や解体の手伝いが始まって、なかなかハードな体験でした。
しかし自分、意外とグロ耐性があったようで。流石に初見時は内心ドン引きしてましたけど、その後は平気でアレコレ出来ました。夜にうなされたりもせず、肉も平気で食べられたりで一安心。
卒倒するなりゲロ吐くなりして「やっぱ無理です」とその場でトンズラこく可能性すらぶっちゃけ憂慮してましたが。

残る問題は、トドメ差しが出来るかどうかですねー。
これまでの人生で積極的に殺した生き物なんてせいぜい虫レベルですよ。魚釣りすらロクにしたことありませんから。
なのになぜ狩猟を志すのか、とか問われても困るんですが。食欲?


本日は、午前中はあれこれ買い出しへ。午後から久し振りにDIYです。
先ずは玄関に鍵の取り付けから。

はい、これまで不在時に鍵なんてかけてませんでした。
こんな粗末な小屋に入ろうとする泥棒も居ないでしょうし。
御近所にはログハウスとか、いかにも別荘然とした建物が沢山ありますからそっちに行くでしょう。
そもそも住居と見做されない可能性が高いですし。

ならなんで今さら鍵を取り付けるのかと問われますと、先日、風の強い夜中にドアが全開になってたからです。
あれ以来、在宅時には内鍵を忘れず掛けてますが、外出中に勝手にドアが開いてたりするとご近所さんとかに気まずいですからね。

現状の玄関ドア。味も素っ気もありませんなあ。親扉にだけ取っ手が付いてます。
20160227_02玄関

錠前システム一式。
20160227_03鍵一式
自転車はこちらへ引っ越す前に処分してしまったんですが、こんな事もあろうかとチェーンは残してました。
金具は多分カンヌキとかに使うんじゃないですかね。ホームセンターの蝶番とかのコーナーにありました。

何事もなく取付完了。
20160227_04施錠

施錠時の遠景。
20160227_05施錠遠景
・・・なんか寧ろ、「何ぞアレ」と注意を引きそうな気がしなくもないですが。
まあ防犯よりもドアの固定が主目的なのでこれで良し。


次。天井の断熱。
現状の屋根。
20160227_06天井
10畳分の広さの屋根は一切断熱されてなくて、しかも結構高いです。
冷え込んだ夜や明け方だと、火力が足りないのもあるでしょうがストーブをガンガン炊いてもまるで室内は暖まりません。至近に設置して背中を炙ってるのが現状です。

しかし天井全体を断熱するのも手間だしお金が掛かるしどーしたものかと悩んでましたが。
社長とそんな話をしていたら、
「じゃあ布とか張ったら?」

・・・布?

「天井」「布」で検索したら、色々と出てきました。
リビングに吹き抜け構造を選択して、解放感は得られたものの暖房効率が悪いことにお悩みの家庭の対策方法としてメジャーな様です。

本当にただ単に布を張るだけ。
少々の隙間は構わないし、布地も問わない。
要は暖かい空気が上部へ素通りするのを防ぎ、ある程度低空へ滞留させるのが目的の様です。
断熱、というのは少し違うかもしれませんね。暖房効率を上げる効果を得るわけですが、面倒なので断熱としておきます。

因みに社長の話では、布の上に段ボールを敷いて隙間も防ぐということでガチ断熱対策の内容でしたが、10畳分の段ボールを貰ってくるのも大変なので取り敢えずは布だけでやってみます。

ということで購入資材一式。
20160227_07断熱資材
はい、全部100均ですが何か。

以下作業の様子。まあ一目瞭然なので写真だけで。
20160227_08フック取付
20160227_09シート固定
20160227_10一枚完了
20160227_11完成
20160227_12完成02

弛みや隙間が生じるのは想定内なので問題なし。
色を統一出来れば良かったんですが、適切な横巾が違うので品が揃わず断念。

なんか内装工事中に見えるとか言われそうですけれど。
実際我が家は未完成ですし。
常に更なる高みを目指し、永遠に未完成と言えるかもしれません。
ならば、工事中に見えるのはむしろ当然の事・・・!

完璧な理論ですね?

効果を早く確認したいんですが、何だか今夜は暖かいですねえ。
中々うまくは行かないものです。

ドアの建付け修正

今日は一日ゴロゴロしていると言ったな。あれは嘘だ。

午前中は借りてきた本など読んでたのですが、気が付けば雨も止んでうっすら日が射してました。
明日から寒くなってしばらく雨や雪が続くとの予報なので、体を動かしがてら以前から気になってたドアの建付けを直しておくことにしました。

20160214_01ドア接触01
20160214_02ドア接触02
写り込んでる指が邪魔ですが。
親子扉が上下で擦りあって、昼間は思いっきり引っ張らないと最後まで閉じません。
ちなみに夜間は寒さで収縮するのか、割と簡単に閉じることが出来ます。
自然科学や物理法則を体感出来る、実にアカデミックな家屋と言っても過言ではありません。
こんな所でも住み手の人柄が表れてしまって困っちゃいますねえ。

原因は判ってまして。
蝶番を取り付ける位置が少しまずかったのです。
20160214_03蝶番の隙間
こちらは閉じた状態の子扉の蝶番なのですが、若干開き気味です。
位置が内側に寄っているので、玄関枠と扉の間に蝶番が挟まって自身の厚みでちゃんと閉まらなくなっています。

20160214_04親扉
こちらは親扉の蝶番。あまり変わりないかもしれませんが、子扉よりはマシな状態です。

そんな訳で。
作業方針として、子扉の蝶番を玄関枠からも子扉からも一旦外して、ほんの1ミリ程度だけ家の外側に付け直します。
そしたら蝶番がもう少しだけ閉じて、その分だけ子扉が玄関枠へ引き付けられる形になって、親扉との間隔が開くはず、という目論見です。
20160214_05墨付け
エンピツで墨付け。新しくネジ穴を開けるために、古い穴と競合しないよう上下方向にも1センチほどずらしました。

子扉解体中。
20160214_06解体中

この後また雨が降り出したりしてバタバタしてたら写真を撮り忘れていましたがorz
期待したほどの余裕は生じなかったのですが、一応スムーズにドアを開け閉め出来るようになりました。

内装作業2日目:隙間対策とか掃除とか買い出しとか

お天気サイトによれば、今朝の最低気温はマイナス3度。結構な冷え込みでした。
20160208_01ツララ
凶器とかに利用するのは難しそうな貧弱っぷりですがツララが出来てました。
ていうかマジツララを見るのは初めてです。

しかーし!
寝袋の中では全く寒さを感じることのないまま、7時過ぎまで9時間以上も爆睡してしまいました。
ハクキンカイロ恐るべし。
自分は腹側に装着する派です。

という訳で。
今後寒さは緩んでいくとの予報も受けて、一旦テントを片付けることにしました。
20160208_02テント片付
袋に収納した姿。
大きさはマクラくらい、重さは2kg弱。
また強い寒波が来たら引っ張り出すかもしれませんが、余程の寒さでない限りは大丈夫だと判りましたので。

物見旅行の体験を生かして買い出しに行くつもりでしたが、雪がある程度溶けるまで屋内作業。
まずは窓の隙間対策。
20160208_03窓の隙間
隙間テープだと塞ぎきれないこの隙間。
垂木の隙間を埋める際に使用した断熱材の残りを使って、お手軽に塞ぐことにしました。
20160208_04窓の隙間
もはや断熱材様様です。

その垂木の隙間を埋めた後で微妙に残っていた微細な隙間は、シーリング材で塞いでおきました。写真は省略。

次に、玄関のたたき。
20160208_05玄関
元の床板そのままの状態です。
こちらには玄関用のビニールシートを敷きました。
20160208_06玄関シート
防水性と、ある程度の断熱効果があるとのこと。

一通り作業を終えた後、掃除することにしました。
こちらはAmazonでポチッた品。コンパクト過ぎて、最初何が届いたのか判りませんでした。
20160208_07掃除機箱
こちらが組み立てた後の姿。自立式で場所を取りません。
20160208_08掃除機完成形
ハンディタイプに可変可能。壁と床の隙間の中のゴミもガンガン吸い取ってくれました。
20160208_09掃除機ハンディ

昼からは買い出しへ。
あれこれ見てきましたのでイメージは固めてきたつもりだったのですが、それでもいざ買おうとしたら迷うものですねえ。
20160208_10冷蔵庫
20160208_11台所器具
という訳で、台所の設備一式を購入して参りました。
冷蔵庫はお向かいさんからの頂き物ですが。

20160208_12キッチン
御覧ください、この広々としたキッチンを・・・!(違

帰りが遅くなったので、組み立てはまた明日です。



入植十三日目:玄関作成その2

ご近所さん曰く、今朝は一番寒かったとのことですが、昨日防寒対策を強化していたお陰かそんな気がしませんでした。と言っても、
20160116_08暖房用ダンボール

スーパーで貰ってきた段ボール箱を二重にして足を寝袋ごと突っ込んでただけなんですが。
段ボールの断熱性能おそるべし。

本日もドアの作成から始まります。
20160117_02子扉作成中

幅が狭すぎるじゃないかって?
これ、親子扉なんですよ・・・
ド素人のくせに何やってるんでしょうか自分。
20160117_01丸ノコ

お向かいさんにお借りしている丸ノコでベニヤをカット。
初めて使うため線がグラグラです。ていうかちゃんとした台の上で使わなアカンやつですわコレ。
今後の作業で多用する予定だから、しっかり練習しないといけません。

昨日の親扉と同様に、枠を切って並べて接着して圧迫して乾燥へ。
その間、親扉の取り付けにかかります。

購入済みの蝶番。
20160117_03蝶番など

ネジを付ける前には下穴を必ず開けるべきだとのお向かいさんのアドバイスに従い、マーキングしている所。
この後ドリルビットで下穴を開けてからネジで固定します。
20160117_04蝶番取り付け中

親扉取り付け中。一人なので、台に扉を載せながら四苦八苦してました。
20160117_05ドア取り付け中

取り付け完了。
味も素っ気もない扉ですが、そんなものを追求している余裕はありません。
20160117_06親扉取り付け完了

この後、そのまま勢いにのって子扉も取り付けにかかりました。ボンドは半乾き状態でしたが、コーススレッドで固定したので問題なし。親扉と同じ要領で取り付けた結果、
20160117_07閉まらない

はい、閉まりませんでした。
どうも蝶番の付け方が問題だったようですが、やり直すには手間が掛かり過ぎます。なので紙やすりで接触する部分をひたすら磨き続けました。

持ってて良かった紙やすり(100均製)
20160117_08紙やすり

結局一時間近くも磨いては閉じて磨いては閉じてを繰り返し、ようやっとスムーズに開閉できるようになりました。
20160117_09閉まる

ドアノブも鍵もまだないので、以前作ったランマが鍵代わりです。
その後、隙間風を防ぐために戸当たりを取り付けて作業終了。
20160117_10戸当たり


この時点で午後2時過ぎくらい。天気予報によれば明日から当分雨や雪が続くとのことなので、数日分の作業のための資材の買い溜めにホームセンターへGo。買うべきものを今回はリストアップしていたのでスムーズに買い付けを完了できました。

明日は玄関の残りを仕上げてから北壁の作成を開始する予定。
天気が悪いようなので屋内作業です。
屋内作業ですよ!
ドアが付いたんだから屋内と主張しても問題ないでしょう。
また文化的に一歩進んでしまいました。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ