でがらしくらし

福知山で小屋を建てたり狩猟をしたり田舎暮らしをしたりな日々を綴っていきます

網戸作成

1月中頃以来、3ヵ月ぶりに訪ねて来られた某自動車ディーラーの営業さん。

「お家の方もだいぶ出来てきましたね!」

御免なさい。これ、完成してるんです・・・・・・御免なさい


もとい。
日に日に暖かくなっていく今日この頃。
日中の室温の高さがいい加減シャレにならないので網戸を作成しました。

我が家の上げ下げ窓。
20160408_01上げ下げ窓
突っ張り棒かまして開けた状態。東南西の三方ともこんな感じです。
20160408_02上げた状態
これにどーやって網戸を取り付けたものか、前々から考えてきました。

木枠を作成して網を張って、上げ下げ窓にかませればいいかとも思いましたが、
・絶対に歪んで、柱や窓との間に100パーセント隙間が出来る
・冬季の保管が邪魔
・雨や外出時用の幅の狭い枠など、複数枚作らないといけない
などの問題点に作る前から気が付いて却下。
どーしたものかと考えた結果。

以前、床下換気口を作成した時の網戸用網の残り。こちらと廃材を使って
20160408_03網戸用網

仮組み状態。
20160408_04仮組
20160408_05仮組柱
網はそのまま、端だけほつれないようガムテープで補強して、左右は窓を固定する突っ張り棒で抑え込む。
上下はまた別の何かで固定。

これで行ってみようと思います。
・隙間 > テープとかで押さえる
・片付 > 畳めばオッケー
・開け幅 > 突っ張り棒を交換したり向きを変えて調整 
てな具合で木枠を作った場合の問題は回避出来ます。

ていうかかつやさんのパクリですけど。
まあ出涸らしですから。看板に偽りなし。

この邪魔な出っ張りをカットします。
20160408_06切り取り前

ノコギリで普通にカット完了。
20160408_07切り取り後

とりあえず、下の写真で開いてる東西2枚の窓に網戸を用意してみます。
無駄にパノラマ撮影モードとか使ってみましたよ。
20160408_08網戸設置予定
対面なので風は抜けるはずですし、これでも暑ければ網戸を増やすなり、或いはスダレとかグリーンカーテンとか別の手段も考えてみます。

というわけで、西側の窓の出っ張りもカット。
20160408_09反対側も

改めて仮組み。
窓サイズ+アルファに網をカットし、切断面を布テープで補強。
上は布テープで、下はコンテナボックスで押さえてみました。
20160408_10仮組その2
うむ、布テープの素材感が半端ねぇ。
ていうか、絶対剥がれます。

網の追加分の購入がてら、何かいい方法はないかホームセンターへ物色に出かけます。
その際、外からの様子を確認してみると。
20160408_11外から
・・・・・・。
まあ良し。
こうやって妥協するから建築中とか思われるのかも知れませんけどとにかく良し。

買い出し結果。
20160408_12買い出し
20160408_13買い出し02
全部百均ですが。
しかし200円商品とはいえ網戸用の網まで置いてあるとは百均おそるべし。

とりあえずの完成形。
20160408_14完成形
元・スノコ壁のスノコの棒を突っ張りポールで押さえ付けて、上下の網の隙間を塞いでいます。
長さが足りない分は洗濯バサミで固定。

台風とか風が強いと吹っ飛びそうですが、そもそもそんな日は網戸にしないでしょうし。
問題があればまた考えます。

雨の日や出かける際はこんな感じで。
20160408_16雨の日モード

当面の課題は、出すのも片付けるのも手間なこと。
あと、左右の突っ張り棒をかませるときにゴリゴリやるんで網がすぐに擦り切れそうな気がします。百均ですし。
まあその場合はまた張り替えればいいかと適当に考えています。百均ですし。


次はエントランス周りをどーにか片付けてみましょうかね。
建築中に見えてしまいますし。ハハハ。泣いてませんよ?

内装作業2日目:隙間対策とか掃除とか買い出しとか

お天気サイトによれば、今朝の最低気温はマイナス3度。結構な冷え込みでした。
20160208_01ツララ
凶器とかに利用するのは難しそうな貧弱っぷりですがツララが出来てました。
ていうかマジツララを見るのは初めてです。

しかーし!
寝袋の中では全く寒さを感じることのないまま、7時過ぎまで9時間以上も爆睡してしまいました。
ハクキンカイロ恐るべし。
自分は腹側に装着する派です。

という訳で。
今後寒さは緩んでいくとの予報も受けて、一旦テントを片付けることにしました。
20160208_02テント片付
袋に収納した姿。
大きさはマクラくらい、重さは2kg弱。
また強い寒波が来たら引っ張り出すかもしれませんが、余程の寒さでない限りは大丈夫だと判りましたので。

物見旅行の体験を生かして買い出しに行くつもりでしたが、雪がある程度溶けるまで屋内作業。
まずは窓の隙間対策。
20160208_03窓の隙間
隙間テープだと塞ぎきれないこの隙間。
垂木の隙間を埋める際に使用した断熱材の残りを使って、お手軽に塞ぐことにしました。
20160208_04窓の隙間
もはや断熱材様様です。

その垂木の隙間を埋めた後で微妙に残っていた微細な隙間は、シーリング材で塞いでおきました。写真は省略。

次に、玄関のたたき。
20160208_05玄関
元の床板そのままの状態です。
こちらには玄関用のビニールシートを敷きました。
20160208_06玄関シート
防水性と、ある程度の断熱効果があるとのこと。

一通り作業を終えた後、掃除することにしました。
こちらはAmazonでポチッた品。コンパクト過ぎて、最初何が届いたのか判りませんでした。
20160208_07掃除機箱
こちらが組み立てた後の姿。自立式で場所を取りません。
20160208_08掃除機完成形
ハンディタイプに可変可能。壁と床の隙間の中のゴミもガンガン吸い取ってくれました。
20160208_09掃除機ハンディ

昼からは買い出しへ。
あれこれ見てきましたのでイメージは固めてきたつもりだったのですが、それでもいざ買おうとしたら迷うものですねえ。
20160208_10冷蔵庫
20160208_11台所器具
という訳で、台所の設備一式を購入して参りました。
冷蔵庫はお向かいさんからの頂き物ですが。

20160208_12キッチン
御覧ください、この広々としたキッチンを・・・!(違

帰りが遅くなったので、組み立てはまた明日です。



改修作業二十四日目:窓改造完了

今日は朝から雨。
というか昨夜寝る頃には音がし始めていましたね。
お蔭で薄暗いですが暖かいのはありがたいです。
しかし日中は気温が上がらず、でも同じなのに寒く感じるのは不思議なものですねえ。

昨日の続き。窓の改修を行っていきます。
20160129_01窓完成図02
こんな感じで。
東南の一枚は端切れの寄せ集めです。
20160129_02窓東南
なんでこの一角だけ壁も窓も端切れ細工なのかと申しますと。
囲炉裏は速攻で諦めたんですが、薪ストーブは来シーズンには導入したいと思ってまして。
その際には煙突穴を開けたり壁の断熱性を高めたりと壁に手を入れる必要があります。
そーゆう訳で、どうせいずれ改造するなら端切れの消費も出来るしこんなもんで良かろうかと。
要はここが将来の薪ストーブ置き場です。

そんなこんなで残り一枚。テントの向こう側です。
20160129_03引っ越し前
このままでは作業がし辛いので、通算五回目のショバ替えです。

20160129_04引っ越し先
引っ越し先を片付け。とはいえ端切れは昨日整理済みで、ポリカはほとんど窓に取り付けたので楽なものです。
20160129_05引っ越し後
シートごとテントを引っ張ってお引越し完了。

そして、窓の改修作業完ー了ー。
20160129_06窓完成
この時点で午後3時前。想定より時間がかかってしまいました。

その原因は、下穴を最初にまとめて開けてしまったため。
具体的に申しますと、下穴の位置と角度が少々まずく、そのせいで端の方だとインパクトドライバのビットとコーススレッドを一直線に保つのが難しくなり、曲がったりネジ穴をナメてしまったりしました。
結局下穴を開け直しながらの作業となり、手間が2倍くらいかかってしまった次第です。

一枚とりあえず窓を仕上げてから、残りの材を用意すればよかったんですが。
というか今まではそうしてたんですが、今回調子に乗って初っ端から一式揃えてみたら御覧の有様ですよ。猛反省。

それはそれとして次の作業。
窓の下、腰の高さまでの下壁。こちら外壁も内壁もない合板一枚切りでして。
効果があるかどうかは判りませんが、とりあえず断熱材を貼っていきます。

その前処理として、初期のベンチ解体の際に撤去し残していた木枠を取り除きます。
20160129_07木枠撤去
お向かいさんにでっかいバールを借りなければならないかと思っていましたが、手持ちのバールで大丈夫でした。

20160129_08釘打ちだし
コーススレッドと釘が混在。しかも何故か、材一本につき釘一本だけが室外から打ちつけてあります。
ハンマーで外へ打ち返して、外は雨なので完全に抜き去るのはまた後日。

20160129_09ビット先欠け
そしてついに両端ともビットが欠けてしまったorz
予備を買っておいてあるのでその意味で支障はありませんでしたが。
しかし欠けた先がネジ穴の中に残ったおかげでそのコーススレッドが抜けなくなり、結局ノコギリで木枠を分解するなど大変でした。

20160129_10解体済み
解体した木枠。この太さの材が欲しかったので、というかその為に撤去せず残していたので。
丁寧に釘を抜いて部屋の隅に積んでおきます。

20160129_11廃材積み上げ
元・座板と共に。かつてのベンチのなれの果て。これらの活用法はまた後日。
スポンサードリンク
プロフィール

そぶりんけん

記事検索
タグ絞り込み検索
お問い合わせ
  • ライブドアブログ